スポンサーリンク

どんな病気にも原因はあるはずですが、中には原因の明確ではない病気もあります。

とはいえ肺気腫は、タバコやアスベストなどの具体的な原因が指摘されており、昨今話題のPM2.5?
これも新たな脅威として考えられています。

肺気腫は原則的に治らない病気であり、肺気腫になると様々な方面でトラブル?
後遺症のような形が現れます。 例えば息が苦しくなるので、ちょっと階段や坂道を昇るだけで疲れる!
動悸やめまいなども後遺症?かもしれません。 心臓にも負担をかけるので、循環器系の後遺症?
心配です。

なお肺気腫が重症化すると酸欠状態になるので酸素ボンベを常時使用することになりますが、管が肌に擦れて傷ができたり喉や気管にも炎症が起きやすく、これが常態化すると感染症の後遺症もありそうです。 さらに体が重く感じるため横になることが増えると寝たきり?になってしまいます。 すると食欲不振?
胃潰瘍など消化器系への後遺症も否めないし、外出や人との接触が減れば、脳の機能も低下して認知症やうつ病など精神神経系の後遺症も生じます。

生きる上で不可欠な呼吸ができないほど辛いことはなく、そこから多様な後遺症が想定されるので、その原因となる肺気腫をまず予防しましょう。

スポンサーリンク