スポンサーリンク

ヒアルロン酸効果

『ヒアルロン酸』ってよく耳にすることば。
女性なら、化粧品なんかの印象が強いかもしれませんが、ヒアルロン酸の効果は美容だけではありません。
そもそもヒアルロン酸は、体内にあるゼリー状の物質で、水分をたくさん蓄えることができます。
その保水性を利用しているのが、ヒアルロン酸配合の化粧品ですね。

そして、水分をたっぷり含んだヒアルロン酸は弾力性にも富みます。
この弾力性を利用して、関節などの痛み緩和にも使用されているのです。
さらに、ヒアルロン酸はもともと身体の中にある天然物質。
細胞の働きを安定させたり、血清中の脂質を調節したり、感染を予防したりと、身体をすこやかに保つ効果もあります。
このことから、動脈硬化や心筋梗塞を予防したり、なんとガン細胞の成長を抑制する働きも。
まさに万能薬のような存在ですね。

ヒアルロン酸の主な効果

1.保水性を利用した肌のアンチエイジング
2.弾力性を利用した関節痛の緩和
3.細胞や血液など身体の調整&病気の予防
安全性にも優れ、美容にも健康にも効果があるヒアルロン酸。
上記以外でも、白内障手術に利用されたりドライアイの予防に使用されたりと、その効果の範囲は広がっているのです。

ヒアルロン酸の効果は?

ヒアルロン酸は、体のいたるところにあります。
皮膚、関節、目、血管、子宮、卵巣、胎盤など、ヒアルロン酸を必要としているところはとても多いのです。
つまり、ヒアルロン酸の効果もそれだけたくさん期待できるということ。
美容だけではないということですね。

皮膚の保湿・ハリUP

皮膚に水分を蓄えることで、肌の保湿、ハリアップ、シワ減少、などの効果が期待できます。
関節の痛み緩和・防止
関節の潤滑剤となり、痛みを軽減したり予防したりします。

血管の健康維持・高血圧防止

血管をしなやかにし、高血圧やその他循環器系の病気を予防します。

アンチエイジング(活性酸素除去)

体内の活性酸素を除去し、細胞を若く保ちます。

目の健康維持増進

目に水分を蓄え、ドライアイなどの眼病を予防します。
点眼薬にもヒアルロン酸が使用されている場合があります。

不妊治療・母体健康

子宮や卵巣にもヒアルロン酸が多く必要となるため、妊娠しやすい体づくりにも効果が期待できます。
また、胎盤にもヒアルロン酸が必要なので、妊娠中の母体や、胎盤から栄養をもらう胎児にも良いと考えられます。
ただし、副作用もありますから、摂り過ぎないよう注意が必要です。

スポンサーリンク

ヒアルロン酸で美容

ヒアルロン酸を美容に役立てるのは、手軽で高い効果を期待できる良い手です。
美容というと、ついついお肌や化粧品のことを考えがちですが、実は細胞そのものを若く保つアンチエイジングもとても大事。
そして、それらすべてに効果を期待できるのが、ヒアルロン酸なのです。

化粧品で外から美容

毎日たっぷり使えるヒアルロン酸美容といえば、化粧品。
化粧水や美容液など、近年ではヒアルロン酸を配合したものがたくさんあります。
肌に浸透するかどうかは、合う合わないもあれば、分子量にもよりますが、ハンドパックや美容液マスクなどを使ってしっかり肌に叩き込みましょう。

サプリで内から美容

各種サプリメントを上手に取り入れれば、身体の内側から美容効果が期待できます。
肌だけでなく、血管や目にも効果があり、キラキラの若い目を維持したり、細胞を若く保ったりすることができます。
過剰摂取は臓器に負担をかけるので、毎日適量の摂取が◎

プチ整形でも

ほかに、プチ整形でもヒアルロン酸が用いられます。
ちょっとシワをとりたいとか、目の下のたるみを改善したいなんて場合に、直接注入します。
ボツリヌスなどの注入よりは安全で、美容外科術としても注目を浴びています。

ヒアルロン酸注入でシワやたるみを解消

ヒアルロン酸は、経口摂取することもあれば、外からつけることもありますが、さらには注射器で注入することもあります。
ヒアルロン酸の注入は、シワやたるみを解消するプチ整形、胸を大きくする豊胸手術、関節痛をやわらげる潤滑剤などの目的で行われます。

プチ整形

特に顔のシワやたるみをとるために、ヒアルロン酸を注入する人は多いです。
コストも比較的安く済む上、即効性もあり、数分で終了するというお手軽さも人気です。
以前人気のあったボツリヌス注入に比べると、安全性が高く副作用が少ないことも挙げられます。
もちろん、失敗例もたくさんあるのでそう簡単にはすすめられませんが、プチ整形としては良い方法だといえるでしょう。

