スポンサーリンク

陸上で最も速く走る動物はチーターと考えられています。
アフリカの草原に生息していますが、イランにもいるとの報告があります。
基本的なチーターの生態は、単独行動で縄張りを持ちますが、若いオスは群を作る生態も知られています。
肉食獣であり、獲物の近くまでゆっくりと進み、最高時速100キロ!にも達する俊足を活かして、主に草食動物の子供などを捕えます。
ただし持久力はないようなので一発勝負!そんな生態が特徴です。

チーターの妊娠期間は約3カ月、1回当たり4頭前後の子を産み、1歳半程度から自立するようになります。
意外なようですが、子供のチーターは逆にライオンやハイエナの獲物になりやすく、成獣にまで育つ割合が極めて低い!と指摘されています。
それゆえに貴重な動物と言えるでしょう。
チーターの模様も独特で目立ちそうですが、草原地帯では保護色となり、その生態に適しているようです。

なお野生動物全般に共通することですが、チーターも痩せ型であり、これは走る!生態上不可欠でしょうが、案外狩りが下手?という生態も観察結果から示されているので、常に空腹状態にある?肉食動物に求められるハングリー精神を維持する上では重要?なのでしょう。

スポンサーリンク