スポンサーリンク

ドラッグストアで、薬を買えなかった経験はありますか。
深夜営業しており、やっと見つけたお店だったのに。
緊急時に買えるからこそドラッグストアは存在意義があります。
とはいえ薬剤師は夜中までいるのでしょうか。
ドラッグストアでも薬剤師がいないと、本当は薬を売れません。

薬には区分がある

薬にはいくつかの区分があります。
大きくは医療用医薬品一般用医薬品です。
前者は医師の処方箋がなければ入手できません。
後者は、薬局で購入できる市販薬もしくは大衆薬です。
また一般用医薬品は、その危険度に応じて3つに分かれます。

第3類は、ビタミン剤や整腸剤などです。
第2類は、長く売られ続けている風邪薬などです。
第1類は、最近医療用医薬品から転用された使用上の注意が不可欠な薬です。

なお第1類の薬を買うためには、薬剤師による説明が必要です。
一方でサプリメントや健康食品は、どれにも該当しません。
区分上は、あくまでも食品です。

昔ながらの薬局には薬剤師がいた

昔ながらの薬局は、店主が薬剤師である場合がほとんどでした。
そのため医師からの処方箋を持参すれば、薬の調合をしてくれました。
とはいえ日本の慣習では、薬は医療機関で調合する!
最近になって、ようやく医薬分業
薬は調剤薬局で買うようなシステムに変わってきました。
そこにドラッグストアという形態が参入してきました。
もちろん調剤を請け負うドラッグストアもありますが、
雑貨屋さんのような雰囲気を持つ場合も少なくないですね。

スポンサーリンク

ドラッグストアとは何か

そもそもドラッグストアとは何でしょうか。
日本語に直せば薬屋さんですね。
しかしドラッグストアに関する明確な定義はありません。
それは日本チェーンドラッグストア協会も認めています。
同協会によれば、「健康で美しく、
しかも日々の生活に欠かせないさまざまな商品を置いている

このようなお店であると考えています。
ならば必ずしも薬を売る必要はない?
薬剤師を雇う必然性もないのかもしれません。
さすがに煙草は売れないでしょうが、お酒は売っている?
薬を売るスペースは、意外に少ないような気もします。

登録販売者も薬を売れます

薬剤師は、大学で6年間専門的な教育を受け、国家試験を受けます。
であれば、必然的に数は限られてくるでしょう。
昨今急速に増えているドラッグストアに対応できるのか。
実際に薬剤師不足を嘆くドラッグストアが多いですね。
中には青田買いもあり、資格取得まで面倒を見るケースもあるとか。
そんな状況を鑑みて、薬を販売するための資格が変わりました。
それは登録販売者です。
新しい薬事法の改正によって、受験資格が不問となりました。
つまり一定の知識があれば、誰でも受験できます。
そして登録販売者であれば、上記の第2類の薬を販売できます。
規制緩和は嬉しいですが、安全性は大丈夫なのでしょうか。

それでも第1類が売れない理由は何か

資格制度を変えてまでドラッグストアを支援している?
しかしそれでも第1類を売れない理由は何があるのでしょうか。
ひとつには薬剤師側の圧力?
つまり薬剤師の存在意義がなくなってしまいそうです。
とはいえ冷静に分析すると、すなわち金額的には、
大衆薬全体の市場規模は6000億円ほどですが、
第1類医薬品は300億円、5%を占めるにすぎません。
だったら無理して第1類を売る必要もないかもしれません。

こちらもそもそも論ですが、第1類を作る必要もなかったかも。

誰のための規制か

一見規制緩和しているようですが、消費者の役に立っているか。
誰のための規制緩和なのでしょうか。
もちろんビジネスサイドのためですね。経済活性化です。
とはいえせっかくドラッグストアを見つけたのに、
薬を売ってくれない?

そんな切ないことだけは、止めてもらいたいものです。
だったら深夜にお店を開けないでもらいたいですね。

スポンサーリンク