豊胸手術

こちらもバッグを入れたりしないため、安全性が高く、メスを入れず日帰り手術で済むことから人気があります。

関節注入

関節の潤滑剤として注入し、関節痛をやわらげることもあります。

いずれも、医療行為ですから、医師にしか行うことはできません。
もちろん副作用や施術の失敗はありますから、本当に信頼出来る医師とよく相談をすることが大切です。
また、時間をかけて体内に吸収されていくものですから、永続するものではないと理解しましょう。

ヒアルロン酸で美肌ケア

ヒアルロン酸は、高い保水力があり、たくさんの水分を蓄えておくことができます。
美肌に欠かせないのは、肌の水分量。
肌の水分量が減少すると、ハリがなく、シワができやすく、乾燥により肌のバリア機能も低下。
ニキビができやすくなったり、毛穴が目立ったりするようにもなります。

ヒアルロン酸は、肌に水分を留めてくれるため、これらの予防・緩和の効果が期待できます。

飲んで美肌ケア

ヒアルロン酸は、体の中から増やすことができます。そのため、ドリンクや粉末、タブレットなど、各種「飲むヒアルロン酸」が販売されています。
飲んだだけ肌にヒアルロン酸が増えるわけではありませんが、一定の効果が期待できるといえるでしょう。

化粧水で美肌ケア

化粧水や美容液など、肌の外側からヒアルロン酸を補うこともできます。ただ、すべてのヒアルロン酸入り化粧品が、必ずしも美肌ケアに効果があるとは限りません。
ヒアルロン酸入りの化粧品はたくさんありますが、肌に合わなければ肌の中まで浸透せず、肌に取り入れられません。
低分子ヒアルロン酸でなければならないとの研究結果もあり、自分の肌に合うものを探すことが重要です。

ヒアルロン酸お肌

ヒアルロン酸といえば、やはり化粧品。
美しい肌づくりの定番として、ずいぶん定着してきましたね。
ヒアルロン酸が化粧品に配合されるようになった最大の理由は、その保湿力。
なんと1gで約6000mlもの水分を保持することができるヒアルロン酸は、肌に水分を蓄え、みずみずしい肌を保つ効果があります。
6000mlといえば、コップ30杯分。
お肌の水分が減少すると、ハリがなくなってたるみ、シワができやすくなりますから、美肌づくりに利用されるのもうなずけます。
ヒアルロン酸は体内にもともとあるもので、皮膚の「真皮」に存在しています。
皮膚はいちばん外側の「表皮」、その下側の「真皮」、さらにその下の「脂肪層」の3層からなっていて、ヒアルロン酸のある「真皮」が皮膚の弾力と強さを決定するので、ここに保水性と弾力性を持つヒアルロン酸が多い方が良いということですね。
化粧品の話から入りましたが、コラーゲンを真皮に補う方法は、なにも化粧品だけではありません。
コラーゲンを積極的に摂取することもできます。
さらに、美容外科ではヒアルロン酸を注射するなんて方法も。
なんにせよ、お肌の健康には真皮の水分確保が大切です。
ヒアルロン酸を活用したいですね。

ヒアルロン酸で髪の毛をケア

ヒアルロン酸は、髪の毛にも効果があります。
「ヒアルロン酸で髪の毛をケア」という発想は、わりと最近の流れですが、実はもっと昔から髪の毛に良いことは知られていました。
たとえば、髪には海藻が良いといいますね。
実は海藻には、ヒアルロン酸が豊富に含まれています。
特にぬめりのある海藻にはヒアルロン酸が多く含まれていることが明らかになっているのです。
昔から良いと言われていたものが、科学的に説明されたと言って良いでしょう。

ヒアルロン酸を食べるのももちろん髪に良いですが、シャンプーやトリートメント、整髪料など、髪に直接つけるケア製品を、ヒアルロン酸入りのものにしてみるのも、髪のケアに効果的。

有名どころでいえば、ラックスがヒアルロン酸美容液配合のスタイリングウォーターを販売していたりしますが、実は他にもたくさんのメーカーがヘアケア商品にヒアルロン酸を取り入れ始めています。
ヒアルロン酸を髪のケアに取り入れると、髪自体に潤いが増え、ふんわりしっとりします。加えて、地肌の水分も増やし、かゆみやフケなどの頭皮トラブルも抑えてくれ、育毛にも効果が期待できます。今後注目ですね。

ヒアルロン酸の保水力

ヒアルロン酸は、保水力の高さが魅力です。
高い保水力があるからこそ、美容成分として注目されているんですよ。

どのくらいの保水力があるの?

