スポンサーリンク

手入れ整え方

意外と誰も教えてくれないのが、眉毛のお手入れ。
まゆげって、顔の中でとても重要な役割を果たしているのに、そのお手入れは意外と知られていません。
みんな鏡とにらめっこしながら試行錯誤しているみたい。

いちばん良いのは、眉毛サロンでときどきお手入れしてもらうこと。
カットや形はもちろんだけれど、まゆげのトリートメントもしてもらえるのでかなりおすすめです。

とはいえ、なかなかそこまでは……とも思いますよね。
だったら、家で頑張ってみるしかありません。

まずは、眉毛用のコームと、眉毛用のハサミを買ってきましょう。
長すぎる眉毛は野暮ったい印象を与えやすいので、ある程度短く切ってしまいます。

まずは眉毛用のコームで下に向かってとかします。
その時、眉毛のラインよりも下にはみ出している部分をカット。
今度は、上に向かってとかして、やっぱりはみ出している部分をカット。
これで、長さは大体OK。

あとは、顔全体のバランスを見ながら、眉毛の形を整えていきます。
これは、難しければ眉毛用整形用のシートを買ってくるとやりやすいです。
型をしっかりとっておけば抜きすぎ・剃りすぎの心配もありません。

ところで、最近は太めの眉毛が流行り。
細くなりすぎないように十分注意してくださいね。

形を決める

眉毛の形を決めるのは難しいですよね。
最近の流行りは、少し太めのはっきりした眉毛。
眉山をちょっとだけ上、ちょっとだけ後ろにしている人が多いかも。

どんな眉毛が似合うのかはわかりにくいので、眉毛用のマスカラで色を薄くして、自由に眉毛を書いてみると失敗なくイメージを掴むことができます。

眉毛の形を整える時の基本は、鼻からのラインの延長上から描くこと。
ここがズレていると不自然な顔に見えます。

次に大切なのは、眉山。
まゆ山をどこへ持ってくるのかで、ずいぶん印象が変わります。
逆に、地毛がわりとしっかりしている人ならば、まゆ山さえしっかり描いてしまえば意外と難しくありません。

あとは、滑らかにつないでいけば大丈夫。

イメージが沸かないのであれば、雑誌やWebなどで「いいな」と思う眉毛をいくつかピックアップしてみましょう。
真似をしてみるのがいちばんです。

両側の眉毛のバランスも大切なので、眉毛の形を整えるときには、大きな鏡で両眉が見えるようにします。
また、鼻からのラインも大切なので、鼻から両眉毛が一緒に映るくらいの大きさの鏡は用意したいところ。

大変身してやろうとか思っていっきにいじると失敗しやすいので、少しずつ調整していきましょうね。

スポンサーリンク

印象のいい形

初対面の人に会う場合には、服装や、体格だけでなく、顔の印象もとても大切です。
顔は一番最初に目が行く部分と言う事もあり、人相が悪い人はそれだけで印象が悪くなりますし、一般的な顔つきの人でも、一工夫するだけで印象のいい顔を作る事が出来ます。
印象のいい顔を作るのに、とても有効なのがまゆげで、まゆげがキレイに手入れされているのは好印象で、逆にまゆげが細すぎる、まゆげが無い、まゆげがつり上がり過ぎている人は、第一印象で良いイメージを与えるのは、少し難しいかもしれません。
一般的に印象のいいまゆげとは、女性の場合、自然なアーチ型や、平坦なまゆげに眉山が若干上がっているタイプのまゆげで、男性の場合には、ある程度の太さがあり、眉山が若干上がっているものが良いと言われています。
もちろん、男性の場合には、まゆげの手入れをしない方も多いのですが、まゆげの手入れをしていた方が、清潔感があるため、異性にも好印象を与えられるようです。
顔のパートのひとつであるまゆげも、細さ、濃さ、上がり具合で、人の感じ方や印象の与え方にも、大きな違いがあると言えるでしょう。

