スポンサーリンク

慢性腎炎の人の妊娠

慢性腎炎の女性は、妊娠後にかなり注意をしなければなりません。
というのも、妊娠すると腎臓への負担が大きくなり、腎炎は必ず悪化するからです。
慢性腎炎の女性が妊娠した場合、腎炎は悪化し、また、妊娠中毒症を併発する可能性もとても高いです。
ですから、本当は慢性腎炎と診断されている女性は妊娠を避けた方が懸命なのです。
とはいえ、どうしても子どもが欲しいという女性もいますよね。
その場合、腎機能の検査をしながら調整をして、計画的に妊娠すべきです。

腎臓の精密検査をしましょう

慢性腎炎の持病があるのなら、医師から妊娠可能だと診断されても、精密検査を受けてから妊娠を計画する方が良いでしょう。
妊娠中には、想像以上に腎臓に負荷がかかります。
どんなに軽度に見えても、10ヶ月の妊娠期間に耐えるのは大変なことです。
母体の命にもかかわることですから、念を入れておくに限ります。

スポンサーリンク

腎機能の低下が起こると?

妊娠中に腎機能の低下が著しくなると、血液透析が必要になったり、尿タンパクが大量に出て胎児の発育や胎盤にも影響を及ぼします。
出産する場合には、もしものために大きな総合病院を選ぶことをおすすめします。

スポンサーリンク