ヒアルロン酸は、粉末1gで約6リットルもの水を保持することができるといわれています。
6リットルといえば、水のペットボトル3本分。
すごい保水力ですね。

肌での役割は?

ヒアルロン酸の保水力は、肌では保湿だけでなく、弾力を保つために必要です。
逆にいえば、ヒアルロン酸が少なければ、肌は水分を保持できず、シワができやすくなります。

美容におけるヒアルロン酸

化粧水などに含まれるヒアルロン酸は、通常の状態であるヒアルロン酸とは少し異なります。
もともと、ヒアルロン酸はとっても大きな高分子の物質。
水と仲良しでたくさんの水分を保持できるかわりに、肌からの吸収はよくありません。
そのため、効率よく吸収されるように、低分子化されたヒアルロン酸が用いられていることが多くあります。
この低分子化ヒアルロン酸は、本来のヒアルロン酸ほどの保水力はないのですが、肌の上で遊んでいても意味がありませんからね。
保水力は劣りますが、肌にもっとも効率の良いところを探しているということです。

ヒアルロン酸で豊胸術

ヒアルロン酸は、体内にあるものであるため、しばしば直接注入されます。
注入される目的はさまざまですが、利用される場面のひとつに、豊胸手術があります。
ヒアルロン酸を用いた豊胸手術は、バッグを使ったりしないため、安全性が高いといわれますが、反面、持続期間は1?3年程度と短くなります。
人によっては吸収が早く、1ヶ月程度でなくなってしまうことすらあります。

ただ、注入されたヒアルロン酸は、時間をかけて体内に吸収されるということは、炎症を起こしたりしない、限りなく無害に近いということ。
絶対に無害とはいえませんが、他の豊胸手術に比べると、非常に安全性が高いといえます。

ヒアルロン酸豊胸手術は日帰りOK?

ヒアルロン酸注入による豊胸手術は、入院の必要がありません。注射器で注入するだけなので、メスをいれることもなく、すぐに終了するからです。
そのため、大幅にスケジュールの調整をすることもなく、他の人に知られることもありません。

副作用は?

もちろん、ないとはいえません。
注射器を使うわけですから、針の刺し方で腫れることもありますし、ヒアルロン酸が中でかたくなってしまうケースもあります。
信用できる医師を選びましょう。

ヒアルロン酸で病気予防

近年の研究の中で、ヒアルロン酸がさまざまな病気の予防に効果を持つことがわかってきました。
そもそもヒアルロン酸は、人の体内で細胞の水分調整をしたり、老廃物を排出したり、血液中の脂質量を減らしたりと、いたる所で調整をしてくれている重要な糖。
ヒアルロン酸が不足すれば、体内のさまざまな機能が低下してしまうのは必然です。
ヒアルロン酸を補うことによって予防される病気はたくさんあります。

血液・血管系では、動脈硬化・心筋梗塞や貧血などの予防に効果がありますね。
ヒアルロン酸は、血液中の脂質を減らし、骨髄が赤血球を作る手助けをし、血管自体にも弾力性を与えてくれるのです。

関節痛や骨粗しょう症にも効果があります。
ヒアルロン酸そのものが関節液や軟骨に含まれるほか、骨の形成に必要なカルシウムの吸収を助ける働きを担っています。

ドライアイや白内障など、目の病気予防や治療・手術にも使用されます。
点眼薬や目の洗浄液にも含まれているので、補いやすいですね。

近年の研究では、ガンの予防にも効果があることがわかっています。
細胞や血液を正常に保つ働きがあって、ガン細胞が成長するのを抑えてくれるのです。

ヒアルロン酸は目にも良い

ヒアルロン酸が、点眼薬にも使用されていることをご存知でしょうか。
実はヒアルロン酸は、目にも良いのです。

子どもの目って、キラキラしているなと感じたことはありませんか?
それは、子どもが精神的にキラキラしているから輝いてみえるというだけでなく、本当に目の水分量が多いのです。
実際、加齢と共に目の潤いは減少し、眼病も増加してくる傾向にあります。

目の中で、ヒアルロン酸を豊富に持っているのは、「硝子体(しょうしたい)」という部分です。
硝子体とは、眼球の大部分を占める透明なゲル状の部分で、目の玉の中身だと考えれば良いでしょう。

