スポンサーリンク

人間は簡単に死ぬことはできませんし、実際に死ぬ際、苦しみながら息絶えていくパターンが少なくありません。
例えば呼吸器病や餓死!
両者はいずれも、早く死なせてくれ!と患者や家族が懇願するようです。 人間呼吸ができないことほど苦しいものはなく、呼吸器病の中でも肺気腫は、現状の医学では改善が望めないので、早期発見により悪化を食い止める治療を始めない限り、どんどん進行していきます。

肺気腫の重症化で栄養失調になる訳

一方で肺気腫が重症化してくると、そもそも中高年に多いので、体力が弱まり食事も上手く摂取できず、栄養失調になることが多々あります。 そうすると回復力が期待できないので肺気腫がさらに進行する!
栄養失調と悪循環に陥ります。 最後の手段は点滴を用いて栄養失調状態から復帰することも可能でしょうが、後は本人がどれだけ「生」に対する意欲が残っているか?となってきます。

呼吸は意外とエネルギーを使います

ちなみに肺気腫と栄養失調?
栄養障害が併発する仕組みとして、肺呼吸は意外にエネルギーを消費します。 特に肺気腫は吐くことが難しくなるので、力を入れざるを得ませんが、そこでエネルギーを使ってしまう!
しかし食欲はない?
栄養失調に至るのは必然です。 栄養失調になる前の適切な栄養指導が求められます。

スポンサーリンク