スポンサーリンク

どの位の頻度で、レッドビーシュリンプの水換えを行っていますか。
レッドビーシュリンプは水質の変化に敏感で、水のろ過も必要になるため、水換えの頻度が重要になります。
水換えの頻度は4日?1週間に1度ほど、人によって頻度が異なります。
レッドビーシュリンプの水換えをする際には、一度に全ての水を入れ替えるのは御法度です。
レッドビーシュリンプは、水質の変化にとても敏感なので、清潔な水だから馴染むかと言うわけではなく、レッドビーシュリンプからしてみれば、ちょっと汚くても住み慣れた水質の方が住みやすいのです。
なので、レッドビーシュリンプの水換えは、少量をマメに付け足して水質が変わらないようにしましょう。
付け足す水も、水道水をそのまま足すのではなく、他の水槽にソイルと水道水を入れて、バクテリアを繁殖させるために、1日ほど置きます。
その後、水合わせ、つまり元々の水と新しい水を合わせます。
慎重な人はこの水合わせに、さらに1日かける場合もありますが、少量ずつ足す場合には、あまり水合わせを気にする必要は無いでしょう。
そして、夏場の水換えには、とくに注意が必要です。
足した水が水温を上げてしまわないかも気を使いましょう。

スポンサーリンク