スポンサーリンク

下痢止めを飲む

つらい下痢は、下痢止めを飲んで、すぐに治したいものですが、この下痢止めも使い方を間違えると、症状が悪化するケースがあるので注意が必要です。
そもそも、下痢は、体外にたまったウイルスなどの有毒物資を体外に出したり、風邪などでお腹が冷える事が影響して、水っぽい便が出ます。
しかし、食中国など、細菌やウイルス性の下痢に対して、下痢止めを飲むと、体が外に排出させようとしている細菌が体内に残ってしまいますから、症状は改善されません。
また、細菌、ウイルス性の下痢に下痢止め薬を飲むと、腸の中で拒否反応が起きるため、結果的に脱水症状などの症状が出る事もあるのです。
その為、食中毒などの疑いがある場合には、スポーツドリンクなどの水分を沢山とって、早めに病院に行った方が良いでしょう。
ただ、慢性的な下痢の場合には、下痢止めを使う事で、一時的に症状が収まります。
このタイプの下痢も、拒否反応のひとつなのですが、ウイルスよりも、精神的なストレスなどが影響している場合が多く、下痢止めを飲む事で症状が弱くなると言われています。
下痢止めも、原因と症状によって、使い分ける事が大切なのです。

ビオフェルミンSの効果

ビオフェルミンSは下痢に効くか

ビオフェルミン製薬の長く愛されている整腸剤「新ビオフェルミンS」。
薬局でも簡単に手に入ります。

では、下痢の際にはどの程度の効果が見込めるのでしょうか。

ビオフェルミンSは整腸サプリ

実は、「新ビオフェルミンS」は指定医薬部外品。
薬のイメージですが、厳密にはただのサプリメントです。
下痢を無理に止めたり、便秘を劇的に改善させたり、ガスの発生を抑制したりするようなものではないのです。

新ビオフェルミンSは、乳酸菌を中心とした腸を元気にする医薬部外品ですから、腸内環境が悪く、改善を促したい際に効果がきたいできます。
だからこそ、下痢でも便秘でも同じもので良いということですね。

もっとも、特効薬ではありませんから、下痢を即座に止めるような効果はありません。
あくまで、お腹の調子をととのえるものだと理解しましょう。

3種の乳酸菌

新ビオフェルミンSには、3種の乳酸菌が入っています。
ひとつは、よく知られているビフィズス菌。
腸内への定着性に優れた善玉菌です。
ほかに、フェーカリス菌とアシドフィルス菌が入っていて、悪玉菌を抑え、腸内環境を整えてくれます。

乳酸菌にもいろいろありますが、実は、人が経口摂取して、腸に定着させられる乳酸菌はきわめて限られていることがわかっています。
新ビオフェルミンSは、人の腸と相性の良い、ヒト由来の乳酸菌を使用しているため、定着しやすいのも特徴です。

スポンサーリンク

急な下痢に襲われた際のツボ

下痢を抑えるツボはあるのか?
通勤電車内などで急な下痢が襲ってきた際に考えることです。
手の親指と人差し指の間!
合谷(ごうこく)と呼ばれるツボを強く押すと、一時的ですが、下痢が回避されるようです。
その間にトイレを探しましょう!
なおこのツボは吐き気を抑えることもできるとか?
緊急時にそこまで頭が回るか?
日頃から試しておきましょう。

また座るスペースが確保されていれば、膝の上外側にある梁丘(りゅうきゅう)も下痢の緩和?腸の動きを鎮めてくれるようです。
さらに下痢点?
そのままの名称を持つツボもあるようです。
こちらは薬指の根元?
手の甲から刺激すると、下痢の予防にもつながると言われています。

一方で下痢が最近続いている?
そんな状態なら、お臍の両脇にある「こうゆ」をやさしくマッサージしましょう。

もちろんツボは少しずれるだけで効果がなかったり、逆に悪化させるパターンもあるため、始めは専門家の指導に従いましょう。

ちなみに食べ物が原因の下痢ならば薬を飲むのも有効ですが、精神的な要因から生じる下痢?
この場合にもツボは効くのか?
家にいる時など、足の裏をゆっくりと揉み解してあげると、心身両面における疲れを癒してくれるようです。

薬について

下痢が起こってしまった時に、どんな対処法をしていますか。
水分補給、十分な休養、栄養の有る食事、薬の摂取など、人によって下痢の対処法は異なりますが、市販されている下痢止めを使う時には、注意が必要だと言われています。
まず、下痢止めを飲む事で、一時的に下痢が止まり、腹痛も感じなくなる事があるため、効果があるように感じる方も居るのですが、下痢の原因にはいくつかの種類があり、原因によっては下痢止めを使ってはいけないのです。
下痢止めを使っていいか、良くないかの判断は、基本的に下痢の原因が感染性か、それ以外の原因かによって異なります。
下痢止めを使ってはいけないのが、感染性の下痢で、ウィルスや細菌が腸内に留まってしまう分、症状が悪化してしまうのです。
ノロウィルスやロタウィルス、サルモネラなどのウィルスは、食事などから感染する事が多いため、急性の下痢でも、下痢止めを使うのは良くないと言われています。
もちろん、「下痢の原因が分からないけど、吐き気がするほど症状が重い」という場合には、病院に通院するのも大切で、全てを薬で解決しようとしない方が良いでしょう。

