スポンサーリンク

製造業がわかる

YOTAKA160328440I9A9327

製造業に携わる企業や会社にとって製造方法というのはとても大事な部分です。製造業ですから、製造したものを販売する事になります。
つまり、製造方法次第で利益が変動してくるのです。製造するコストを抑える事が出来ればそれだけ利益も大きなものになります。
しかし、製造コストを抑えると安価なものになってしまったりしまいます。その部分でのバランスというのがとても難しいものだったりするのです。
機械が全てを行ってくれるような場合であれば人件費を抑える事が出来ますが、機械のメンテナンスなども必要になってきます。
ですから、どのような製造方法がベストなのか。それはコストの面はもちろ、質も問われてくる問題なのです。
特に製造業というのは品質も問われてきています。品質が伴っていないものであれば、必要とされない。そんなシビアな現実が待ち受けていますので、製造方法を簡略化するのは簡単です。
しかし、その簡略化した商品を満足してくれる人がいるのかという疑問も沸いて来ますので、実はこの部分のバランスというのはとても難しいものになってくるものなのです。
それをしっかりと考える、これも製造業に携わる企業の責務と言えるのではないでしょうか。

マスクがわかる

OZPA_maskshitaisya20140321

ひとくちに「マスク」と言っても、様々なものがありますね。イメージするものは人によって異なることでしょう。
私としては、これからの風邪シーズンに向けて、手作りガーゼマスクを作ってみたいのですが、今回は近年注目の「フォトマスク」の製造工程について少し紹介しましょう。
フォトマスクとは、ガラス乾板とも呼ばれるもので、半導体などに用いられる細かな電子回路の原版です。
版画の板みたいなものをイメージすると良いですね。電子部品にはとても重要な役割を果たしています。
製造には、レジストと呼ばれる感光剤と光が利用されます。
まず、石英ガラスなどの基板となるものの上に、導体である金属と、光に反応する感光剤を塗布したもの(ブランクス)を容易。そこに、レーザービームなどを照射することで、必要な回路を描画していきます。
不要なレジストを取り除き(現像)、レジスト部分と同じように、金属塗布部分も削ります(エッチング)。
さらに、残っていたレジストを剥離、保護膜を貼りつければ出来上がりです。
非常に小さな中に、複雑な回路を組み込むためには欠かせないフォトマスク。
その製造には、もちろん最新の技術が組み込まれていて、まさにナノレベルでの研究の賜物ですね。

スポンサーリンク

紙やすりがわかる

紙やすり(サンドペーパー)は、研磨剤を丈夫な紙に接着したものです。
材料を削って滑らかにする、使い捨ての工具ですね。
紙やすりの製造方法は、まず、台紙となる厚紙や油紙などに、接着剤を塗布します。
台紙となる紙が布である場合にも、「紙やすり」と言われることがありますが、仕組みは同じです。
ちなみにJIS企画では、「研磨紙」「研磨布」「耐水研磨紙」は区別されていますが、ISO企画では「Coatedabrasives」としてまとめられています。
接着剤には、ニカワや合成樹脂が使われます。接着剤は二層に渡り、ニカワの場合にはG/G、合成樹脂の場合にはR/Rと表記されています。
接着剤を介して貼り付けるのは、「砥粒」と呼ばれる研磨剤で、ケイ石、ガーネット、エメリー、溶融アルミナ、炭化ケイ素、ダイヤモンド、などが用いられます。
それぞれに硬さが異なるので、目的に応じて使い分けます。ダイヤモンドほど硬いものは、あまり使う機会がありませんね。
また、木工用は接着剤の中に砥粒がほとんど埋まるように接着されていたり、砥粒を完全に敷き詰めてしまわないようにしていたりと、様々な工夫が施されています。意外と奥が深いですよね。

ステンレスがわかる

ステンレスをどのように作るのか。その製造方法をご紹介していきましょう。
ステンレスは鉄、クロム、ニッケルを主な成分としていますが、これらは国内では産出されないため、ほとんどが輸入に頼ってしまっています。
こうした原料からステンレスは生まれていくのですが、これらの資源というのは輸入、つまりは国際経済事情が大きく左右してきますので、輸入価格で一喜一憂しているという事実があるのです。
それらの成分を溶解します。そして溶解したものを精錬します。
生産性が高いために、この製造方法というのはとても素晴らしいものがあるとされているのです。
精錬した成分を、造塊していくのです。造塊、これはつまり、金型などに流し込んでステンレスの形を作っていくというものです。
ここでおおよそステンレスがどのような形になるのかが決められていくのです。
形が出来ると、今度はそのステンレスを磨いていく事になるのです。この作業でステンレスの美しさが決まってきますから、磨くという行為もまた、とても大事なものになっていくのです。
ですので、ステンレスというのは様々な工程から生み出されるものであって、そうそう簡単に作られるものではない、貴重なものなのです。

