スポンサーリンク

6月2日、長友佑都と平愛梨が交際宣言をしました。スポーツ選手と女優の恋愛。出会いのきっかけはお笑い芸人の三瓶だったようですが、久々のビッグカップルと言った所でしょうか。
このニュースを見て、イタリアで活躍する長友だからな…と思った人も多いでしょう。確かにイタリアのスポーツ選手で収入も良い長友選手です。多少身長が低くともそれらを補う程の魅力があるのです。つまり、今「モテない」と嘆いている人も、何かしらの魅力を備えればモテる男になれるかもしれないのです。
そこで、思い切って「モテる男」になるための方法をいくつか挙げてみるとしましょう。

高級車を買う

「そんなお金は…」と思うかもしれませんが、その考え方だからこそモテないとも言えます。思い切って高級車を買う。車くらいでモテる男になれるとは思えないと思う人も多いかもしれませんが、高級車を買う事で、「自分は高級車のオーナーだ」という自信が芽生えます。自信のある男というのは得てしてモテるものです。自信がなくオドオドと話す男性より、自信満々の男性の方が異性にとっては「魅力」に映るものです。
高いとはいえ、ローンでも組んで買ってしまえば良いのです。むしろ何もしなければモテない以上、思い切って自分に投資をするという意味でも良いのではないでしょうか。高級車であれば少なからず相手から「お金を持っているかも」と思われてモテるかもしれません。

水商売のお店に足を運ぶ

水商売のお店にどれだけ足を運んでもお世辞を言われて終わりで、モテる訳じゃない…と思うかもしれません。確かに楽しい時間ではあるものの、モテるかというと別問題だろうと思う人が多いかもしれませんが、水商売に足を運ぶ事で女性への免疫がつきます。また、女性心理も理解出来るようになるはずです。水商売とはいえ、相手は女性です。そこで綺麗な女性たちに囲まれても動じないようになれば、日常生活で出会う女性とも緊張せずに話せるようになるはずです。
モテない男性というのは女性の前で変に格好付けてしまったり、自意識過剰な素振りを見せてしまったりするのですが、女性への免疫をつければそのような事もなくなるはずです。

スポンサーリンク

スポーツクラブで生まれ変わる

スポーツクラブに通って自分自身を鍛える。ムキムキのマッチョになれと言いたいのではなく、鍛える事によって必ず成果は出てくるものです。筋力トレーニングを行えば逞しくなりますし、有酸素運動を行えばその分体は細くなります。何かしら「変化」が出ますが、その変化が自分の自信に繋がるのです。
先にもお伝えしたように、自信こそ女性への最大のアピールになります。どのような根拠でも良いのです。むしろ根拠なく自信を持っていても良いのですが、それは難しいでしょう。そこでスポーツクラブです。地道ではありますが、体は裏切りません。鍛えればその分、しっかりと形になりますので、自信に繋がるはずです。
結果、それまではオドオドしていたものの自信を持って相手と普通に話せるようになるはずですので、スポーツクラブに通ってみるのも良いかもしれませんね。

ホームランを狙わない

モテない男性に限って、なぜか「ホームラン」を狙いがちです。物凄く美人を狙ったり、ステップを踏むでもなくいきなりデートに申し込んだり。これらはいわば免疫がないからこそ、でもあるのですが、いきなりホームランを狙うのではなく、まずはバットに当てる。むしろバットを振る事からです。いきなり挙動不審に「デートをしよう」「会いましょう」と告げても気持ち悪いと思われるだけです。ましてや社内などであれば「セクハラ」とも騒がれかねません。
そうではなく、まずは例えばですが一日一回会話するのを目的にしたり、それこそ挨拶するだけでも良いでしょう。いきなり成果を求めるのではなく、まずはコツコツ。これも大切です。

スポンサーリンク