スポンサーリンク

プロテインと聞けばボディービルダー
筋肉をつけるために飲む!そんなイメージですね。
とはいえダイエットのために使うモデル嬢がいる?
では健康の目的で利用しても効果があるのでしょうか。

プロテインとは

プロテイン(protein)とは、たんぱく質のことです。
サプリメントの名称的に思われていますが、単なる英語です。
そのためホエイプロテインと呼ぶこともあるようです。
ちなみにホエイとは、牛乳から乳脂肪などを除いたものです。
ヨーグルトの上に液体が溜まっていますね。
あれがホエイです。乳清とも呼ばれます。
今までは捨てていましたか?栄養素の塊ですよ。
なおサプリメントとして売られているタイプは、
たんぱく質の源であるアミノ酸が、バランスよく配合されています。
ここがサプリメント的には重要なポイントです。
特に吸収や筋肉への変換効率がよいように改良されています。

太らないのか

プロテインを摂取している人は、ムキムキの身体です。
しかし太っているでしょうか?
女性のボディビルダーも、筋肉はあっても肥満ではありません。
一部の人たちは、プロテインを摂ると太る!勘違いしています。
もちろんたんぱく質であっても、過剰であれば脂肪に変わります。
とはいえよほどの過食をしていない限り、
プロテインを飲んだから太った?ありえません。
逆に痩せている人がプロテインを飲めば、
引き締まったボディになるでしょう。

スポンサーリンク

意味はあるのか

逆に考えると、プロテインを飲んで意味はあるのでしょうか。
極論を言えば、単なるたんぱく質の塊です。
アスリート以外なら、無理して飲む必然性はありません。
プロテインなどのサプリを買うお金があるならば、
日々の食事メニューを考えるべきでしょう。

言い換えるならば、仕事などが忙しくて食事を抜きがち?
中年を過ぎて、一度にたくさん食べることができない?
もちろん生活習慣を変えたり持病治すべきですが、
日々不足するたんぱく質を補給する目的なら、
プロテインは有効です。

適度な運動をしつつ、プロテインを続けてみましょう。

どんな飲み方が効果的なのか

筋肉増強以外が目的であれば、特別な飲み方はありません。
ただし朝や就寝前などに飲むと効率的なようです。
つまり朝であれば、一日の栄養源として使われます。
また就寝中に成長ホルモンが分泌されるため、
飲んだプロテインが有効に体内で代謝されます。
なお飲む量も、コップ1杯の水または牛乳に溶かします。
一度にたくさん飲んでも、すべてを吸収することはできません。
パッケージに示された使用上の注意や服用法に従いましょう。

食事と組み合わせましょう

置き換えダイエットに使うプロテインもあります。
明らかに肥満の人であれば、効果的かもしれません。
もちろん太っているかどうかは、主観にすぎません。
とはいえ第三者的にみて太っていない人ならば、
置き換えダイエットは控えた方がよさそうです。

逆にバランスが悪くなり、変な太り方をします。
食事や運動とプロテインを組み合わせる方法がおすすめです。

味もよくなりました

かつてのプロテインは、お世辞にもおいしいとは言えませんでした。
しかし昨今は、味の改良も進んでいます。
健康や筋肉のためであっても、不味いものは続きません。
多様な種類が売られているため、好みのものを選びましょう。
ちなみにジュースと混ぜてもよいのでしょうか。
溶ければ問題ありませんが、糖分の過剰摂取に注意しましょう。
ちなみにスポーツドリンクに混ぜると吸収が早くなる!
筋トレ直後などは、効果的な飲み方になります。

試してみましょう

もちろん無理してプロテインを飲む必要はありません。
とはいえ肉や魚などの摂取が不足気味であったり、
筋力の低下を感じているならば、
健康サプリのひとつとして、プロテインもおすすめです。

まずは試してみましょう。
身近に利用者がいれば、教えてもらいましょう。
ジムのトレーナーに相談するのも一法です。

スポンサーリンク