硝子体は弾力があり、外からの圧力や刺激を吸収して、眼球の形を維持し、守っています。
この部分に弾力を与えているもののひとつが、ヒアルロン酸の持つ保水力。
ヒアルロン酸が減少すれば、眼球は形を保つこともできず、飛蚊症や網膜剥離といった眼病も起こりやすくなります。

また、近年ではドライアイにもこの硝子体の水分量が関係していると知られていて、治療にヒアルロン酸が使用されています。
目の健康にも、美しくキラキラした目を保つためにも、ヒアルロン酸は重要なのですね。

ヒアルロン酸の働き

私たちの身体にあり、美容成分としても注目されている「ヒアルロン酸」。
なんとなく美容に良いイメージのヒアルロン酸ですが、どのような働きがあるのでしょうか。

水分をたくわえる

人の身体には、たくさんの水分があると言われていますね。
臓器の中はもちろんですが、皮膚や軟骨、目など、ちょっとプニプニしている部分の水分は、ヒアルロン酸が大部分の水分を保持しています。

クッションの役割

関節の潤滑液や、軟骨などにもヒアルロン酸が大量に含まれています。
ヒアルロン酸が減少すると、関節痛が起こったりすることもあります。

保護・組織形状の維持

特に、目や脳の話ですが、ヒアルロン酸には男性や粘性があるので、粘膜を保護したり、水分の多い組織の形状を保持したりする役割を果たしています。

美容やアンチエイジングに必要なヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、加齢とともに減少していきます。
老化の現象でよく挙がるものは、突き詰めれば水分不足と潤滑不足。
もちろん、ヒアルロン酸だけを摂取しても効果は低いのですが、ヒアルロン酸はとっても大事な成分であることに間違いありません。
「最近身体が水分不足かな?」と感じたら、ヒアルロン酸に注目してみましょう。

ヒアルロン酸分解

ヒアルロン酸の分解

ヒアルロン酸は、N-アセチルグルコサミンとグルクロン酸の2つの単糖が鎖のように連結した糖鎖です。
糖鎖はとても長く、分子がとても大きくなっています。(=高分子)
分子が大きいので、体内や肌などに吸収されにくく、高い保水力を十分に活用できない問題があります。
そこで、分解してヒアルロン酸をもっと小さな分子(=低分子)にする方法が研究されました。

加水分解で低分子に

ヒアルロン酸の分解は、加水分解が基本です。
化学反応により、疎水基をくっつけることで、長くつながっている分子を切り離します。

もっと小さく

従来のヒアルロン酸の100分の1程度になれば、低分子化されたといわれますが、もっと小さく分解したものを「ナノ化ヒアルロン酸」と呼んでいます。
吸収率が高く、肌の真皮にまで届けることができるようになるほか、経口摂取でも吸収率が高くなるとの報告があります。

分解酵素を利用して治療

プチ整形でも人気の高いヒアルロン酸注射ですが、施術に失敗してヒアルロン酸がしこりのように固まってしまったり、不自然に盛り上がってしまうことがあります。
そのヒアルロン酸注入の失敗も、ヒアルロン酸の分解で解決できます。
用いられるのは、ヒアルロン酸の分解酵素として有名な「ヒアルロニダーゼ」。
ヒアルロニダーゼを注入することで、ヒアルロン酸が分解され、素早く肌に吸収させることができます。

ヒアルロン酸と体の関係

ヒアルロン酸は、肌の保湿やハリに効果があると思っている人がとても多いです。
それも決して間違いではないのですが、実は人の体にとってヒアルロン酸は、もっと重要な役割を果たしているものなのです。

関節や血管のしなやかさに影響

おそらく、皮膚におけるヒアルロン酸の働きの次に知られているのは、関節の潤滑剤の役割でしょう。
関節にはヒアルロン酸をたっぷり含んだ滑液があり、骨が直接触れるのを防いでくれています。
また、血管をしなやかに保つのも、ヒアルロン酸の役割。
高血圧や動脈硬化を防ぐのにも、ヒアルロン酸は重要なのです。

目にもヒアルロン酸

あまり知られていませんが、目にもヒアルロン酸は必要です。
眼球の硝子体には、ヒアルロン酸が多く含まれていて、水分を蓄えています。
ここにヒアルロン酸が不足すると、目の輝きも失われ、ドライアイ等の眼病にもなりやすくなります。
点眼薬でも補うことができるため、ドライアイの治療薬にも用いられています。

ほかにも、子宮や卵巣、胎盤などにもヒアルロン酸は必要。
ヒアルロン酸が減ると、妊娠もしにくい体になるわけです。
過剰摂取はNGですが、適切に補っていくことは人体維持に重要なことです。

スポンサーリンク