キリットさす方法

優しげなまゆげが好印象の女性と異なり、男性がまゆげを手入れする場合には、少しキリッとしたまゆげの方が、男らしい強い印象が与えられると言われています。
しかし、まゆげのカットや手入れに慣れていない男性は、「キリッとしたまゆげ」というのを気にし過ぎて、まゆげをつり上げて剃り過ぎてしまう事もよくあります。
これは、男性にも女性にも言える事ですが、まゆげを手入れする時には、ある程度の太さを保った上で、眉山を上げすぎないと言う事が大切です。
もちろん、自分でまゆげのカットをするのに自信が無い場合には、美容院などでも、最近はまゆげカットを行っていますし、失敗が無い分、利用価値は高いと言えるでしょう。
また、慣れていない場合には、彼女などにまゆげカットをお願いするという方法もオススメで、異性に印象のいいまゆげを、そのまま実現する事が出来るため、これも良い方法だと言われています。
ちなみに、まゆげを剃り過ぎて、自分で描かないといけない時には、濃く描き過ぎてしまう事もあるため、あくまで優しくふんわりとまゆげを描くというポイントを覚えておくと良いでしょう。

優しく見せるには

まゆげを手入れする上で、まゆげが自然で優しく見えると言うのは重要なポイントだと言えるでしょう。
年頃になれば、まゆげをカットしたり、抜いたり、描いたりというのは当たり前ですから、長く手入れをしていれば、そのやり方も分かってくるのですが、初めてまゆげを手入れする場合には、優しく見えるまゆげを作るのが難しい物です。
優しく見えるまゆげには、いくつかポイントがあり、その中で一番重要なのが形です。
つり上がったまゆげは、キリッとした印象を与えられる反面、恐そうというイメージも与えてしまいますし、下がり気味のまゆげは、優しく見える反面、優柔不断に見える場合もあります。
基本的に、まゆげをカットする場合には、眉山を上げすぎないで、緩やかなアーチ型を作るように心がけましょう。
形は良いのに、まだまゆげがキツい印象になってしまう場合には、アイブローの色を黒から、茶色や灰色にする事で、キツい印象を抑え、優しく見せられる為、これも試してみるのをオススメします。
すこしキリッとした顔でも、まゆげの形や色によっては、優しい印象を与える事が出来るのです。

「太め」の印象は?

ここ何年かで流行っているのが、太めのまゆメイク。
短めの前髪を合わせたりすることも多くあります。

まゆげ「太め」の印象は?

まゆを太めにすると、目元の印象が強くなり、意思の強い印象を与えます。
また、責任感の強い雰囲気も出るので、仕事の面接などにもちょっと太めの眉がおすすめ。

特に、眉頭を太めにして、眉頭の位置を顔の中心に寄せることで、顔全体がシャープに見えるという効果もあります。
輪郭が引き締まって見えるので、小顔効果も期待できます。

また、眉頭を目に近付ける形で太めに描くと、眼力が強く、外国人的な印象を与えることもできます。ただし、あまり太すぎると野性味が強くなりすぎて、女性は女性らしさが減ってしまいますから、似合う人は少ないでしょうね。

韓国で流行っている太眉

日本でも、年々太眉が流行傾向にありますが、太眉メイクといえば韓国です。
韓国では、かなり太めのストレート眉が流行っていて、顔立ちは日本人と似ているものの、かなり意志の強そうな、目が印象に残る人が多いです。
日本の女性も、自立を目指す強い女性が増えていますから、眉に性格が出てきているのかもしれませんね。

「細め」の印象は?

十年ほど前に最盛期だった細い眉。
アムラーに代表された極細の眉は近年ではほとんど見ませんが、細めの眉はやはり日本人に人気があります。

まゆげ「細め」の印象は?

眉毛を細くすると、顔ではなく、性格がシャープに見えます。
都会的で、クールな印象ですね。

近年の流行として、眉頭は太めに残し、眉山の辺りから眉尻は細めにするメイクも増えています。
全体を補足してしまうと、少し古い印象を与えてしまうので、眉頭を太く残すことで、今風のメイクになります。

また、細い眉は、スタイリッシュな雰囲気も出しやすくなります。
カッコイイ女性を目指したい人にはおすすめですね。

男性に増えている細め眉

女性のメイクはここ何年か太めの眉が人気ですが、実は男性の眉は、ここ何年も細めの眉が人気です。

男性の場合、眉を細くすることで清潔感を与えやすく、また、中性的な印象も与えます。
特にスポーツ選手には、細めにととのえた眉が多く見られ、さわやかな印象を演出していますね。

女性で、細め眉の好きな人は、自分に似合うカーブを探してみるのがおすすめ。
ゆるやかなカーブをつくると、女性らしさを強調しながらクールな印象を与えられるのでおすすめです。

