スポンサーリンク

6月14日、appleの年次開発者会議、「Worldwide Developers Conference」(以下WWDC)が行われました。例年そこで何かしらの動きがあるので開発者ではなく、デジタルマニアからの注目度も高いこのイベントですが、今回は新しいOS、「iOS10」が発表されました。
マイナーチェンジではなく、いわばフルモデルチェンジとなる新しいOSの登場で、iPhoneやiPadはどのように変わっていくのか。また、どのようなOSなのかをあくまでも「客観的に」考えてみるとしましょう。

非対応のデバイスも登場

iOS10はすべてのapple端末で使えるものではなくなりました。iPhone4s、そしてiPad miniは残念ながら非対応となったからです。この両者はかなり昔の端末ですので、さすがに新しいOSを動作させるだけのスペックではなくなってきたという事なのでしょう。
もちろん新しいOSに対応していないとはいえ、これまで同様普通に使えますのでアップデート出来ないからといって「使えない」という事ではありません。

良くなった点は…あるの?

良くなった点は細かい部分を上げればあるのかもしれませんが、「劇的」とも言える変化は見当たらないと言っても良いでしょう。ですが、元々入れられているアプリを削除出来るようになったのは嬉しい部分かもしれません。iPhoneを使っている人でも、元から入っている使わないは「使わないフォルダ」といった形で「隔離」していたのではないでしょうか。これらがこれからは削除出来ます。そこまで大容量ではないとはいえ、削除出来る事で画面に表示されなくなりますので、より「自分だけのiPhone」だと感じる事が出来るようになるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

全体的に見れば「並以下」かもしれない

全体的にみると「並以下」「期待外れ」に終わったと言っても良いかもしれません。例えば会の最後で発表されたMessenger。自信満々に機能を紹介していましたが、これはもはや他のアプリでも出来ます。
WWDCは日本時間では深夜に開催されるものですので、眠い目をこすって頑張って起きていたという人も多く、どのような発表がなされるのか期待していたという人も多いでしょう。最後まで見せ場らしい見せ場もなく、最後には何か大きな発表が待っているのではないかと思ったら「Messenger」だったのです。夜遅くまで起きていた人の事を考えると居た堪れない気持ちになってしまいます…。

もはや進化も行きつくところまで行きついた…

今回、目新しい発表がなかったのはスマートフォンがもはや行きつくところまで行きついたという事を意味しているのかもしれません。進化のスピードや汎用性という点ではAndroidの方が上との声もあるように、iOSがあれこれしたとしても、それは「進化」というよりも「Androidに似せてきた」という評価にしかなりません。
事実、昨今のiPhoneやiOSは「Androidに近付いてきた」と揶揄されるほど。「iPhoneがパクりだ」とかではなく、結局「スマートフォンとしての進化」を考えると同一線上になるという事なのでしょう。つまり、もはやOSの違いもあまりなければ、開発メーカー側としても何をどのように進化させればよいのか分からない段階に到達しているのかもしれません。
新しいものを生み出す時というのは、得てして「こうすれば便利なのにな」という思いから生まれるものですが、既にこれだけ便利なのです。ここから新しい物を生み出すとなるとなかなか簡単ではないでしょう。

iPhoneは発表されなかったという期待感

今回、もしかしたらiPhone7が発表されるかもしれないという噂もありましたが、残念ながら何もなし。その点では期待感は次のお楽しみとなった訳ですが、OSの状況を考えると、iPhone7も様々なデジタルメディアの報道通り、そこまで大きな変化はないのかもしれませんね。

スポンサーリンク