スポンサーリンク

早起きをする秘訣は何かあるでしょうか。
目覚まし時計をかけるだけでは、根本的な解決になりません。
第一には、生活習慣を変えることです。
とはいえそれができないから、悩みなのではありますが。
効果のある方法を探してみましょう。

早起きできない理由は何か

早起きできない理由は、第一に夜更かしです。
わかってはいますが、今更言われても困ります。
とはいえ別の理由もあります。
つまり人間の体内リズムは、25時間周期です。
引きこもりの生活をしていると?
起床時間が1時間ずつ遅れるようです。
一説には24時間10分とも言われていますが、
遅れることには変わりありません。
このように遅れる時計を毎朝リセットしています。
そのストレスこそ、早起きがつらい要因です。

また思春期になると必然的に夜型となる?
学校の始業を10時以降にすると成績が上がったとか。
もちろん言い訳は、いくらでもできそうです。

早起きする秘訣には何がある

理屈をこねても、学校や会社には通用しないでしょう。
現実的に大人になって、早起きする方法を考えましょう。

1.太陽の光を浴びる

上述したように、人間の体内リズムは狂います。
それを毎日リセットしているのは、太陽光です。
毎朝紫外線を浴びることによって、目覚めます。
そういう意味では、カーテンを閉め切るのではなく、
朝日が入ってくるような構造にしましょう。
都会では難しいですが、東側に窓がある部屋で寝ましょう。
明るくなって自然に目覚める!これがベストです。
もちろん就寝時に街灯の光が入ってくるかもしれません。
ならば枕の位置をずらしたり遮蔽物を作ってみましょう。
それだけでも目覚めが違ってくるようです。

2.早寝の習慣をつける

早寝の習慣をつけたいのは、わかっています。
しかしいきなりは無理ですね。
その場合は、とりあえず早起きを続けることです。
人間は、起きた瞬間から眠りに向けた作業に入ります。
具体的には朝日光を浴びてから15時間後に眠くなる!
そういったホルモンであるメラトニンが分泌されます。

つまり遅起きすると、夜眠くなるまで時間がかかります。
これは悪循環です。
ただし見方を変えれば、早起きの習慣になっただけ?
とはいえ相応の効果はあるようです。

3. 90分サイクルで目覚める

こちらもよく言われることですが、
人間の睡眠サイクルは、約90分のようです。
つまり90分毎に眠りが浅くなります。
その時に目覚めれば、すっきりと起きれます。
例えば朝7時に起きたければ90分単位を逆算して、
夜11:30、1:00、2:30、4:00などに寝る!

もちろんぴったりとはいかないでしょうが、
おおよその目安で、アラームをかけてみましょう。

4.就寝前に刺激を避ける

早起きできない理由は、睡眠の質にもありそうです。
もちろん量的な寝不足も問題ですが、
就寝前の状態も大きく影響するようです。
特に寝る3時間前に固形物を摂取すると、
消化器に負荷がかかります。
また遅くまでパソコンやスマホを見ていると、
脳が休まらないようです。
もちろん寝酒は意味がありません。
脱水症状になりやすいし、眠りが浅くなります。
平日は難しいでしょうが、週末にリセットする!
意外なほど効果はあるようです。

5.寝だめをしない

土日は寝だめをする!しかしこれはいけません。
休日であっても、同じ時間に起きましょう。
医学的に考えて、寝だめはできません。
しているようで、逆に疲れています。
どうしても眠いなら、昼寝をしましょう。
昼食後、約15分程度がおすすめです。
それでは足りない?
とはいえ寝すぎると、だるくなったりします。
夜眠れなくなれば、意味がありません。
逆に15分くらいうたた寝する方がすっきりします。
平日でも、午後の仕事が捗りますよ。

スポンサーリンク

夜更かしの理由は何ですか

仕事で遅くなるから早寝がつらい!
とはいえ世の中は残業をなくす方向です。
お酒やスマホなどの遊びが、夜更かしの原因です。
本人の考え方次第ですが、
結局はどちらかを優先するかです。
仕事が効率的ではない人も多いみたいですよ。

スポンサーリンク