スポンサーリンク

7月13日、日産セレナの新型が発表されました。今回の発表は単にセレナの新型というだけではありません。「ProPILOT(プロパイロット)」という技術が搭載されているのですが、そちらはまさに「自動運転」と言っても差支えない程の技術が詰められているのです。

まさに自動運転の「はじめの一歩」

「ProPILOT(プロパイロット)」は、まだまだ高速道路の単一車線のみでの運用ではありますが、高速道路における渋滞時、そして長時間の巡航という、いわば「高速道路の二大負担」を軽減してくれる装置です。
30km/hから100km/hまでのドライバーが設定した速度で走行出来るのは既にクルーズコントロールでもあるのですが、先行車との距離を保つべく、アクセルとブレーキを自動でコントロールしてくれるのです。
さらには停止保持まで行えますし、直線やコーナー等で常に車線中央付近を維持すべくステアリング制御まで行ってくれるのです。
これらはまさに「自動運転」と言っても良いでしょう。もちろんドライバーがしっかりとハンドルを握っておくのは当然ですが、この機能が進化していく先に見えるのは言うまでもなく自動運転です。

停止「保持」が鍵

実はこの機能、停止保持以外に関してはスカイラインやフーガ等で既に搭載されています。
ですが「ProPILOT(プロパイロット)」は停止「保持」が搭載されているのです。従来の自動停止はブレーキで減速させるもので、最終的な停止や、あるいは停止状態を維持するためにはドライバーがブレーキを踏み続けなければなりませんでした。
それに対し、停止保持はそれらもすべて自動で行えるのです。日産も「高速道路で遭遇するケースはすべて網羅している」と豪語しているだけあり、車線、車両、人間。これらすべてを認知するモジュールを搭載しているのです。

スポンサーリンク

アピールになるのか

果たして「ProPILOT(プロパイロット)」のおかげで新型のセレナがどれだけ売り上げを伸ばすのか。
自動車業界としても注目ではありますが、そもそもセレナは人気モデル。5ナンバーサイズのミニバンとしては長年王者に君臨していただけに、セレナがある程度売れるのは当然です。
決して「ProPILOT(プロパイロット)」だけのおかげという訳ではありませんが、セレナという人気モデルに搭載した事で、自動運転がより身近な物になるという考え方も出来ます。
自動車業界にとって、自動運転はいわば命題のようなものですが、今後どのように進んでいくのか。
その点を占う意味でもセレナの販売台数は今後の自動車業界に大きな影響を与える事になるかもしれません。

スポンサーリンク