塑性加工がわかる

工業の発展というのは非常に目覚しいものがあります。かつてはそれこそ人力で行わなければならなかった事、人力だから不可能だった事などが工業の発達によってそれを可能にしていますので、おかげで様々な製造方法が世の中には存在するのですが、その中でも塑性加工が今、とても大きな注目を集めているのをご存知でしょうか。
塑性加工というのは変形させる方法です。材料や素材に大きな力を加え、目的とする形にしていく、それが塑性加工です。
塑性加工は加工時間が短く、そして素材を切り落としたりという事をしませんので、工業製品の生産などに於いて非常に多様されている方法だったりするのです。
そんな塑性加工には、実は様々な方法があるのです。押し出し加工、圧延加工、引抜加工、プレス加工など、実は様々な方法があるのです。
そのどれもが変形や圧縮という手段によって生み出されるものですので、コストという点でも実はとても優れているものだったりするのです。
そうした点から、塑性加工というのは様々な製造方法に用いられている手法だったりしますので、工業の世界の人の間では特に珍しいものでもなんでもないものだったりするものなのです。それが塑性加工なのです。

アクリル板がわかる

アクリル製品は、ずいぶんと生活の中に増えましたね。プラスチックと同様に、軽くて錆びない上、透明性が高く人体にも無害なことから、身近にも多く使用されています。
さて、アクリル板には「キャスト板」と「押し出し板」があります。「キャスト板」の製造方法は、2枚のガラスを重ねあわせて、その間にアクリルの原料を流しこむキャスト製法です。
硬くて傷が付きにくく、耐熱性も高いのが特徴です。
ただ、接着や穴あけなどの加工には向いていないので、彫刻やレーザー加工に使用されています。
「押し出し板」の製造方法は、溶かしたアクリル樹脂をローラーで押し出す方法。一気にローラーで押し出す製法は、工場でのライン作業に向いていて、キャスト板よりも安いです。
また、キャスト板よりも柔らかく、曲げ加工や穴あけなども可能です。ここではアクリル板だけを取り上げていますが、円筒形や丸棒、ブロックなどを作ることもできます。
円筒形のものを作る場合でも、押し出し製法が可能で、透明度が高いので中に何かを入れてもとても綺麗です。
アクリル板の需要は高まっていて、国内でも研究が進められています。独自アクリル板も開発されていて、今後の利用にも注目です。

ボルトがわかる

ボルト。何気なく見ているボルトですが、その製造方法というのは難しいものです。
かつて我が国にボルト、いわゆるねじが持ち込まれたのは戦国時代と言われていますが、その時にはこの技術を再現するために、工匠が自分の娘を異国の匠に差し出した。
そんな伝承まで残っているほど、ボルトの技術というのは高いものがあるのですが、その製造方法はどのようなものになっているのでしょうか。
まずは素材を切り出し、形成しますが、この作業でねじは概ね完成してしまうものだったりします。というのも、今では機械が全て行ってくれるものだったりしますので、切断から形成の時点で、ほぼボルトの形をして出来上がっていくのです。
その後、タッピングという作業でボルトの形がほぼ完成します。
その後洗浄したり重さを量るなどして基準を満たせば、荷造りをして出荷という流れになるのです。
ですから、ボルトの製造は今ではほとんどが機械で行われ、人間の力が必要な部分というのは検査や荷造りといった部分のみになっているのです。
それだけ今の工場環境が素晴らしいものになっているという事が言えるのですが、昔ながらの伝承を思うと、少々寂しい思いがするかもしれませんね。

