スポンサーリンク

昔から、雨が降ると古傷が痛む!
逆もありです。膝が痛いから、明日は雨だ!
最近だと、低気圧になると片頭痛の発作が起きる?
迷信とも考えられていましたが、
それらには医学的な根拠があったみたいです。

気圧が下がるとどうなるのか

気圧とは、空気の重さを意味しています。
標高の高い場所ほど、空気の量が少ないので気圧が下がります。
気圧が下がると、それまで圧迫されていたものが解放されます。
例として出されるのは、山へ行くとポテトチップスの袋が膨らむ!
つまり袋の中にも気体があり、これが外側へ押しています。
平地であれば、外圧である気圧が袋の内圧に勝ちます。
しかし山に行くと気圧が下がるので、内圧が外圧より強くなります。
そのため袋が膨れたように見えるのです。
これと同じ現象が、身体の中でも起きるみたいです。

低気圧で気を付ける症状とは

気圧が下がった際に気を付けたい症状は、
主に神経系と循環器系です。

1.片頭痛になる

片頭痛の患者さんは多いようです。
特効薬がないので、予防に努めるしかありません。
ならば低気圧との関係を理解しておきましょう。
つまり気圧が下がると、体内の血管が広がります。
特に頭の中は複雑であり、様々なものが行き交っています。
そこで血管が広がると、近くにある神経を圧迫します。

これこそが頭痛の根本的な原因です。
脈の拍動に合わせて、ズキンズキンと痛みます。
これを避けるには、気圧を下げたいですが、できません。
多少でも緩和させるには、頭を冷やしましょう。
冷やすことにより血管が、多少ですが収縮するようです。

2.関節が痛む

気圧が下がると関節が痛くなる!
肩こりや腰痛など、さらに古傷も痛むようです。
もちろん筋肉の細胞が膨張して神経を圧迫する?
頭痛と同じ原理も働いているようです。
しかしどちらかというと錯覚が関係しています。
つまり気圧を感じるのは、耳の奥にある内耳前庭です。
ここからの指令が自律神経を刺激します。
自律神経は痛覚神経と隣接しています。
そのため自律神経が乱れると、痛覚神経も反応する?

結果的に痛みが現れてしまいます。
本来は痛くないのかもしれませんが、
錯覚や思い込みなども多いようです。
さらに古傷はストレスでも悪化しやすいようです。
大きく深呼吸をして落ち着くことで、多少は収まります。

3.循環器系疾患に注意

心筋梗塞や脳卒中などの循環器系疾患は冬の病気?
とはいえ梅雨の季節も要注意です。
つまり気圧が下がると、血管が広がります。
血管の隙間を埋めるように血流量を増やします。
そのため動脈硬化や高血圧などの持病があれば、
圧迫により血管が破れやすくなるようです。

日頃健康な人であれば、問題はないでしょう。
とはいえ自覚症状がないだけかもしれません。
健康診断で異常を指摘されたら、
早めに改善に努めましょう。
若い人でも脳内出血は増えていますよ。

スポンサーリンク

うつ病は関係ない

気圧が下がると、天気は悪くなります。
すると気分が落ち込む?さらに頭痛が起きたりすると、
うつ状態に陥ることもあるようです。
逆にうつ病の人は、雨が降ると悪化する?
とはいえこちらには、明確な因果関係はありません。
もちろん自律神経系の乱れも影響しているでしょう。
しかし思い込みの方が大きいようです。
雨が降ると外出が億劫であり憂鬱ではありますが、
雨を楽しむ!
気持ちを入れ替えるだけで、症状は変わるものです。
脳の勘違いは、案外多いようなので、
逆に利用することで、病気も改善できるようです。

低気圧は予測できます

天気予報に注意していれば、
低気圧が近づくことは予測できます。
もちろん身体が先に反応することもありますね。
わかっているならば、予防しましょう。
いつものような発作が来そうなら、
自分なりの対策を考えておきましょう。
体調を管理するためには、陳腐なフレーズですが、
・栄養バランスを整える
・適度な運動で身体を鍛える
・免疫力を高める
などが有効です。
不摂生な生活習慣などがあれば、改善したいですね。
なるべく薬に頼らないようにしましょう。

スポンサーリンク