スポンサーリンク

頭蓋骨を矯正して小顔にする!そうした広告は景品表示法違反!
消費者庁は2016年6月30日、9つの関連する事業者に対して
再発防止を求める措置命令を出した、と発表しました。
多くの女性が、藁をも縋る思いで試したかもしれませんが、
実際のところは、どうなのでしょうか。

小顔矯正とは

人間には様々な癖があります。例えば片方の歯ばかりで食べたりします。
逆に昨今の若者は、噛まずに飲み込む?顎骨の発達が悪くなるようです。
さらに頬杖をつく、うつ伏せで寝る!歯ぎしりをする?
長年の積み重ねで顔の骨、いわゆる頭蓋骨に歪みが生じます。
それが原因で、頭痛や肩こりになることもあります。
一方で顔が歪むと大顔に見えるケースも少なくないようです。
とはいえ骨を矯正することにより小顔にできる?
そうした矯正術が、小顔矯正と呼ばれるものです。
ネットで検索すれば、多数の施術所がヒットします。
整形ではなく、指圧やマッサージの延長的な感覚でしょうか。
けっこうな金額ですが、頼ってしまう人も多そうです。

医療行為ではありません

小顔矯正は、医療行為ではありません。
ほとんどの小顔矯正術に医師は関与していません。
一方で担当する人たちは、整体師を名乗っているようです。
とはいえ整体師に明確な定義や資格制度はありません。
柔道整体師がある?正式には柔道整復師です。
またマッサージ師や鍼灸師とも違います。
言ってしまえば公的な資格ではなく、自称です。
もちろん昨今は整体師を養成するスクールもあるようです。
しかし医学とは違った行為です。誤解しやすいですね。

スポンサーリンク

頭蓋骨は変わらない

赤ちゃんは頭でっかちに見えます。
だからかわいく見えるという説もあります。
成長に伴い手足の骨は伸びていきますが、
頭蓋骨のサイズは、あまり変わりません。
遺伝的な要因が大きいみたいです。
一方で医学的な観点から考えれば、
骨を削るなど外科的措置をしない限り、
頭蓋骨の大きさは変わりません。

ちなみに頭蓋骨は22個の骨が組み合わさっています。
赤ちゃんの頃は隙間もありますが、
大人になると、ほとんど隙間がありません。
そのため矯正して縮める余地もないようです。

利用者の声は有効なのか

小顔矯正を謳う事業者による反論として、
アンケート結果から利用者の声が提出されたようです。
とはいえ健康食品のケースと同じですね。
あくまでも「個人の感想」です。
美容整形と同様に、本人が納得すれば、それは成功です。
客観的な結果と言えるのか?難しい判断です。
実際に消費者庁は、その反論を却下したようです。

術後は一時的に変わることがある

大顔をコンプレックスに感じる人は多いでしょう。
実際に施術直後であれば、一時的に顔が縮む?
つまり筋肉や脂肪の位置をずらすことで、
見かけを変えることはできます。

しかしそれを続けない限りは、リバウンドします。
なお寝起きに顔がむくんだように見えるのは、
血液やリンパの流れが悪かったり、
過剰な塩分やアルコールによるものもあります。
言い換えると、リンパマッサージなどでも、
一時的に小顔?錯覚することがあります。

矯正術も、それに似たようなことがありそうです。

気を付けましょう

顔を小さくするためには、筋肉を引き締める!
もしくは脂肪を取り除くことが有効です。
こちらの方が変化しやすいでしょう。
もちろん根本を辿れば頭蓋骨に至ります。
しかし矯正術だけで小さくすることに対して?
現状において合理的な根拠はなさそうです。

ネットなどで検索する際も、気を付けましょう。

景品表示法違反とは

ちなみに景品表示法違反とは、どういう意味でしょうか。
同法の目的を簡約すると、次のとおりです。
消費者の選択を誤らせるような不当な表示を防ぐ
つまり専門知識のない一般人を惑わすような広告は禁止!
多少盛ってしまうのは仕方ないでしょうが、
度を過ぎたり、それで被害が出ていればアウトです!

スポンサーリンク