アルミ箔がわかる

製造方法が気になるものは意外と多いのではないでしょうか。
日常生活の中で特に意識する事なく使用しているもの、それらの製造方法が気になる。あるいは、実際どのような製造方法なのか解らない。そのようなアイテムというのは多いでしょう。
ではアルミ箔はどうでしょうか。アルミ箔というのは様々な用途のある、家庭での生活必需品と呼べるものなのかもしれませんが、そんなアルミ箔はそのような製造方法で世に出されているものなのか。
それが気になるという人も少なくなかったりするのではないでしょうか。
そんなアルミ箔は、素材メーカーとホイルメーカーの二段階で製造されるものなのです。
素材メーカーで様々な加工が行われ、それをホイルメーカーに送る事になります。
そしてホイルメーカーでは、アルミ箔の形状を成す事になっていくのです。
もちろん、素材メーカー、そしてホイルメーカーでそれぞれ高度な技術が用いられるものですので、誰でも簡単に造ることが出来るようなアイテムではないのですが、それでも、生活必需品の一つとしてアルミ箔は多くの人から必要とされているアイテムですから、どのような製造方法なのかを知っておくだけで鼻が高いかもしれませんね。

ポリエチレンがわかる

ポリエチレン。それは実は我々の生活においてとても身近なものでもあります。
特にポリエチレンを目にしない日は無いのではないかというほど、我々の生活において非常に身近な、それでいてなくてはならないものだったりします。
しかし、「ポリエチレン」と聞いても何のことだか…と思う人もいるかもしれませんが、ポリエチレンというのはいわゆる買い物の際にいただくポリ袋などの事、つまりはビニール袋の原料でもあるのです。
ですので、ポリエチレンを目にしない日というのはないでしょうね。
それだけ今の世の中にはポリエチレンが出回っているのですが、そんなポリエチレンというのはどのように製造されているものなのか気になるという人も多いのではないでしょうか。
その製造方法というのはどのようなものなのか。
それが気になる人は案外多いはずですが、そんなポリエチレンというのは化学物質ですので、とても難解な製造方法だったりするのです。
間違っても家庭で簡単に製造できるようなものではないのです。
メチレンで構成されているのですが、微妙な方法で違いが生まれるため、特徴も若干異なっていくものでもあります。
実際ポリエチレンは構造の違いによってその表記が異なるものでもありますので注意が必要です。

炭素繊維がわかる

「炭素繊維」は、ほとんどが炭素だけからできている繊維です。アクリル繊維などを炭化させたもので、耐摩耗性、耐熱性、熱伸縮性、耐酸性、電気伝導性、耐引張力に優れています。
アクリル繊維を主原料とする「PAN系炭素繊維」の製造は、まず特殊なアクリル繊維(プリカーサ)の耐火化を行ないます。
空気中200?300度。さらに、炭化。これは中学校でも学習するけれど、空気中では炭化しないので窒素中で行ないます。
これが、1000?2000度。さらに、窒素中で温度を2000?3000度程度に上げ、黒鉛化を行った上で、表面処理を施し、必要な大きさにカットして製品となります。
黒鉛化すると、とても綺麗な環が形成され、これが独特の弾性率を生み出します。
現在特に応用されているのは、炭素繊維で強化したプラスチック「CFRP」という素材。軽くて非常に丈夫、さらには耐熱性に優れているため、飛行機等にも使用されています。
その他、産業や航空宇宙開発の分野でも広く利用されていて、今後の技術開発にも期待が高まっている物質です。
今後は、加工の容易化や低コスト化、リサイクル利用などについての研究が期待されています。

アルミ缶がわかる

PAK75_arumikanrisaikuru20141018090848

アルミ缶。それは我々にとって非常に身近なものなのではないでしょうか。
アルミ缶と言って真っ先に浮かぶのはジュースの缶でしょうね。
コンビニやスーパーなんかはもちろん、自動販売機も至る所で見ることが出来ますので、そうした点でも、アルミ缶というのはとても身近なアイテムだと言えるのではないでしょうか?
そんなアルミ缶というのは当然ですが、アルミを使用して製造されているものです。
だからこそアルミ缶という呼称でもあるのですが、アルミ缶の製造方法というのは実は様々な事情があるものだったりするのです。
それはリサイクルです。アルミ缶はこのリサイクル問題に向き合わざるを得ないアイテムだとも言えますので、作ったら終わりというものではないのです。
しかし、それでもアルミ缶というのは機械によって大量生産されているものです。
信じられない数字ですが、一分間で1500個もの生産が可能となっていますので、アルミ缶の製造技術というのはとても高いものがあるのです。
アルミ缶の製造方法、それは長い年月を経て精練されてきたものでもありますので、その点からすると、その製造方法というのは一朝一夕で生まれたものではないという点だけは理解しておくべきでしょうね。

