スポンサーリンク

効果とは

「BBクリーム」本当に効果はあるの?

爆発的人気となった「BBクリーム」。
たくさんの「BBクリーム」が販売されるようになりましたが、その効果って本物なのでしょうか。
答えは、Yes。
たくさんの商品が出ているので、すべてのBBクリームが一様に効果を発揮してくれるわけではありませんが、かなりの効果を実感している人が多いです。

どんな効果があるの?

多くの人が感じている効果は、
・カバー力が高い
・崩れにくい
・肌が軽い
・保湿力が高い
ということ 。
カバー力は多少弱いものもあるし、テカリが気になったりすることもあるので、ファンデーション不要とはいえませんが、仕上げにフェイスパウダーを使うだけとか、気になる部分にだけパウダーファンデを重ねづけるなどをすれば、それだけで十分基本のベースメイクは完了。
これは簡単です 。
また、ファンデーションよりも持ちが良く、夜になっても崩れないのもほとんどのBBクリームで実感できる効果の一つ。
夜までつけていても軽いので、「落としたいぃ?!!」なんてこともありません 。
むしろ肌に潤いを与えてくれるので、ずーっと楽 。
一方、日焼け止め効果については不安に感じている人も多いところ。
日常ならOK、というところですね 。

シミへの効果

BBクリームはシミに効果大!

まだまだ大人気のBBクリーム。
手軽なのにスキンケアとしてもリキッドファンデの代わりとしてもとっても効果が高いから、忙しい毎日に重宝しますね。
そもそもBBクリームは、皮膚治療後にはやくきれいに治るようにと作られたクリーム。
だから、肌を早く再生させる力を持っています。
シミは、肌に蓄積してしまった「メラニン」が原因。
うまくターンオーバーしているお肌なら、シミになる前にメラニンごと古い細胞を取り去ってくれるものだけれど、それがうまくいかずに溜まってしまったから出てきてしまうものです。
BBクリームには、早く肌を再生しようとする力がありますから、毎日使っていれば自然に肌のターンオーバーは正常化されてきます。
もちろん、すでに濃くはっきり出来てしまっているシミが、ひと塗りで急に消えたりするようなことはありません。
けれど、細胞がきちんと活性化してくれればシミも少しずつ薄くなっていきますからね。
BBクリームは、シミ予防にも効果的。
さらに、シミを上手に隠してくれる効果も期待できます。
治療あとに使用するために作られたBBクリームだからこその効果を実感してみてくださいね。

スポンサーリンク

シワへの効果

BBクリームはシワに効果大!

BBクリームは、シワにも効果があります。
そもそも、BBクリームは皮膚治療のあとに塗り、はやくきれいに治すためにつくられたクリーム。
肌の再生を促す効果を持っているのです。
シワは、肌の水分が失われ、ハリが保てなくなってしまったことによりできる皮膚の溝です。
年齢を重ねた肌に出やすいのは、細胞が老化して、うまく生まれ変われなくなってしまうから。
つまり、細胞を活性化させて新しい細胞を作らせることができれば良いわけです。
BBクリームは、細胞を活性化させ、肌のターンオーバーを助ける働きを持っています。
つまり、シワにも効果が期待できるということ。
加えて、近年販売されているBBクリームの中には、より効果的にシワを改善することができるよう、「アルジルリン」や「シンエイク」といった、シワの原因として知られる伝達物質に直接働きかけるような成分が入っているものもあります。
保湿効果も高く、紫外線をカットしてくれるものも多いので、BBクリーム1本でシワ対策が可能。
ファンデーションとしても、薄く自然な感じに仕上がりますから、シワは目立ちにくく、メイクも簡単ですよ。

くすみへの効果

BBクリームはくすみに効果大!

