スポンサーリンク

肺気腫は肺胞が破壊される病気であり、壊れた肺胞は再生することがないので、肺気腫は治療困難な病気と言えます。
ちなみに軽度肺気腫の症状は、運動や階段を昇る際における息切れ、また咳や痰なので、ヘビースモーカーの人でこれらの自覚症状がある際には早めに医療施設を受診して適切な治療を受けることが大切です。
自覚症状がなくても、肺胞の破壊は徐々に進行し、軽度肺気腫から中等度、そして重度肺気腫へと悪化の一途を辿りますので、定期健康診断などにおいて胸部レントゲン写真の状態に気を配り、できることならば禁煙に努め、軽度肺気腫の段階に止めておくことが大切です。
なお軽度肺気腫のケースでも気流閉塞が認められる場合はCOPD(慢性閉塞性肺疾患)と診断されることがあり、特にスパイロメトリーと呼ばれる測定機器によって肺活量を測定し、全力で吐き出す全空気量(努力肺活量)に対するその最初の1秒間において吐き出した空気量(1秒量)の割合である1秒率が70%未満の場合は軽度のCOPDと診断されます。
ただし軽度肺気腫のケースでは1秒率が正常値(70%以上)の場合もありますので、その際にはレントゲン検査やCTの画像によって診断するのが一般的です。

スポンサーリンク