男性の手入れ

最近では、男性でもまゆげの手入れやカットをするのが、一般的になっています。
少し前までは、まゆげの手入れは女性がする物で、男性はまゆげを気にすること自体、ほとんどなかったのですが、男性もまゆげによって顔の印象が異なり、まゆげをしっかり整えていた方が、清潔感があり、異性にも印象が良いと言われています。
その為、男性用まゆげカットセットとして、眉きりハサミや眉用くしなども販売されていますが、実際に、まゆげカットをするとなると、初心者にはかなり難しいようです。
基本的に、まゆげは細好きても太すぎても、印象がよくありませんから、太さはほどほどに、あまりつり上げ過ぎないという事も、男性のまゆげをカットする上で重要です。
そして、まゆげをカットするポイントとしては、カットする時に眉間にシワを寄せると、まゆげが平坦になり、その平坦なラインに沿ってカミソリで剃ると、普通の表情をした時に、まゆげもつり上げり過ぎず、下がりすぎずちょうどいいラインに仕上がります。
さらに、常に鏡で近づきながらまゆげを剃ると、全体のバランスが崩れ易いので、少し剃ったら、鏡から離れて、全体で見てみると失敗しにくいと言われています。

眉毛を整える女性とは

■眉毛を整えよう ?女性編?

眉毛って、きちんとお手入れしていますか?
絵を描いてみるとよくわかるのだけれど、眉毛の形ってすごく重要なのです。
眉毛のお手入れをするかどうかで、顔の印象は大きく変わってきますから、きちんとお手入れをしましょうね。

■どうやってお手入れするの?

「眉毛を整える」とひとことでいっても、実はさまざまな方法があります。

・太さを変える
・長さを変える
・色を変える
・補う(描く)

大きくは、この4つですね。

◆太さを変える

女性の場合は特に、眉毛が太すぎるのは印象が悪いですね。
ですから、女性らしいラインをつくりつつ、眉毛の太さを全体的に細くするのが一般的。
抜いたり剃ったりします。

◆長さを変える

眉毛のカットもお手入れのひとつです。
眉毛1本1本が長すぎると、形も整えにくく、年をとった印象にもなりがちです。

◆色を変える

髪を染めると、眉毛の色が合わないことも多々あります。
必須ではありませんが、もしもバランスが悪いようであれば、眉毛も染めたり脱色したり、一時的に色をつけたりします。

◆補う(描く)

ここまでくるとメイクの領域ですが、足りない部分を描いて補うことも必要です。
描かなければみっともない、というのはちょっとやりすぎですが。

整える女性の形と特徴とは

■女性らしい眉毛の形って?

眉毛をきちんと整えることは、美しい女性の第一歩。
でも、失敗すると非常に変な感じになってしまいますから、眉毛の形は前もって研究しておく必要がありますね。

女性らしい眉毛をつくるには、
・眉頭位置
・眉尻位置
・眉山位置
・ラインの丸み
を考えることが大切です。

◆眉山の位置を決めてみよう

まずは眉山の位置を決めると、全体の特徴を捉えやすくなります。

眉山は、眉毛のいちばん高くなっている部分。
自然な状態でも高くなっている辺りに決めます。
目頭から目尻までの約3分の2くらいの位置にあるはず。

その点をきっちり決めるのが最初です。

◆どんな曲線ラインにするか

あとは眉頭と眉尻とを決めてつなぐわけですが、どんな風につなぐのかがいちばん大切。
眉山をぐっと上に上げてキツイ山をつくると、シャープな感じになり、全体にゆるくラインをつくると、女性らしい感じになります。
女性らしさを考えるのなら、あまり山をキツく取らずに、優しいアーチにすると良いでしょう。
雑誌などを参考にするのも良いですが、自分の眉毛の特徴をよく観察して、できるだけ自分の眉毛を活かすようにすると良いですよ。

ライン入りまゆげの作り方

女性でする人はあまりいないと思いますが、男性ならば、「ライン入りまゆげ」もおすすめです。
ストリート系の、ワイルドでかっこいい雰囲気を演出することができます。

ライン入りまゆげの芸能人

まゆげにラインを入れている(た)芸能人も、何人かいらっしゃいますね。
有名なところでいえば、上地雄輔さんがいらっしゃいますね。
3年ほど前になりますが、ネットでも話題になりました。
他にも、DAPUMPのISSAさんなんかも有名ですね。

ライン入りまゆげの作り方は?