大人気のBBクリーム。
使い続けていると、肌のくすみが消えてきたなと感じる人も多いはずです。
くすみの原因って、実はいろいろあります。
紫外線による肌硬化だったり、肌に汚れがたまっていたり、血行不良で乾燥していたり、ターンオーバーがうまくいかずに古い角質がたまってしまっていたり……このうち、肌の汚れとひどい血行不良以外を原因とする肌のくすみには、BBクリームがとっても効果的。
BBクリームは、肌のターンオーバーを促して、肌を早く再生することを目的にしたクリーム。
だから、特に老化で余分な角質がたまってしまっている人には、BBクリームが高い効果を発揮するのです。
さらに、ほとんどのBBクリームには紫外線を防止する成分も含まれています。
さっと塗れるBBクリームだから、時間のない時でもきちんと紫外線カット。
ダメージを受けた肌は新しい肌へと生まれ変わらせながら、新しい細胞へは紫外線を当てないようにできるのです。
血行不良が原因の場合でも、保湿・保水力の高いBBクリームなら、一定の効果は期待できます。
もちろん、根本的な体質改善も必要だけれど、乾燥がずいぶんとやわらぎますよ。

ニキビをケア

BBクリームは傷の修復という意味のものなのですが、それは皮膚を健康な状態に戻してくれるという意味合いも含まれていますので、その点ではニキビにも効果があるのです。
ニキビというのは、思春期であればホルモンバランスの影響などでも出来てしまうものですが、いわゆる「大人ニキビ」は肌の不衛生が原因だったりします。
また、ニキビは出来てしまっても大きな問題ですが、それだけではなく、ニキビの処理を間違えてしまいますとニキビの痕というのは残ってしまったりします 。
それがシミなどに発展してしまいますので、多くの女性にとってニキビというのはとてもデリケートな問題でもあるのですが、そんなニキビの予防からケアまでをもカバーしてくれるのがBBクリームの特徴でもあるのです 。
そのため、BBクリームはニキビで悩んでいる人からの注目度も高いものになっているのです 。

実際ニキビというのはとても切実な問題です 。
そんな問題をケアしてくれる化粧品というのは重宝されるものですが、韓国での大流行が、信頼感を増幅させてくれていますので、今では日本の女性の中でもBBクリームに頼っている、BBクリームでニキビをケアしているという人がとても増えているのも、それは納得な話でもあります 。

UVカット効果

BBクリームのUVカット効果は?

現在日本で販売されているBBクリームのほとんどは、UVカット成分が含まれています。
紫外線はお肌の大敵ですから、家にいる時でもUV対策に余念のない人も増えているほど。
美容には欠かせないものなんです。
もともとのBBクリームは、肌の再生を促しつつ、皮膚の治療痕を隠すことを目的として作られたクリームだったので、あまりUVカットの概念はありませんでした。
しかし、美容のために使用されるようになって、どの商品にも紫外線対策が施されるようになったのです。
BBクリームのUVカットは、SPF30PA++程度が一般的。
高いものになると、たとえば「エステメド」や「MISSHA」なんかから、SPF40?50、PA++?PA+++の商品もあります。
数値が高い方が、当然UVカット効果が高くなるのですが、一般的には肌に負担がかかり、乾燥しやすくなるといわれているので、どの程度が良いのかを見極めることが重要です。
ちなみに、SPF30もあれば、日常生活では十分。
軽いレジャーなら、SPF30でも大丈夫なくらいです。
落ちやすさなどもありますから、「この数値なら絶対」というものはありませんが、いろいろ使って合ったものを選びましょう。

BBクリームで保湿完了?

これから冬にかけて、肌は乾燥の季節に突入しますね。
乾燥が気になる季節になると、いつもの基礎化粧品じゃ物足りなくなってクリームをプラスしてみたりする人も多いですが、朝クリームを使ってしまうと化粧がよれたりてかりやすくなってしまうこともあるので難しいものです。
だったら、朝はクリームをやめて、保湿力の高いBBクリームを使ってみてはいかがでしょう。

BBクリーム1本で保湿までOK?

BBクリームは、基本的には化粧水で肌を整えたら、あとはBBクリームだけで薄化粧まで完了。
それじゃ保湿不十分になっちゃうんじゃないかと不安になる気持ちはわかるけれど、保湿に重点を置いたBBクリームなら、案外しっかり保湿が持続します。

保湿力の高さでBBクリームを選ぶのなら、韓国のものよりも日本のものの方がおすすめ。
コラーゲンやヒアルロン酸、セラミド、コエンザイムQ10などの保湿&肌弾力をアップしてくれる成分をたくさん配合しているものが特に良いですね。

BBクリームを保湿力の高いものにしておくと、普通のクリームを塗るよりも化粧もちもアップ。
プレストパウダーなどを併用すれば、部分てかりもしっかり抑えることができます。

スポンサーリンク