鉄がわかる

PAK85_tetunogomi20141028182148

鉄。それは我々の生活において欠かせないものだったりしますが、そんな鉄の製造方法。
それは今でこそしっかりとした技術によってもたらされているものですが、かつては鉄の製造には多大な労力がかかったものでした。というのも、我が国に鉄が持ち込まれたのは江戸時代後期からですが、明治の文明開化の象徴として鉄というのが大きな注目を集めたのです。
その時、鉄というのは国営で製造されるほど、新しい文化の象徴として選ばれた革新的な技術だったのですが、なかなか上手く作れなかったものです。
そこからおよそ一世紀、今では鉄を当たり前のように製造出来る世の中になったのですから文化の進歩というのは非常に素晴らしいものがありますよね。
そんな鉄というのは基本的に原料を鉄鋼石と石灰石の入った溶鉱炉にいれ、燃焼させるという方法で生み出されます。
この方法というのは昔から変わるものではないのですが、様々な部分に改良が加えられているものでもありますので、かつてのように鉄の精製に失敗するという事はもはや有り得ないものでしょうね。
普段何気なく目にしている鉄ですが、現在に至るまでには様々なドラマが待ち受けてくれていたものだったりする、それが鉄というものなのです。

アルミサッシがわかる

アルミサッシ、それはアルミを使用して製造されるものですが、このアルミというのは鉄に比べて非常に軽量ですので、軽量化が一つのテーマでもある現代工業に於いて、アルミニウムの役割・重要度というのは非常に高いものがあるのですが、そんなアルミニウムから生まれるのがアルミサッシです。
その製造方法というのは、当然ですが、アルミニウムを加工して作られるものです。
特にアルミサッシというのは家庭には欠かせないものとも言えますので、その存在は非常に大きいものがあります。
網戸などの枠はアルミサッシですので、アルミサッシを見た事がないという人はあまりいないでしょうしね。
ですから、アルミサッシというのは非常に身近なアイテムだという事が言えるのです。
そしてそんな身近なアルミサッシはアルミニウムから製造されているのです。
基本的にはプレス加工、その後に部品取り付けという流れになるのですが、プレス加工は当然ですが機械が行うものです。
しかし、部品取り付けは技術者が一つずつ行うものでもありますので、実はアルミサッシというのは非常に丹念に作られているものでもあるのです。
工業の機械化は今では常識ですが、アルミサッシはまだまだ熟練者の腕を必要としているのです。

アルミニウムがわかる

現在の我々の生活は様々な物に溢れています。今は豊かな時代ですしね。
そのどれもが我々の生活を支えてくれている非常にありがたいアイテムなのですが、一方でそうしたアイテムがどのように作られているのか。
その製造方法が気になるというアイテムも少なくなかったりするのではないでしょうか。
中でもアルミニウム。我々の生活に於いて様々な部分で便利なアイテムだと印象付けてくれるものだったりしますが、そんなアルミニウムがどのような製造方法なのか知りたいという人もいるかもしれませんね。
そんなアルミニウムというのはまずは原料を抽出するという工程、そしてその原料からアルミニウムを製造するという二つの工程とに分けることができます。
この二つの工程を経て、我々の手元に「アルミニウム」として登場する事になるのです。
それがアルミニウムなのです。アルミニウムは日常生活に於いて、なくてはならない、まさに生活必需品と呼べるアイテムだったりするのですが、実際に製造方法を知っている人はあまりいないのではないでしゅか。
ですので、製造方法を理解しているというだけでも、アルミニウムに対しての知識はもちろんですが、周囲からも驚かれるかもしれませんね。

