スポンサーリンク

親族が亡くなった!悲劇ですね。絶望感と脱力感に襲われます。
お葬式の準備もありますが、遺品整理も大変です。
自宅であればゆっくりと片づけできますが、
賃貸住宅の場合はどうすべきなのでしょうか。
誰か頼れる業者はいるのでしょうか。

遺品整理とは

遺品整理とは、文字通り、亡くなった方の遺品を処分することです。
他人にはゴミに見えても、遺族にとっては大切な思い出の品です。
貴金属などの財産が埋まっていれば、我先にと整理してくれるでしょう。
とはいえゴミ屋敷のようになっていたならば、誰も近づかない?
しかし誰かが、もちろん親族がやらなければなりません。
賃貸住宅の場合には、早々に明け渡す必要があります。
時間的、精神的、体力的に考えて自力で難しいならば、
遺品整理を謳う業者を積極的に頼るべきです。
そうした業者が、高齢化や独居老人の増加に伴い、増えています。

頼れる業者は誰か

遺品整理で悩んだ場合に頼れる業者とは、誰がいるのでしょうか。

1.リサイクルショップ

金目の物があるならば、まずはリサイクルショップで相談しましょう。
昨今であれば、様々な物品を買い取ってくれます。
もちろんネットを使ったオークションや個人間取引サイトもあります。
なお遺品を販売する際は、面倒ではありますが、専門業者を探しましょう。
例えば古本などであれば、昔ながらの古書店へ売りましょう。
ゲームやコレクション系も、専門店の方が買取額は高くなります。
残ったゴミを自治体のゴミ回収に出せば、すっきりするはずです。

2.便利屋

なんでも頼めるから便利屋なのでしょう。
遺品整理を積極的にしてくれる業者もいます。
ただし古物商や廃棄物処理業の許可を有している会社を選びましょう。
不法投棄などされてしまえば、頼んだ方にも被害が及びます。
ちなみに便利屋の場合は、遺品整理ではなく、
引っ越しやハウスクリーニングを装ってくれるケースもあります。
近隣に変な噂が立つと、いろいろと厄介なことも多いからです。

3.不用品回収業者

一般の清掃業者、不用品回収業者も遺品整理を請け負います。
もちろんこの場合には、捨てることを前提にします。
そのため事前に思い出の品や貴重品は探し出しておきましょう。
テレビなどでもありますが、ゴミ屋敷状態になっていれば、
真っ先にお願いしたい業者ですね。
なお大切なことは、見積もりを具体的にしてもらうことです。
通常はゴミの量によって金額が決まります。
追加料金が発生すると、何かとトラブルになりがちです。

4.特殊清掃業者

死に方も様々ですが、昨今増えているのが孤独死です。
発見が遅れると、言葉では表せない惨状になります。
また事件性があった場合も、通常の業者では不可能です。
そこで活躍するのが特殊清掃業者と呼ばれる人たちです。
もちろん明確に謳うことは少ないかもしれませんが、
特殊な事情にも対応してくれます。
染みや臭いが残らないように消毒や原状回復も請け負います。
独居老人の増加を考えれば、他人事ではありません。
ニーズの高まりを反映して、関連業者も増えています。

5.遺品整理専門業者

一番まっとうなのは、遺品整理の専門業者かもしれません。
現在は、遺品整理士と呼ばれる資格もあります。
民間資格ではありますが、一定の通信講座を受けます。
そのため遺品整理の心得や作業の手順、
法律上の問題点なども熟知しているエキスパートです。
無用なトラブルを避けたいならば、お願いしてみましょう。
遺族の悩みに対しても、親身に耳を傾けてくれます。

スポンサーリンク

生前整理がおすすめです

お墓に関しても同じことですが、生前整理をおすすめします。
元気な間に、不用品の処分をしましょう。
また遺族がもめないように、生前贈与も有効です。
特に親族と離れて暮らしている人は、
遺品整理も終活のひとつとして捉えておきましょう。
死は、いつやってくるかわからないからです。

スポンサーリンク