スポンサーリンク

ガラスがわかる

ガラスには様々な種類があるけれど、もっとも一般的な板ガラスの原料は、珪砂やソーダ灰、石灰石などです。
ガラスは固体でありながら、結晶の見られないとても珍しい物体で、加熱後に冷却すると「ガラス転移現象」を起こし、ガラスとなります。
ガラスの製造方法は、珪砂やソーダ灰、石灰石、またはガラスくずなどの原料を調合し、高温で溶かします。
この時の温度は、約1800度。まずは溶解してドロドロに溶かすのです。溶けて混ざり合った高温のガラス素地を、今度は少し温度を下げて中の気泡を抜きます。
これを「清澄」といって、この時の温度は約1300度くらい。この工程の時に、ボウ硝などの清澄剤を加えたりもします。
できあがったガラス素地は、高温で粘度が高く、ドロドロ。これを、フロート法やロールアウト法などといった方法で、板ガラスに成型していきます。
フロート法は、溶かしたスズを満たしたプールのようなところに、溶けたガラス素地を流し込むという方法。
不思議なことに、ガラスはきれいに平滑な板ガラスになります。
ロールアウト法でできる型板ガラスは、ロールで平らに伸ばし固める方法で、ガラスの表面に模様をつけたり、不透明なすりガラスにしたりすることも可能です。

ガラス繊維がわかる

ガラスと聞くと、とても硬いイメージを持っている人も多いと思いますが、実はガラスも糸や綿になります。
「短繊維(グラスウール)」と「長繊維(グラスファイバー)」の二種類があり、それぞれ断熱材や防音壁、絶縁体などとして利用されています。
「短繊維(グラスウール)」は、ガラス原料を調合して溶かし、遠心力を用いて吹き飛ばします。
こうすると、ふわふわの綿状になり、中に動かない空気の小部屋をたくさん作ることから、音や熱を伝えにくい性質を得ます。
他のものに混ぜあわせ、板状にしたり筒状にしたりすることで効率的に利用されています。
「長繊維(グラスファイバー)」は、やはりガラス原料を調合して溶かしますが、遠心力で吹き飛ばすわけではなく、集束剤を加えながら高速で巻き取り、細く長い糸にします。
そのまま糸揃えを行ってロープ状にしたり、成形して布状にしたり、細かく切断したり粉砕したりすることもあります。
長繊維(グラスファイバー)は、プラスチック強化にも利用されます。
強化プラスチックのほとんどは、このガラス繊維を使ったもので、実に様々なところに使用されています。他に、電気絶縁材や不燃繊維布などに利用されています。

スポンサーリンク

ビンの製造法を知れば愛着が

PPS_tananiokaretabotoru

醤油やお酒、牛乳なども、かつてはビンを使っていました。
しかしビンの欠点は重いことです。
それだけ買うなら良いですが、まとまると嵩張るし割れたら危険!
そういう意味からもビン製品は減る傾向にあります。
一方で昨今はビンの美しさを生かしたワインや化粧品などが増えているのも事実でしょう。
では実際にビンはどのように製造されているのか?
それを知れば、もっとビンに対する愛着が湧くかもしれません。

ビンはガラスと同じ

ビンは、ガラスと同じ原料を使って製造されます。
つまり主な原料はソーダ灰(炭酸ナトリウム)
けい砂(二酸化珪素)
石灰石
そして回収されたビンを砕いたもの、すなわちカレットなどです。
これらの原料を、目的とするビンの種類に合わせて調合します。
混ぜたものを約1500度で熱していくと、ドロドロになります。
これらをフィーダと呼ばれる装置へ通すことにより、決められた温度、大きさにします。
次いで用途別の形を付けるために、製ビン機に移動させます。
この段階でとりあえずビンの形はできました。
しかしまだ500度以上もあり熱く柔らかいので、これを徐冷炉でゆっくりと冷やしていきます。
常温程度に落ち着けば?
それでビンの製造工程は終了です。
その後機械による検品が行われ、異常がなければ?
製品として出荷されることになります。

ビンはリサイクルの王様

かつては家庭で使われたビールビンなどを酒屋さんが回収していました。
もちろん居酒屋などでは未だに行われているでしょう。
そういう意味では、ビンはリサイクルの王様です。
ビールビンや牛乳ビンなどは、同じビンを洗浄して再度利用することができます。
これをリターナルビンと呼んでいます。
一方で化粧品や輸入ワインなどのビンは、回収したものを破砕して、上に示したようなビン製造法の一部に加えることになります。
こちらはワンウェイビンと呼ばれます。
ワンウェイビンであっても、適切な製造工程を経ることにより限りなく永久に循環させることができます。
なおビンの製造に用いる原料は自然界からほぼ無限に入手することが可能です。
製造における副産物もほとんどありません。
環境問題が指摘されるプラスチックボトルや紙パックなどに比べれば?
ビンが自然に優しい製品と言われる所以がここにあるのです。