ばねがわかる

ばねというのは我々の生活のあまり知られていない部分で非常に大きな活躍をしてくれているアイテムだったりします。というのも、バネというのは衝撃を吸収するというその特徴から、様々なものに装着されているまさに無くてはならないものと言えるものだったりしますので、ばねというのは実はとても大きな役割を担っているものだったりするのですが、そんなバネ。実はとても難しい製造方法でも知られています。
それもそのはず、あのような形状にするためには、やはり高度な技術が必要になるのも、それはある意味で当然の話なのではないでしょうか。
そんなばねの製造方法というのは材料をコネリングし、それを燃焼、いわゆる低温焼なましと呼ばれる方法で加熱し…を繰り返す方法が一般的ですが、これは圧縮ばねの製造方法です。
他のばねの場合ですと材料を成形し、それを低温焼なましするというだけのものもありますので、ばねと言っても様々な製造方法のあるものだったりするのです。
しかし、どのようなばねも基本的には焼なましと呼ばれる方法がとても大事なものになってきますので、その部分ではあまり変わらないとも言えます。
このような方法で、我々の生活を陰で支えてくれているバネが生み出されていくのです。

金属がわかる

ISG106142105

我々の生活の中で金属というのは至る所で見ることが出来るのではないでしょうか。
調理器具からスポーツ用具まで実に様々な場面で金属の存在を確認する事が出来るのですが、そんな金属というのはどのように製造されているものなのでしょうか。
金属という存在はとても身近ですが、その製造方法を理解している人というのはあまりいないかもしれません。
そんな金属というのは基本的に作りたい形状の枠に熱で溶かした液体を流し込むという方法です。
これはいわゆる鋳造と呼ばれる一般的な製造方法ですが、それ以外にも塑性加工、いわゆるプレスで加工するケースもあります。
また、切削、いわゆる削ったり穴を開けたりという方法で金属は生まれてくるのです。
もちろん、どのような物を作るのかでその製造方法というのは大きく異なります。
当然ですが、金属バットは切削する必要のない金属用品ですから、必要に応じてその技術を分ける。それが金属の製造方法なのです。
しかし、やはり一般的な方法は鋳造でしょうね。「鉄は熱いうちに打て」という言葉もありますが、熱いうちに形を整え、冷却して固まらせるというのが金属の製造方法の一般的な方法ですから、鋳造の知名度が一番高いのではないでしょうか。

タイヤがわかる

PP_taiya (1)

タイヤの主原料は、ゴムです。天然ゴムと合成ゴムとがありますが、近年では自然素材である天然ゴムが多く使われるようになってきています。
実際の製造では、カーボンや硫黄、各種薬品など、補強等の目的で配合剤が加えられ、ゴムとよく混ぜて練り込みます。
最終的にはロールで練り上げられ、次の機械へと送られます。
そして、出来上がったゴムを規定の大きさにカットします。といえば簡単ですが、ここでも様々な形のゴムが作られます。
使用される部位によって、薬品につけたり、冷却したりと様々です。
それら各種部品を集めて、タイヤの形に成形。この、成形されたタイヤのことを「生タイヤ(グリーンタイヤ)」と呼びます。
生タイヤを、さらに金型に込めて、加熱・加圧すればタイヤの完成です。安全に大きく関わるので、出来上がったタイヤはバランスや均一性などをしっかり検査されます。
ちなみに、タイヤについているミゾは、金型に込めて加熱・加圧する過程の中でつけられるものです。
ただ、ミゾをつけることだけを目的としているわけではなく、強力な弾力をつけることも大きな目的。
「加硫工程」と呼ばれるこの工程はとても大切な工程なのですね。

ゴムがわかる

我々の生活においてゴムほど大事なものはないのではないでしょうか。
様々な部分でゴムというのは働いてくれているものだったりするのです。
洋服に使われているものもあれば、それこそ自動車や自転車などにも使われていますので、活躍の場を選ばない、それがゴムの大きな特徴でもあるのですが、そんなゴムはどのようにして作られているものなのでしょうか。
製造方法が気になる人はとても多いのではないでしょうか。
特にゴムというのは様々な形状がありますので、実際その製造方法が気になる人もおおいはずですが、そんなゴムには様々な加工方法があるものです。
ライニング加工、スリッター加工など、ゴムの形状をなしてから加工するというのが一般的な方法だったりするのです。
様々な方法の中でも裁断加工や機械加工法、押し出し加工などが一般的と言えるかもしれませんね。
特にゴムというのは先述したように様々なシチュエーションで用いられているものですので、その用途によってその加工法が変わってくるのもそれは当然の話なのではないでしょうか。
そうした点を理解するだけでも、ゴムというものへの興味というのが益々高まっていくのではないでしょうか。

