スポンサーリンク

日本の電車は分単位の過密ダイヤです。
それでも時間に遅れない!
世界から賞賛されています。
とはいえ昨今は人身事故が多いですね。
毎日のようにどこかで電車が止まっています。
急いでいる人には本当に迷惑です。
止めて欲しいものです。
当たり前の話ですが、ここで人身事故を起こしてはいけない!
その理由について皆で考えてみましょう。

衝動的な事故が多い

酔っ払いが線路に落ちる!
少なくありません。
またちょっとした諍いから?
見ず知らずの人をストレス解消目的で線路に突き落とす人もいるとか。
もちろんスタンダードな人身事故は?
飛び込みですね。
それぞれ根本的な目的はあるのでしょう。
しかし実際には衝動的な事故や事件が多いものです。
誰でもイライラしたり落ち込むことはあります。
それでもぐっとこらえる!
ひとつの障害を乗り越えれば?
次のハードルは低くなりますよ。

人身事故を起こしてはいけない理由

雑学にもなりませんが人身事故を起こしてはいけない理由は明白です。
とはいえ人身事故は?
雑学の宝庫でもあります。

1.自殺を考えてはいけません

そもそも自殺を考えてはいけません。
人を殺してはいけないのと同じ理屈です。
もちろん神様の存在を信じるのか?
別の話です。
とはいえ生まれる時と死ぬ時は?
自分では決められないものです。
ちなみにどの宗教でも共通していることが1つあります。
それは?
自殺を禁じていることです。
聖戦による自爆テロ?
聖典には載っていませんよ。
きっとあの世で神様から罰を受けていることでしょう。
どんな理由があっても?
死を選んではいけません。

2.他人に迷惑がかかります

こちらもそもそも論です。
人身事故が起きると他人に迷惑がかかります。
山手線に飛び込めば?
万単位の人に迷惑がかかります。
大切な試験を受ける人?
大きな仕事のチャンスがあった?
それを台無しにしてしまいます。
電車が遅れてイライラすると?
二次的な事件が起こりがちです。
駅員さんに八つ当たりする人も現れるでしょう。
悪いことは連鎖的に広がります。
社会が乱れる原因を?
一時の衝動で作ってはいけません。

3.家族にも迷惑がかかります

現実的な話として?
家族に迷惑がかかります。
金額は定かではありませんが電車を止めた!
機材を壊してしまえば?
賠償金の対象です。
もちろん情状酌量のケースがほとんどです。
とはいえ数千万円単位に至ることもあったようです。
自動車事故であれば?
自動車保険があります。
一方で電車保険は?
損害保険で対応できるでしょうか。
家族を失った遺族は精神的な辛さが残ります。
それに経済的なパンチが加わります。
なお社会や家族を恨んで死ぬケースもあるのでしょう。
しかしそれは見当違いです。
だめになったのは他人のせいではありません。
そうした他人依存的なあなたの考え方が原因です。

4.緊急車両を出動させてしまいます

人身事故が発生すると?
パトカーや救急車などの緊急車両が出動します。
それだけでコストが生まれます。
それは税金です。
一方深刻な病気で救急車を呼びたい人に迷惑がかかります。
パトカーも同じことです。
自分勝手なことで緊急車両を出動させてはいけません。
ちなみに一度人身事故を起こすと?
警察の処理に1時間程度かかります。
電車や線路にトラブルがなければ?
その後に復旧します。
雑学として覚えておくと?
イライラしませんよ。
別のルートを探す目安になります。

5.トラウマになる

不幸にも人身事故の現場や瞬間を目撃してしまうと?
それがトラウマになります。
テレビドラマの死体とは違います。
リアルです。
本当に手足がバラバラになります。
その場で体調を崩してしまう人もいます。
一時の迷惑では済みません。
目撃者の人生を変えてしまうかもしれません。
そんな権利は?
これから死のうとしている人にはありません。
死んでも終わらないのです。
その人の心に?
一生残るかもしれないからです。

スポンサーリンク

些細なことにこそヒントがある

正月を迎えられない?
年末は人身事故が多発するシーズンです。
新学期が始まる日?
これも人身事故が起きやすい日です。
家族や知人がお互いに助け合いましょう。
些細なことにこそ大きな事件や事故を未然に防ぐヒントがあります。
人身事故は未然に防げるのですから。

スポンサーリンク