ビンの製造法を知れば愛着が湧く

ビンの製造法を知れば愛着が湧く?
家にあるビンをそのまま捨てることができなくなるでしょう。
そのため自治体の指定に従って、適切に分別処理をしましょう。
もしかしたら同じビンにまた出会える?
可能性は否めません。

ビー玉がわかる

小さい頃ビー玉で遊んだ。そんな経験のある人はとても多いでしょうね。
お祭りの時にはビー玉などは必ず見かけるものですし、その綺麗な形状に見とれる。そんな経験を持っている人も非常に多いでしょう。
大人になってから見てみてもその美しさに思わず見とれてしまうという人は案外少なくないはずなのですが、そんなビー玉というのは大人になってからでも、どのように作られているのか疑問に思う事があるのではないでしょうか。
見事な球体、そしてその中にある模様。それらはどのような製造方法で行われているのか興味を抱くのも、それはなんらおかしな話ではないのではないでしょうか。
そんなビー玉の製造方法。それは、基本的にビー玉というのはガラス細工ですので、ガラスを加工するものです。
ガラスを球状に切り落としていく、それがビー玉の基本的な製造方法です。
ガラスの加工というのは基本的に溶かしながら行うものですので、非常に高度な技術を要するものだったりしますから、ビー玉というのは実は非常に高度な技術が散りばめられているものでもあるのです。
また、中に模様を入れるのは金太郎飴の加工方法と同じ手法ですので、ビー玉には、実に様々な技術が散りばめられているのです。

フロートガラスがわかる

フロートガラス。名前だけ聞いてもいまいち何の事か解らないという人も多いかもしれませんが、というのは実は我々の生活に於いてとても身近なものだったりするのです。
そんなフロートガラスがどのように製造されているのか。製造方法が気になるという人もいるかもしれません。
実際問題、フロートガラスの製造方法をご存知の方の方が少ないでしょうから、フロートガラスの製造方法と言われて気になるという人もいるかもしれません。
そんなフロートガラスは当然ですがガラスの一種ですので、原料がガラスと同じく砂と炭酸ナトリウム硫酸ナトリウム、石炭岩などから生み出されるものです。
こうした原料を混ぜ合わせ、そして1500℃まで熱する事でフロートガラスの形状に近づいていくのです。
もちろん、その際にも様々な加工が必要になってきますので、その部分ではやはり高度な技術が必要になってくるのです。
特にフロートガラスはその厚さが一つの特徴ですが、これを均等にするというのは実はとても大変なものだったりしますので、フロートガラスの製造というのは実はとても大きな注意の必要なものだったりするのです。
そうした点から、フロートガラスの製造方法というのは、中々素人には理解出来るものではないという事も特徴として挙げられるのではないでしょうか。

タッチパネルがわかる

最近タッチパネルの需要というのは非常に高まっています。日本ではタッチパネルというのは昔から存在する技術でした。
しかし、それは一度下火になってしまい、長らくタッチパネルというのはあまり使用されていないものだったのですが、最近になって再びタッチパネルが脚光を浴びてきています。
それはタッチパネル式のスマートフォンが大ヒットしているという背景もあるでしょうね。
おかげで今、我々の生活の様々な所でタッチパネルを見る事がで来ます。
携帯電話やパソコンはもちろん、最近ではゲームセンターなんかでもタッチパネルを見る事がで来ますので、タッチパネルというのは今、我々にとって非常に身近なものになっていると言えますが、一度タッチパネルお触った事がある人は必ず疑問に思うでしょうね。
それはタッチパネルというのはどのような製造方法なのかという点です。
不思議ですよね。タッチすると反応する。そのようなもの、どのように製造しているのかというのは誰しもが疑問に思うものでしょう。
そんなタッチパネルというのは、パネルの部分ではなく、実はプログラムの部分での技術が大きな要因だったりしますので、パネル自体には特に不思議などないのです。
液晶にではなく、プログラムの部分で識別するものなのです。

液晶がわかる

デジタル時代と言われている今、毎日モニターを見ている人も多いでしょう。
そしてそれは特に珍しい行為ではありません。特に最近では液晶が大活躍しています。
パソコンのモニターはもちろん、携帯電話、デジタルフォトフレーム、さらには様々な電子機器に搭載されていますので、液晶を見ない日はないのではないでしょうか。
それだけ身近になっている液晶なのですが、そんな液晶はどのような製造方法で我々の前に現れているのか、そんな疑問を抱いている人も多いのではないでしょうか。
液晶というのは半導体でもありますので、メモリチップやCPUなどと途中までの生成過程は同じだったりするのです。
最後の部分が微妙に異なる、それが液晶の大きな特徴だったりするのですが、エッチングと呼ばれる技術で配線を書き込むのです。
そしてダイヤモンドカッターと呼ばれるものでシリコンを裁断し、それにどう、アルミニウムなどを配線する事で液晶が完成するのです。
少々ピンとこないという人も多いでしょうが、当然ですが、液晶の製造過程において、これらは機械が行ってくれるものですから、これからますます、液晶の活躍の場というのは広がっていくでしょうし、その姿をたくさん見かける事になるでしょうね。

スポンサーリンク