バイオプラスチックがわかる

「バイオプラスチック」とは、トウモロコシなどのでんぷんや、食品廃棄物等のバイオマスによって作られるプラスチックのこと。
植物を主原料としているので、微生物で二酸化炭素と水に分解されます。一般的な製造方法は、まず原料となるトウモロコシ等を糖化します。
原料中のでんぷんを酵素などにより分解、糖化液を製造する工程です。
製造された糖化液は、乳酸発酵させます。ここで使用されるのは、ヨーグルトなどでおなじみの乳酸菌。乳酸菌を使って発酵させることにより、粗乳酸を生成する工程です。
乳酸発酵した粗乳酸は、精製して乳酸にします。乳酸発酵過程では、タンパク質やアンモニアが出ますが、これを膜分離法などによって除去。さらに、重合と呼ばれる工程を経て、ポリ乳酸を作ります。
ポリ乳酸は、乳酸をお互いに結合させて高分子にしたもので、これがバイオプラスチック製品に加工されるわけです。
ポリ乳酸自体は、かなり以前から知られていた化合物ですが、これらの製造過程に必要な技術が追いついていなかったために、実用化することができませんでした。
現在も多くの研究が行われていて、今後地球環境を守る手段として期待が高まりますね。

トミカがわかる

YUKI150321030I9A4474 (1)

「トミカ」とは、タカラトミーから発売されているミニカーのこと。
手のひらに乗るくらいのミニカーで、日本の国産車を中心に忠実に作られていて、子どものファンだけでなく、熱心なコレクターも多いという代物です。
今年、2010年にめでたく誕生40周年を迎えました。そんなトミカは、まず企画会議によって何をどのように制作するのか検討するのだそう。
イメージをつかむために、木型の制作を手作業で行ない、細部までを作り上げます。そうして作った木型模型から図面を起こし、実際に使用する金型を制作。その金型を使って、鋳造・成型します。
プラモデル等とは異なるので、さらに塗装やロゴ(タンポ印刷)などを施して組み立て、箱詰めして完成。
トミカの注目すべきところは、ほとんどのトミカにある可動部分と、驚くほどマイナーチェンジを重ねているところですね。
ドアが開いたりと、どこかが動くようになっているのは、子どもにとってとても重要なことです。
そして、実際の販売車がモデルチェンジをするとトミカもモデルチェンジをしたり、微妙なカラーの修正があったりもするのです。
数百円で入手できるミニカーの製作工程とは思えないほどの気合の入り様ですね。さすが日本産、というべきところでしょうか。

チョークがわかる

MS251_cyokumotudansei

学校の授業などに欠かせないもの。それはいろいろとあるでしょうが、教える側という観点から見てとても大事なもの、それはチョークなのではないでしょうか。
黒板にチョークで書く。これは特におかしい事でもなんでもない、極々一般的な授業ですが、そんなチョークが何で出来ているのか気になるという人も多いのではないでしょうか。
なぜチョークで字を書けるのか。そしてそれを消すことが出来るのか。
考えれば考えるほど不思議なものだったりしますが、そんなチョークがどのような製造方法で生み出されているものなのか気になる人もいるのではないでしょうか。
そもそもチョークというのは石炭岩から生まれているものでしたが、我が国では石膏を焼きながら水を加えていく。
かつてはそんな方法が一般的でしたが、最近では技術の進化により、大量生産する事が出来るようになっています。
それは流込一括抜取式というものです。これにより、チョークは大量生産を容易に行えるようになったのです。
これがチョークの大まかな製造方法なのですが、チョークというのはどれだけデジタルな時代になっても必要とされるものとして、非常に貴重な存在と呼べるアイテムなのではないでしょうか。

素形材がわかる

PAK85_kikaihandle20141028182041

素形材。これだけ言われると一体どのようなものなのかいまいちイメージ出来ないという人も多いかもしれません。
しかし、実際素形材というのは我々の生活に於いて身の回りに溢れているものだったりするのです。
なぜなら、素形材というのは石材やゴム、ガラス、プラスチックなども素形材と呼ばれるものですし、ファインセラミックスなども素形材と呼ばれています。
いわゆる、加工して何かを作る際の部材になるアイテム、それが素形材と呼べるものだったりしますので、そんな素形材の製造方法というのは、素形材によって異なるものだという事はそれはもう説明するまでも無い話ですよね。
先に挙げた様々な部材をプレスしたりするなどして加工していく事になるのです。
ですので、素形材というのはとても広い意味を持っている言葉だという事が理解出来るのではないでしょうか。
素形材が無い生活というのは、今の我々の生活では考えられない、それだけ大事なアイテムだという事だったりしますので、その点に於いて、素形材の存在感というのは非常に高いものがあると言えるのではないでしょうか。
だからこそ、素形材の加工業者は様々な分野から注目されているとも言えるのですね。

