スポンサーリンク

新しい借金の形態としてクレジットカードの現金化
略してクレカ現金化と称する方法が広がっています。
ネットの口コミでも評判になっていますが、
違法性はないのでしょうか。詳しく検証してみましょう。

背景には消費者金融が使いづらくなったことが

多重債務者が増えたことを鑑み、貸金業法が改悪されました。
結果として、借入限度額が設けられてしまい、
優良顧客であっても、消費者金融が使いづらくなりました。

一部の顧客は闇金などに流れたとも言われています。
法律を変えたことにより、事態は悪化した?
とはいえ過払い金請求の問題も落ち着き、
最近では消費者金融に顧客が戻っているようです。
とはいえその隙を狙って、新たな商売が生まれています。

クレジットカード現金化とは

消費者金融が停滞していた中で急成長してきたのが
クレジットカード現金化と呼ばれる方法です。
消費者金融にすがれなくなった人たちにとって、
救世主とも称賛されている融資の形態です。
具体的には、クレジットカードを使って買い物をします。
その商品を換金してお金を得る!
仕組みは実に単純です。
中古ショップや金券ショップも巷には多いので、
個人的に行っている人も少なくないようです。
一方でクレカ現金化を専門に扱う業者も登場しています。
換金率90%を謳うケースもありますが、
実際はそれほど甘い話ではないようです。

スポンサーリンク

違法性はないのか

買った商品を換金するという行為は、誰でもありますね。
ブックオフに本やゲームを売ることと同じです。
ただしクレジットカードの利用規約を読むと、
真面目に読んでいる人は少ないでしょうが、
クレジットカードの現金化を禁止しています。
カード会社や銀行のウェブサイトなどでも、
クレカ現金化をしてはいけない!
見つけたらカードの利用を停止します!宣言しています。

とはいえ直接的に取り締まる法律はないようです。
法律が完全ではないのは確かです。
世の中の動きが激しすぎるのも事実です。
しかしクレカ現金化はいけないことなのでしょうか。

何が問題なのか

ネットで検索してみると、クレカ現金化は違法です!
では何が問題になるのでしょうか。
ひとつはカード会社が禁止していることをやっているから、
契約違反だ!
しかしこれでは刑事罰を問えそうもありません。
一方で形を変えた融資なので、出資法違反!
では貸金業の許可を得た業者なら問題ないのか?
商品を転売するから、古物業の許可が必要?
それもクリアしたらどうなるのか。
またはカード会社をだましているから詐欺罪!横領罪?
いずれにしても別件逮捕との誹りは免れないようです。

だれが損をするのか

クレジットカード現金化は良くないという主張に反論して、
誰が損をするのか?この点の検討も必要でしょう。
カード会社自体は、損をするのでしょうか?
利用者が適正に利息を含めて返済する限りにおいて、
損害を被ることはなさそうです。

ただしクレカ現金化に走る人は、消費者金融を使えない人です。
であれば支払い不能に陥る可能性もありますね。

そういうリスクとして、カード会社は禁止したいのでしょう。
さらに暴力団と業者がつながっている危険もありそうです。
一方で利用者は、法外な、事実上の利息を払うことになります。

実質的に70%程度の換金率であれば、
元金7万円で、利子相当が3万円?暴利ですね。
とはいえ本当に困っている人にとっては?地獄に仏です。

リボ払いの方が怖いです

カード会社は、利用者のためにクレカ現金化を禁止しているのでしょうか。
とはいえ合法的に多重債務者を増やしているのは?
カード会社などが行っているリボ払いです。

毎月の支払い額が一定になるので、一見すると良心的です。
ただし明細を見ると?元金以上に利息を払っている!
またリボ払いへの変更は簡単ですが、逆は大変です。
カード会社の言い分は100%正しいのでしょうか。

多重債務者の救済こそ急務です

クレカ現金化を禁止しても、新たな方法が登場するだけです。
オレオレ詐欺が進化しているように、法律には穴だらけです。
まずは理由を問わず、多重債務者の救済こそ急務です。
中でも真面目に返済を続けている人の手足を縛る行為は、
たとえそれが法律であっても、止めるべきでしょうね。

スポンサーリンク