スポンサーリンク

犬を飼っていると、案外多くの病気に罹るものです。
中でも予防に努めたいのはフィラリアです。
獣医さんに行けば、フィラリアの予防薬を使ってください!と半ば強引に奨められます。

フィラリアってどんな病気

そもそもフィラリアとは、蚊が媒介する寄生虫病です。
特に犬の心臓へ住み着きます。
直接死に至ることはありませんが、保菌者?となって別の犬へ伝染させる可能性があったり、心臓に負担がかかるため疲れやすい?
咳き込む!などの見た目に苦しそうな症状を示します。
そのため飼い主も消沈する?
せっかくのペットなので元気が一番!
ならば積極的にフィラリアの予防を始めましょう。

ペットの健康を守りましょう

とはいえペットの薬は高い!
日頃活発に動いていると予防は、人間以上に気に掛けないものですが、ペットは自分では何もできない!
ペットの健康は飼い主の心がけ次第です。
初夏から晩秋までが注意期であり、この季節の予防策が重要です。 例えば家の周りや散歩コースの蚊を殺す!

なお、フィラリアに感染しても潜伏期間がありますが、その間に寄生虫が増えてしまうと、完治は難しくなります。
フィラリアの予防は半ば飼い主の義務です!
定期的に獣医さんの診察を受け、他の予防接種と一緒にフィラリア対策をしてもらいましょう。

スポンサーリンク