ペットボトルがわかる

KK187104856

ペットボトル。それは生活必需品となりつつあるアイテムなのではないでしょうか。
プラスチックを原料にした、主に飲料水などの容器として使われているもので、ペットボトルを見ない日はないのではないでしょうか。
それだけペットボトルというのは我々の生活においてとても身近なものだったりするのですが、そんなペットボトルというのはどのような製造方法で作られているものなのでしょうか。
特に曲線で作られているものですので、どのような製造方法なのか気になる人も少なくないでしょうが、そんなペットボトルの製造方法はいわゆるブロー成形という方法で作られているものです。
これはいわゆる、中を膨らませる方法です。
ペットボトルは当然ですが、容器を作る際には中身は入っていませんので、中身を入れられる状態で作らなければならないのです。
そのため、ペットボトルが出来る瞬間というのは中が空洞なのです。ですから、そのような容器を作るためにはこのブロー成形が主流なのです。
ペットボトルは今ではコンビニ何かでも日常的に見かけるアイテムですが、一方でリサイクルが叫ばれているアイテムでもありますので、何かと様々な話題を振りまいてくれるアイテムでもありますよね。

ティッシュはどうやって作る

ティッシュはどうやって製造される

tesyu

ティッシュは、今の時代において日常生活では欠かせない日用品となりました。
スーパーの特売品としても重宝されます。
昨今は高級感のあるティッシュも登場しています。
とはいえティッシュはどうやって製造されているのでしょうか?
ちょっと興味がありますね。

◆ティッシュとは

ティッシュとは?
元々は織物や布を意味していました。
そもそもの開発は毒ガス用のマスクだったようです。
その後民生品としてメイク落としに利用されるようになりました。
それがもっと手軽になり?
今ではちょっと水がこぼれた程度でも使われるくらいの汎用品になりました。
なお箱に入っていないものは?
ちり紙と呼ばれるようです。

◆製造工程1:パルプ作り

ティッシュ製造工程の第一は?
パルプ作りです。
まず細かくした木材チップを特殊な薬剤によって溶かし繊維を取り出します。
これがパルプです。
昨今は森林保護の観点から?
植林された樹木を利用する!
資源回収で集めた新聞紙や牛乳パックを原料に混ぜることもあります。
なおパルプ繊維の粗密さは?
最終製品であるティッシュの肌触り感と関係します。
ただし細かすぎると?
上手く絡まず粗雑な商品になってしまいます。

◆製造工程2:抄紙(しょうし)

ティッシュ製造工程の第二は?
抄紙です。
抄紙とは、紙をすく!
柔らかくしたり粗密さを出したりします。
これも最終的なティッシュの品質に影響してきます。
具体的には?
パルプを抄紙機に通して加熱圧縮します。
特定の形に整えつつ乾燥させます。
そして巨大な紙のロールを作ります。
なおトイレットペーパーも?
ここまでは基本的に同じ工程です。

◆製造工程3:包装

ティッシュ製造工程の第三は?
包装です。
抄紙機から出てきたロール状の紙を、製品に応じた大きさにカットします。
そして特定の箱やビニール袋などに詰めていきます。
当然これらはすべて機械化されています。
ちなみに現在売られているティッシュのほとんどは2枚重ねです。
主な理由は?
1枚だと薄すぎて機械に詰まることがあるためです。
逆に厚くすると?
硬くなり肌触りが良くないためです。
この辺の工夫が?
メーカーや商品の特徴を左右します。

◆製造のポイント

ティッシュ製造のポイントは?
ティッシュの命でもある肌触り感をどう生み出すかです。
原料のパルプに拘ることもあるでしょう。
また抄紙工程も重要です。
ちなみにティッシュは水に溶けないからトイレに流してはいけない!
多々言われることです。
しかしトイレットペーパーと元々は同じものから作ります。
何が違うのでしょうか?
ティッシュは水に耐えるように接着剤のようなものが加えられています。
だから鼻水も受け止めてくれるのです。

スポンサーリンク