スポンサーリンク

6月17日、三菱自動車燃費データ不正を行っていた軽自動車4車種に対しては顧客へのおわび、そしてガソリン代等の差分として1台一律で100,000円を支払うと発表。また、軽自動車以外でも改竄が見つかった普通車に関しては30,000円との事。
以前30,000円は安いとお話しましたが、ではこの額というのは実際の安いのか高いのか。100,000円という額で考えてみるとしましょう。

それでも「安い」

リセールバリューを考えるとそれでもまだまだ安いかなといった所が実情です。今回の件でもはや日産のデイズ、三菱自動車のekワゴン等、NMKVは軽自動車の価値が激減。さすがにこのモデルの自動車を欲しがる人はなかなかいないでしょう。つまりはリーセルバリューがとても下がりました。その下げ幅は100,000円では利かないでしょう。それらを考えると、100,000円でもやはり「安い」と言わざるを得ません。

カーライフ次第でもあります

一方で、カーライフ次第でもあります。例えばですが、乗り換えを考えておらず、乗り潰すつもりで購入した人にとっては、リセールバリューなど関係ありません。30,000円では釈善としないかもしれませんが、100,000円であれば謝罪として受け取るという人も多いのではないでしょうか。
この問題のおかげでイメージが悪化してしまいましたので、リセールバリューが低くはなりましたが、いきなり車そのもの性能が落ちるという事もありません。それらを考えると、実はそこまで騒ぐような問題ではないとも言えます。

スポンサーリンク

ほとぼりが冷めるのを待つという手も…

いきなり性能そのものが変わったとかではなく、「燃費が違いました」という話なだけです。
自動車にそこまでこだわりがなく、あくまでも「移動手段」程度にしか思っていないのであれば、中古車市場で価値が激減しているそれらのモデルを購入するのもありです。何故なら競合車よりも断然安くなりつつあります。もちろんリセールバリューは低いでしょう。ですが先にもお話したように、リセールバリューとは引き取ってもらう時の価格です。廃車にするまで乗り潰す気持ちであれば、リセールバリューなど関係ありません。
三菱自動車が「これでもか」と叩かれているので、まるで「いけないものに乗っている」かのように感じてしまっている人もいるかもしれませんが、性能そのものが違ったという話です。
フォルクスワーゲンの排出ガス不正問題のおかげでフォルクスワーゲンは未だに苦戦を強いられています。系列であるアウディまで影響が出ていますが、周囲の目を気にしなければフォルクスワーゲンは安くなっていますので、本当に欲しかった人にとっては不謹慎かもしれませんが『お買い得』なタイミングでもあるのです。

まとめると、三菱自動車は悪い事をしたのは事実ですが、自動車の性能が変わる訳ではありません。その点を冷静に考えてみると、100,000円という額に対しての評価も見えてくるのではないでしょうか。

スポンサーリンク