まず、ラインを入れるまゆは、片側だけです。
線対称に両方とも入れると、非常に野暮ったいのでやめましょう。

ラインを入れるには、あまり毛が長いのは不向きです。
ですから、まずは長さを短めにカットしていきましょう。
ハサミでもかまいませんが、眉用のシェーバーがあると均一に短くすることができます。

短めに切りそろえたら、ラインを入れたい場所を決め、メイク用ペンシルなどで印をつけます。
その印にしたがって、できれば1本ずつ抜きましょう。
細く剃れるカミソリやシェーバーを持っているのなら、それらを使うと楽ですが、失敗しないように気を付けてくださいね。

流行について

今の流行は太眉毛!

眉毛の流行は、ファッションと同様に時代によって大きく異なります。
ほんの10年くらい前にはかなり細い眉毛が流行っていましたが、現在(2011年)の流行傾向は太めの眉毛。
これまた、太眉の流行のピークは過ぎてしまったので、現在は極太よりやや細めの眉毛が流行りといえるでしょう。
いいかえると、わりと自然な雰囲気の眉毛が流行っているということです。

流行眉毛の作り方は?

今の流行眉毛はわりと作りやすいです。

まずは眉頭を少し下方にすること。
日本人は眉毛と目が離れている人が多いのですが、欧米人のように少し目に近づけるのが流行です。

眉山は、通常よりもやや外側に取ります。
そうすると、眉頭からのラインが、上がりすぎずにシャープな雰囲気になります。

眉尻にかけては、スッと細く抜けるような感じに。
眉尻はあまり長く伸ばしすぎません。
目尻よりもほんの少しだけ出る感じにしましょう。
カットも、全体はあまり短くしすぎないようにして、眉頭の辺りと眉山・眉尻の辺りだけを少し短めにします。
あとはメイクで調整すれば完成。
もっさりしすぎず、シャープな雰囲気にするために、眉尻までキッチリ形を作るのが良いですよ。

まゆと目とのバランスは?

眉毛の黄金比はよく知られていますが、実は眼とのバランスも大事です。
資生堂さんなんかのサイトがとてもわかりやすいですが、眼と眉のバランスは、メイクにとても重要な要素であることがわかります。
「なんだかアンバランスだなぁ」と感じる人は、眉だけでなく、目とのバランスを考えてみるとよいでしょう。

眼と眉のバランスを見よう

眼は、縦幅を1とすると、横幅はだいたい3くらいあります。
そして、眉の目尻近くの部分は、眼の下から数えて2くらいの位置が自然。
眉山の下にあるまぶたと、眼の縦幅が同じくらいになるといいですね。

眼の横幅が小さい人

けれど、そもそも眼の大きさが人によって異なりますよね。
眼球の大きさは意外と個人差が少ないのですが、目の開きで眼の縦幅は異なりますし、眼の横幅も、覆っている皮膚の開き具合で狭くなったり広くなったりします。
実際、眼の横幅をプチ整形で変える人もいるくらいですから、ノーメイクの眼に合わせるのが必ずしも美しいとは限りません。

もしも眼の縦幅と横幅の比率が合わないようなら、アイメイクで補正した上で眉の位置を決めていきましょう。
メイクで補正するのは眉だけでなく、目元もですからね。
両方でバランスをとることが大事です。

まずはきちんとブロー&カットしよう

眉毛の濃い人は、眉毛のブローが必須です。
特に生え癖の強い人は、毎日根気よく梳かして正しい流れを作るようにします。

また、カットも必要。
長さを少し短くすれば、それだけで薄くなるし、生え癖も緩和されます。

ブラウン系のパウダーを活用しよう

眉毛を描く時には、少し明るめの色をチョイスします。
私は、ペンシルは明るめのブラウンを使っています。

また、眉頭の辺りには、ペンシルではなくパウダーを使用。
ペンシルは眉山の辺りにだけしっかりのせて、眉頭はふんわりぼかす感じにすると、かなりいい感じになります。
眉頭の辺りは他の部分より短めにカットしておくと効果が出やすくなりますよ。

全剃りはアリ?

