スポンサーリンク

日本の住宅事情や昨今のライフスタイルを考えると、
高級オーディオは必要なのか?考えてしまいます。
もちろん他人の趣味に介入するつもりはありませんが、
第三者的には、ちょっと気になる話です。
どこまでこだわるべきなのでしょうか。

デジタルプレーヤーで十分か

今時の人なら、スマホやiPodなどで音楽を聴きます。
自宅にいても、ヘッドホンをしているようです。
言い換えると、イヤホンやヘッドホンの技術は進んでいます。
中途半端なラジオでFM放送を聞くよりも、
精巧で優雅な音楽が聴けるのかもしれません。
そういう意味では、昨今は高級ヘッドホンが売れています。
日本の住宅事情を考えれば、ベストな選択ですね。
街中で歩きながら聞いても、外の騒音は気にならない?
ちょっと気にして欲しい人もいますけどね。

木造アパートでも意味があるか

高級オーディオの購入を検討する場合、
自宅の間取りを考えてしまいますね。
例えば古い木造アパートでも、こだわる意味があるのか?
2016年5月に入ってから、
騒音を原因としたトラブルが多発しています。
もちろん小さいものを含めれば、日々あるでしょう。
電車の中のシャカシャカ音もそうですが、
他人の音は気になります。
オーディオセットであれば、振動もありますね。
しかし鉄筋造りでも、金属ならではの響きがあります。
オーディオにこだわるなら、まず家から探すべきですかね。

スポンサーリンク

戸建て住宅なら自由なのか

分譲マンションでも、近隣に音が響きます。
大音響で楽しむのは控えたいですね。
では戸建て住宅なら自由に聴けるのでしょうか。
昨今は少なくなりましたが、
住宅街でピアノの音が聞こえてくる?
特に都会であれば、隣との距離は近いです。
極端には、テレビの音や電話の会話が聞こえてきます。
聞こえてくるということは、
お互いに音が漏れる構造だということです。

もちろん完全防音の部屋を作らないと、
ご近所トラブルは避けられないでしょう。

エアコンは必要なのか

完全防音の部屋を作りましょう。
とはいえ窓を閉め切っても大丈夫でしょうか。
日本の夏は蒸し風呂状態ですし、冬も寒い!
エアコンが必要ですね。
もちろん昨今のエアコンは進歩しています。
しかし送風時の音は避けられません。
エアコンの選択で悩んでいる人は多いようです。
またエアコンなら、ノイズが入ります。
高級オーディオにこだわる人なら、
無視できないようです。
結局日本で高級オーディオを使いたいなら、
どこかで妥協すべきなのでしょうか。

家庭内で起きるノイズの原因は何か

静かな曲を聴いているとき、ノイズが気になりますか。
家庭内でノイズが起きる原因は何でしょうか。
もちろんスピーカー自体が原因かもしれません。
またコンセントやACアダプターなどもありがちです。
同じ部屋に家電があれば、同時使用は避けましょう。
別室であってもエアコンや冷蔵庫は侮れません。
とはいえ携帯電話の電源は入っていますか?
電波を受発信する機械です。まずはオフしましょう。

音源自体に問題はないか

レコードを知らない世代であれば、
針を置いた瞬間に流れる、サーっという音が
新鮮に感じるようです。
そういう意味で、レコードがブームになっています。
言い換えれば、音源自体に問題があるかも?
CDでもたまに音飛びがありますね。
元の映像が乱れていれば、反射する鏡に映る像も乱れます。
スピーカーやアンプ、防音壁などにこだわっても、
肝心の音源自体にノイズがあったりすれば、
高級オーディオにこだわっても意味はないでしょう。
もちろん昨今の技術なら、古傷を修復できるでしょう。
デジタルリマスター?
そこまでするならば、話は別になりますが。

どこまでこだわるべきなのか

どこまでこだわるかは、本人の自由でしょう。
とはいえ人間の耳はどこまで聞き分けているのか。
そのノイズは、本当のノイズなのか。
静かな場所にいると、小さな耳鳴りはあるものです。
それとノイズを取り違えると、
永遠に納得できないかもしれません。

スポンサーリンク