スポンサーリンク

6月24日、ニコニコ生放送の番組冒頭にてSKE48の柴田阿弥が卒業を発表しました。近年AKBグループからの卒業発表が相次いでいますが、同グループ内の2015年の選抜総選挙では選抜にランクイン。握手会の売り上げも多く、SKE48にとっては松井玲奈、宮澤佐江、そして柴田阿弥と相次いで「主力」が卒業する事になります。

なぜ卒業するのか

総選挙に出なかったので卒業を予感していたというファンも多かったようですが、総選挙に出なかったから卒業というよりも彼女も番組内で話している通り、もはやSKE48、そしてAKBグループ内でやるべき事はすべてやったと言っても良いでしょう。もうアイドルを辞めたい、スキャンダルが発覚した、といったネガティブな意味での卒業ではなく、これから先自分がタレントになりたいという夢を持ってのことです。なので、新たな第一歩を踏み出す、とても前向きで将来を見据えた卒業なのです。
ファンであればこれからの彼女を応援したいという気持ちもあるでしょう。一方でSKE48のファンとしては「またか…」という気持ちもあるでしょう。そろそろ本気で同グループが「危険水域」に達してきていると感じているファンはとても多いです。

所属しながら活動すればいいんじゃないの?

このような疑問を抱いているファンも多いと思いますが、AKBグループは握手会が週末にあります。しかもSKE48だけではなく、NMB48、HKT48。そしてデビューを控えているNGT48は自分たちの握手会だけではなく、「本店」でもあるAKB48の握手会にまで参加しなければならないのです。それこそ大型連休や毎週末握手会なのです。地方グループのファンはそのような惨状に「参勤交代」とまで揶揄しているほどに握手会に参加しており、これでは思うように活動出来ません。何かお仕事が入ったとしても「握手会があるから」と断らざるを得なかったのですが、グループを卒業すれば握手会でスケジュールを抑えられるような事もありません。仕事が自由に出来るようになります。

スポンサーリンク

卒業生には追い風が吹いている?

卒業生が多いSKE48ですが、実は卒業生は悪くはない道を歩んでいます。頻繁にメディアに登場する松井玲奈だけではなく、

平松可奈子→ファッションデザイナー

古川愛李→イラストレーター

加藤るみ→サンミュージック所属(ベッキー所属事務所)

磯原杏華→ボックスコーポレーション(小沢真珠・相武紗季所属事務所)

といったように、卒業してから良い所属事務所に入れたり、活動が順調な元メンバーも多いです。

ましてや彼女は知名度もありますし、もしかしたらあっと驚くような大手芸能事務所と既にコンタクトを取っているかもしれません。彼女個人のファンからすると「握手会」と言う呪縛から解き放たれて思う存分活動出来るという喜びがあるでしょう。ですがSKE48のファンとしては「これからSKEはどうなるのか…まじでヤバいんじゃ…」という気持ちでしょうね。

スポンサーリンク