スポンサーリンク

5月10日、夏の新機種としてauはXperiaとGalaxyを発表。後を追うかのようにDoCoMoとSoftbankもそれらのモデルを含めた「夏モデル」を発表。
auのみ2モデルという事で、auはあまり力が入っていないのではないか…との声もありましたが、どうやらauの「本命」は5月31日の会見のようです。
ここで夏の新機種だけではなく、新サービスも披露すると17日に発表しました。
au発表会2016Summer~CHANGE!~」と題されたこの発表会では、どのような事が発表されるのか。デジタルメディアからの注目度も高まっていますが、昨今のauの状況を踏まえて予測してみるとしましょう。

新モデルと新サービスに関して

こちらに関してはそこまで目新しい物はないでしょう。新モデルとして考えられるのはDoCoMoやSoftbankから発表されたもののau版といった所でしょうか。
かつてガラケーの時代にはそれぞれの通信会社が独自にキャリアを囲い込んでいました。「SHARPといえばvodafone」「カシオはauから」といったように、それぞれ特徴もあったのですが、スマートフォンになってからはそれらがあまりなくなってしまいました。
ですが、auには一応infobarやカシオのモデルがありますので、もしかしたらそれらがラインナップされているかもしれません。
新サービスに関してはこちらは予想出来ませんが、まったく新しい何かというよりも、速度アップや範囲拡大といった、既存サービスのパワーアップといった物が予想されています。

「CHANGE」と銘打たれているのが…

タイトルに「CHANGE」と銘打たれているのが気になるという人もいるようです。特に不思議な事ではなく、何かを変えたいという意気込みなだけなのではないかと思うかもしれません。
ですが最近になってauショップでは野菜を販売している所もあります。スマートフォン販売というビジネスに旨味を感じなくなっているとすれば、あっと驚くような新ビジネスを展開する可能性もあります。
auは通信会社です。普通に想像すればデジタル・通信関連の発表だと思うでしょう。ですがauだからといって必ずしもそれらの発表を行わなければならないという制約などありません。
何を発表するのも自由です。もしかしたらですが、我々が驚くようなビジネスを発表する可能性もあるでしょう。

スポンサーリンク

DoCoMoやSoftbankに対して…

今回の発表前後でライバルであるDoCoMoやSoftbankは記者会見や発表等は予定していません。つまり、auだけが行うという事です。これが何を意味しているのかです。
既に夏モデルの発表は終わった両社。つまり、auとしては「後出しジャンケン」が出来るのです。端末のラインナップはもちろんですが、本来であればDoCoMoやSoftbankが発表した事に対し、「うちはもっとすごい事をやりますよ」と言えるタイミングなのです。
ですが、DoCoMoやSoftbankが何かをした訳ではありません。両社共に先日は端末の発表程度でした。それらを考えると、auはデジタル産業以外の何かをアピールしてくる可能性もあるでしょう。

頭打ちと言われている現状に対して…

もはやスマートフォン産業は「頭打ち」とも言われています。既にスマートフォンを持っている人も多く、新規ではなく買い替え需要程度しか見込めない状態となっています。
ましてや人気スマートフォンを見ればわかるように、国産メーカーなどXperia程度。国内で一番人気のiPhoneに関しては販売ノルマを設けられており、そのために他の端末よりも安いプランを用意して何とか「ノルマ」を達成しようと頑張っているのです。

もしかしたらこの発表で、スマートフォン業界そのものが大きく変わる可能性もありますが、とりあえず31日を待つとしましょう。

スポンサーリンク