スポンサーリンク

肺気腫は肺胞と呼ばれる肺の末端組織がタバコの煙などの有害物質が原因となって炎症を起こす病気です。肺気腫は進行性の病気であり、一度破壊された肺胞は再生されないので回復が極めて困難な呼吸器病のひとつです。
特に肺気腫のケースでは呼気(吐く息)が難しくなるのが特徴です。なお肺気腫に類似した肺胞に関連する呼吸器疾患に間質性肺炎があります。
通常の肺炎は感染性疾患であり、何らかの細菌やウイルスが肺の実質細胞に炎症を起こして発症しますが、間質性肺炎は肺胞壁などの肺間質に炎症が起きる肺炎です。間質性肺炎は、関節リウマチや膠原病などの自己免疫疾患、さらにホコリなどの有害物質が原因とも考えられていますが、その多くは原因がわからない特発性であり、治療も難しいため難病のひとつに数えられています。
肺気腫と間質性肺炎の両者ともに呼吸困難を伴い素人の目では判断し難い病気ですが、間質性肺炎の場合は痰が出ないのが特徴です。
両疾患ともに特効薬はなく、対症療法しかないので早期発見により進行を止める必要があり、息切れなどの初期症状を自覚した際には、早めに呼吸器科の専門医の診断をうけることが重要です。どちらも放置して治る病気ではありません。

スポンサーリンク