眉毛の全剃りといえば、「まゆゆ」の愛称で知られるAKB48の渡辺麻友さんが有名ですね。
最近はしていないようですが、2012年の総選挙では大きな話題になっていました。
眉毛の全剃りって、実際のところどうなのでしょうか。

全剃りは難しいメイク技術

全剃りは、非常に難しいメイクです。
たとえば、先の渡辺麻友さんのメイクでは、元の眉がかなり青くはっきり見えてしまっていて、「眉が2つある」などとかなり「失敗」扱いされていました。
全剃りをする場合には、もとの毛をきちんと処理しきることと、コンシーラーなどでしっかり隠すことが大事です。
また、もともとの毛質もあって、自眉が太く濃い人は剃っても青黒く残りやすく不向きです。
当然、眉メイクが落ちてしまうのも変な顔になってしまいますから、しっかりメイクやこまめなメイク直しも重要です。

全剃りのメリット

もちろん、それだけのメリットはあります。
いつも同じメイクをする人なら不要かもしれませんが、さまざまな形の眉メイクを楽しみたいのなら、やはり全剃りが便利。
コスプレイヤーなんかには特に多いですね。また、形だけでなく、ウィッグにあわせて色を変えたい人も全剃りの方が便利です。

プロのメイクについて

顔のパートの中でも、相手に印象を与える事で重要なまゆげは、自分で手入れやメイクをするのが一般的ですが、「いつも、まゆげは自分でメイクしているけど、なぜか上手くいかない」という方は、プロに任せてみるという方法もオススメです。
プロのメイクアップアーティストに、まゆげのカットからメイクまでを総合的にやってもらうのですが、最近では、まゆげメイクの需要も上がって来ている為、美容院などで追加メニューとして表示されている事も多いようです。
プロのまゆげメイクの料金は1500円?3000円ほどですが、一般的な美容院で受ける場合には、2000円という中間的な料金が多いと言われています。
プロのまゆげメイクを受ける事で、自分のまゆげの特徴や、カットやメイクのポイントを教えてもらう事が出来ますし、最初に好きなまゆげの形を選んでからカットを行うため、失敗がないというメリットもあります。
まゆげは人によって、所々にムラがあったり、剃り込み過ぎてまゆげが足りていない場合がありますから、もしまゆげのメイクや手入れに慣れていない場合には、クラスを受けるつもりで1度、プロのまゆげメイクを受けてみるのも良いでしょう。

サロンで整えてもらう

どうしても眉毛をととのえるのが苦手、という人は、サロンで眉毛を整えてもらうという方法があります。
ただし、サロンならばどこででもやってもらえるというわけではありません。
眉毛を整えてもらえるサロンを探してみると良いですね。

理容師さんなら法的には可能

基本的には、刃物で毛を剃る・切るのには、特別な資格が必要です。
脱毛サロンに行ったことがある人なら知っているかもしれませんが、刃が直接肌に当たるような行為は医療行為になってしまうので、「ご自身でお願いします」と言われるのです。

ですが、理容師さんなら、眉毛を整えるのもOK。
美容師さんもハサミで整えることはできますが、カミソリは使えません。
ただし、メイクアップの際には特例(判例)で美容師さんやメイクアップアーティストでも可。
眉毛カット単品ではダメということですね。

どこでやってもらえるの?

眉毛カットをサロンでやってもらうなら、メニューに眉毛カットの入っているところか、シェービングがメニューにあるところがベスト。
また、ヘアカットだけでなく、メイクまでを請け負ってくれるサロンを探せば、だいたい眉毛カットをしてもらえます。

お手入れグッズについて

眉毛をお手入れするグッズは?

