スポンサーリンク

毎年秋になると新型iPhoneが発売されます。次のiPhoneはおそらく「iPhone7」とも言われていますが、先日行われたWWDCから、「あまり期待出来ないのでは」との声が出てきています。
むしろ本命は来年、2017年に発売されるモデルであって、iPhone7は「出るだけ」の物になるとの噂も広がっていますが…

期待が小さいという声

7月10日、デジタルメディアの「アスキー」にて台湾のiPhoneサプライチェーンメーカーはすでにiPhone7に見切りをつけ、2017年に発売されるであろうモデルの方に期待を寄せていると報じています。
16GBがなくなり、一番小さいモデルで32GBになるとの予測がある一方で、iPhone6sとあまり変わらないとの声もあります。
iPhone6sの完成度が高いからこそではあるのですが、スペック等に関しては「新型」としての期待はあまり出来ないとの声があるのも事実です。

それでも買い換える、という声も

そんなiPhoneの新型でも、秋に登場すれば「変えたい」と考えている人も多いようです。スペック云々ではなく、単純に「新しいiPhone」に興味を持っている人もいるでしょう。
iPhone6の発売日が2014年の9月でした。一つ前のiPhone5sは2013年の9月に発売されました。順当に考えると、iPhone6の人は丁度2年になります。スマートフォンを2年の割賦で購入している人も多いので、ちょうど2016年の秋に満期の2年を迎える、という人も大勢いると思われます。また、iPhone5sのユーザーの中には、iPhone6sを見て「次に期待」という事でiPhone7を待っている人もいるでしょう。
スペックとしての魅力よりも、「換え時だから」と言う事でiPhone7の購入を考えている人も多いでしょう。

スポンサーリンク

2017年iPhoneの噂

一方で、既に2017年に出ると噂されているiPhoneに関してもいろいろな噂が出ています。
曲線の筐体(きょうたい)になるだろうとの声や、有機ELになるとの声もあり、これだけでも既に今のiPhoneから「劇的」な進化を遂げるであろう事が予感されます。
iPhone7はあくまでも「今のパワーアップ」ですが、2017年のiPhoneは「全く新しいiPhoneになる」可能性があるのです。

情報が出ていないからこそ期待してしまうという側面もあるかもしれませんが、例年の流れで言えばiPhone7の発売は9月前後と予想されます。
当然、公式発表はその少し前にあると思われますので、まずはappleの正式なアナウンスを待ちましょう。

スポンサーリンク