スポンサーリンク

自分の私生活を曝す?
ブログが流行始めた当初は、様々な批判もありました。

しかし現在ではつぶやきすら公開する?
ブログは一種当たり前!
時代はどんどん変わっていきます。

ただし変わらないのは女性の願望?
痩せたい!
それが行き過ぎて拒食症?
昨今では拒食症を綴るブログもあります。

一方で拒食症からの復帰ストーリーを記したブログもある?
ネットで検索すると多くの拒食症ブログが見出せます。

それだけ拒食症の人がいる?
それも驚きですが、それをブログに示す!
私達は本当にプライバシーを保護したいのか?

なおメールが普及した頃から直接的なコミュニケーションが減った?
そこから寂しい!
誰か私を見て!
そこでブログが登場し、インパクトを与えるため?
美しい画像?
スレンダーなボディ!
もっと痩せなくては?
拒食症になる!
これもブログにしちゃえ!
ネタは尽きません。

ちなみに拒食症を克服した人のブログは、拒食症で悩んでいる人たちには励ましとなるでしょう。

逆にそれで刺激を受けて拒食症へ邁進する!
ものの見方は人それぞれなので、特に思春期の子供に対しては、見せて良いもの?
その判別を保護者が正しくすべきなのでしょう。

とはいえ親が拒食症?
少なくないようです。

スポンサーリンク