眉毛をきちんとお手入れするためには、ある程度の道具が必要です。
まずは基本の道具をそろえましょう。

◆余分な毛を抜く・剃る

・毛抜き
・I字カミソリ
・眉毛用シェーバー
・高周波脱毛器
・眉毛用フラッシュ脱毛器
などがありますね。

自分の使いやすいもので大丈夫です。
ちなみに私はカミソリを使用。
眉毛用なので使いやすいです。

◆カットする

まずは
・眉毛用コーム
が必要です。

実際にカットするのは、
・眉毛用ハサミ
・眉毛用シェーバー
が主流ですね。

コームとハサミが一体化しているものもありますから、不器用さんはコーム付きハサミが使いやすいかもしれません。

眉毛用のハサミは、100円ショップでも買えます。

◆ブローする

・眉用ブラシ

ブローは必須ではありませんが、濃い人や生え癖の強い人はぜひ用意しましょう。
コームとブラシがセットになっているものがあるのでおすすめです。

あとは、テンプレートなんかがあっても良いかもしれませんが、私は使いません。
顔が小さいのでサイズが合わないんですよね…

基本のグッズは、全部100円ショップで揃いますから、すぐにでもお手入れが始められますよ。
自分の使いやすいグッズに出会えると良いですね。

美容液の使用

髪の毛の傷みと異なり、まゆげが傷んでいるというのは、日常生活では感じづらい物ですが、強い日差しや、過剰なまゆげの手入れ、メイクなどによって、まゆげは、日々傷んでいます。
もちろん、メイクや手入れなども程々にしていれば、自然と強くてツヤの良いまゆげが生えてきますが、「最近、まゆげが生えるのが遅くなった」「手入れのしすぎで、まゆげの一部分が生えてこない」などのトラブルがある場合には、まゆげの美容液を使うのも良いでしょう。
まゆげの美容液は、まゆげの育毛剤と言われる事もあり、化粧品メーカーなどで幅広く販売されています。
もちろん、「育毛剤と言えば、髪の育毛剤で代用出来るのでは?」と考える方も居るのですが、毛という部分は同じでも、髪の毛の生えている頭皮と、まゆげの生えている顔は、皮膚の質が大きく異なります。
その為、髪の毛に使っている育毛剤や、美容剤をまゆげに使うと、まゆげ自体は大丈夫でも、まゆげに近い肌にトラブルが出る事があるので、注意が必要です。
ちなみに、まゆげの美容液にもいくつか種類があるので、ネットなどで人気商品を調べてから購入するのも良いでしょう。

まゆげの脱色

髪の毛を茶色く染めると、どうしてもまゆげの黒色が目立ってしまいますね。
そこで、まゆげも髪と同じか、それよりもう少し暗いくらいに脱色したり染めたりするのがおすすめです。
昔わりと流行っていたのは、オキシドール(消毒液)を使う方法。
オキシドールは、過酸化水素水を極々薄くしたもので、特別肌に害はありません。
加熱すると早く脱色できますが、どうしても傷みますね。
そこで、髪や他の場所の染色・脱色薬剤を使って、眉毛の色を抜くという方法もかなり流行っています。
それなりにやっている人の数が多いですから、特別問題はないのだと思われますが、専用ではないので薬剤の量も多くもったいないし、肌が荒れたりしても文句の言いようはありませんね。
第一、やっぱりちょっと恐いです。
そこで、眉毛用の染色・脱色薬剤も販売されるようになりました。
ジョレンのクリームブリーチが特に注目を集めていて、クチコミ評価も高いですね。
これなら安心です。
あまり地毛が濃くないのならば、脱色せずに眉毛用のマスカラで一時的に染める方法もあります。
こちらはメイク落としで簡単に落ちるので、さらにお手軽ですね。
髪を染めたら、まゆげも染めて一段上のおしゃれを楽しみましょう。

染める時について

眉毛の色ってどうしてる?

髪の色を明るく染めると、眉毛の真っ黒い色が浮いてしまって、非常に残念な感じになる人がいますね。
そういう人には、眉毛の色も変えることをおすすめします。

眉毛の色を変えるには、いくつか方法があります。
・眉毛を染める
・眉毛を脱色する
・眉毛用のマスカラを使用する
・眉毛を短くカットして化粧で明るく見せる
などですね。
厳密には3つめは眉毛の色は変えていませんが。

眉毛の色を染めたり脱いたりするには?

眉毛の染色・脱色は、自分でするのにはいくらかリスクがあります。
というのも、眉毛を染めたり脱色したりするような専用の商品はほとんどないからです。

ですから、もっともおすすめなのは専門のサロンに通うことですね。
肌にやさしい染色剤を使用してくれます。

どうしても自分で、ということであれば、
・髪用の染色剤
・ムダ毛用の脱色剤
・オキシドールやビールなどで脱色
ということになります。

これらには相応のリスクがあります。
特に、髪用の染色剤はけっこうキツイですから、肌が荒れることも十分ありえます。

目に入れば失明の恐れもあるし、色ムラができて汚くなってしまう可能性もあります。
誰も同情してくれませんからね、慎重に。

スポンサーリンク