点滴には不思議な魔力がある

点滴には不思議な魔力がある?
点滴をしただけで熱が急に下がる?
元気が出る!
多々指摘されます。
もちろん点滴には栄養分があったり薬が含まれているので当然ですが、血液が充実すると健康になる?
血は人間の源!
まさしくそれを実感できるのが、点滴です。

とはいえ点滴を経験した人はそんなに多くない?
できれは点滴を受けないに越したことはありませんが、非常時ならば素直に従いましょう。

例えば下痢が続く場合などです。
下痢で怖いのは脱水症状です。
感染症や食中毒で死亡する理由のほとんどは脱水症状です。
下痢に加えて嘔吐があれば、口からの水分摂取ができないからです。
そこで有用なのが点滴です。
下痢でぐったりしていても点滴で回復する?
点滴恐るべし!です。

なお下痢の緊急事態が過ぎたなら、次は冷静に下痢の原因を調べましょう。
食べ物由来の下痢ならば、予防策を徹底する!
自分に合わない食材?
次からは控えましょう。

何かわからないけど下痢が治まらない?
悩みやストレスはないでしょうか?
こちらは点滴で解消されませんが、人生の天敵?
その除去法、対応策を考えましょう。

ちょっとしたことで体調は変わります。
下痢対策は、心身両面における免疫力を築くことです。

病院に行った方がよい?

下痢は、人によってなりやすい、なりにくい場合が有るようですが、下痢症状に慣れている場合でも、病院に行った方が良い場合の症状は、案外知られていないかもしれません。
一般的に、下痢は、風邪、身体が冷えたなどの身体的原因、ストレスが溜まっているなどの精神的原因、ウィルス感染などの細菌による原因、食中毒などの摂取物による原因が挙げられます。
しかし、その中でも症状が悪化しやすいのが、細菌性の下痢と、摂取物による下痢症状で、これらは一過性の病気で、精神的原因と比べると長く続く事は少ない分、症状が重く出る事があるので注意が必要です。
一般的に、下痢というと、水っぽい便が出る、腹痛があるなどの症状が有りますが、これらの症状が悪化すると、嘔吐や、脱水症状などが起こる事があるので、その場合には、医師に相談した方が良いでしょう。
便を出して、すぐに症状が改善する場合の下痢は、十分な休養と水分を取る事で回復出来ますが、あまりにも症状が重い場合には、出来るだけ早めに通信する事をお勧めします。
下痢は場合によって、通院や入院も必要になる危険な症状だと覚えておきましょう。

お風呂で冷え性の下痢を改善

風邪をひいたらお風呂を控える?
日本人で典型的な考え方のようです。
現在では家屋の形状が変わり湯冷めしづらくなったので、よほどの高熱があったり体力を消耗していなければ、お風呂に入って身体を清潔にした方が、治りは早いようです。

一方で単純な下痢の場合はどうするか?
下痢が漏れる!
ならば落ち着くまでお風呂は我慢すべきでしょうが、お腹が冷えて下痢になる?
比較的温めのお風呂にゆっくり入りましょう。
女性に多い現象ですが、冷え性から下痢体質に!
半身浴などお風呂に入って改善することもできそうです。

男性はシャワーだけで済ます?
しかし湯船に浸かることにより皮膚の汚れが取れやすくなったり血液の巡りを良くする!
そんな効果もあるので、毎日5分程度お湯に身体を沈める習慣を付けましょう。

ちなみに下痢が続いていると肛門周辺が荒れてしまう?
こちらも綺麗にする!
お風呂に入って血行促進!
重要です。

なお乳幼児が下痢をした際はどうなのか?
嘔吐もあれば脱水症状が心配なので、お風呂に入って汗をすると病状が悪化する危険もあります。
様子をみるか、状況に応じて医師の指示を仰ぎましょう。
逆に高齢者は無理しがちです。周りの人が優しく助言をしてあげましょう。

下痢予防には規則正しい生活

下痢を予防したいから水分摂取を控える?
絶対に止めましょう。
下痢をすると猛烈に水分を失います。
そのまま放置すると脱水症状で大変な事態に陥ります。

例えば感染症として怖いコレラですが、実際にコレラ菌が作り出す毒素は強くない?
コレラによる嘔吐と下痢によって水分が排出される!
特に乳幼児や高齢者が死んでしまう大きな要因です。
それほど脱水症状は危険なのです。

ならば下痢を予防するにはどうするか?
腸の状態を整えることでしょう。
乳酸菌系の食品を定期的に摂取することも、下痢の予防につながります。

一方で緊張性の下痢?
過敏性腸症候群などの場合にはストレスを溜めない!
気分が楽になるようリラックスの空間と時間を設ける!
これが下痢予防の第一です。
性格もあるため簡単にはできないでしょうが、性格?
考え方を変えなければ、過敏性腸症候群は改善しません。

もちろん暑いからと言って冷たいものを大量に摂取する?
暴飲暴食を避けることが下痢予防には不可欠でしょう。

近代的生活に慣れた?
それしか知らない若者であっても、身体の仕組みは1万年前と同じです。
すなわち規則正しい生活!
リズムを持って暮らすことが、平凡ではありますが、病気予防の鉄則なのです。

スポンサーリンク