スポンサーリンク

血液が流れなくなること?
これが虚血です。

良く聞く病名は虚血性心疾患です。

とはいえ虚血性大腸炎?
聞き慣れない病名ですが?
稀な病気ではないようです。

予防に努めたいものです。

虚血性大腸炎を予防する5つの方法

1.便秘を解消する
2.下剤に頼らない
3.食生活を改善する
4.ストレスを溜めない
5.生活習慣を正す

では具体的に解説してみましょう。

1.便秘を解消する

これまで虚血性大腸炎は?
腸の働きが必然的に衰えてくる高齢者で多発しやすい病気!
そのようなイメージがありました。

しかし昨今は?
若い女性にも増えている!
何故か?
虚血性大腸炎の原因として?
便秘があるからです。

便秘とは?
大腸内に便が長期滞留することです。

したがって大腸に過度な負荷がかかっています。

便やガスが腸を圧迫することにより血流が悪くなる!
すなわち虚血性大腸炎に至るメカニズムです。

そういう意味では?
便秘を解消する!
これが虚血性大腸炎の予防には不可欠です。

2.下剤に頼らない

虚血性大腸炎の予防には?
便秘を予防および解消する!
それでも下剤に頼らない!
矛盾してないか?
すなわち自然なお通じが大切です。

もちろん最悪の場合は?
下剤も有効です。

出さないよりは出した方が絶対良い!
便秘よりも下痢の方が良い!
便とは不要物です。

有害物質が含まれていることもあります。

可及的速やかに出した方が安心です。

とはいえ下剤に頼っていると?
腸も堕落する?
薬が何とかしてくれるよ!
身体が勘違いしてしまうようです。

また下剤を常用すると?
耐性ができて徐々に効かなくなる!
結果的に量を増やす?
悪循環です。

3.食生活を改善する

食生活を改善する!
便秘の解消にも貢献します。

免疫力を高めることにもなります。

つまり虚血性大腸炎に限らず?
あらゆる病気の予防につながります。

特に旬の緑黄色野菜を積極的に摂取しましょう。

食物繊維やビタミン類の働きによって?
腸も活発に働いてくれるでしょう。

すると自然なお通じ?
身体のサイクルが変わってきます。

なお絶食系のダイエットは止めましょう。

栄養が足りなくて虚血状態?
食べる絶対量が少ないと?
便が出にくくなります。

4.ストレスを溜めない

ストレスを溜めない!
どんな病気の予防にも重要です。 つまり過度なストレスによって自律神経系が乱されると?
腸の働きも弱くなる?
便秘や下痢を繰り返す!
虚血性大腸炎を促しやすくなります。 仕事があればストレスが溜まる!
難しいでしょう。 それでも自分に合ったストレス解消法を探しましょう。

中でも適度な運動がベストです。

腸を活性化するので便秘予防にもつながります。 紫外線を浴びれば精神面も落ち着く?
イライラも減るためストレスへの耐性が高まるでしょう。

5.生活習慣を正す

虚血性大腸炎のような虚血性○○は?
生活習慣病から発症する!
否めません。 つまり生活習慣病から動脈硬化を起こせば?
大腸でもありえます。 そういう意味では?
生活習慣を正す!
早寝早起きなど規則正しい生活をする!
禁酒禁煙!
1日3回栄養バランスのとれた食事をする!
適度な運動をする!
睡眠を十分にとる!
常に考えることが?
虚血性大腸炎の予防に際しても重要です。

なお排便を我慢しないように!
こちらも大腸が勘違いしてしまう?
便意を感じなくなる?
注意したいものです。 そのためには?
毎日決まった時間に排便する!
排便習慣を付けることも有用です。

以上、日々心掛けてみましょう。

生活習慣が変わると身体も変わる!
季節の変わり目などは?
特に体調管理に努めましょう。

スポンサーリンク