スポンサーリンク

日本生まれのゲームでありながら、世界に遅れてようやく22日に配信された「ポケモンGO」は、NHKや総務省までもが歩きスマホに注意喚起するなど、異例の事態となっています。
経済アナリストからは「ポケモノミクス」なる経済効果まで期待される始末。
基本的には従来のポケモン同様、「ポケモン」を探すゲームなのです。今ダウンロード出来ないとの苦情が出る程に、多くの人がダウンロードするなど注目を集めています。
そして今回のアプリの特徴は現実世界とのリンクです。実際の街を歩き回り、ポケモンをゲットするのです。つまり、部屋の中で一人でコツコツゲームを楽むのではなく、外に出て楽しまなければならないのです。
地図上にポケモンが表示されますので、それを見て実際に自分で歩く。さらには「AR」と呼ばれる技術を導入し、現実空間とポケモンがコラボレーションしているのです。

なぜトラブルになるのか

これだけ聞けば、なぜトラブルになるのかと思うかもしれませんが、GPSと連動していますので、実際に外を歩かなければならないのです。
そうです、歩きスマホです。ポケモンGOの前から、歩きスマホ、ながらスマホは何かと問題になっていました。
そこにポケモンGOです。基本的には画面を見ながら楽しむものです。公園内などであれば良いのですが、一般道にも「ポケモン」がいますので、スマートフォンの画面を見ながら街を歩きます。
「ポケモンが欲しい」という一心から、海外では立ち入り禁止区域にまで侵入してしまうケースも見受けられましたが、日本でも同様のようです…。

各地でトラブルが続出しています

海外でのトラブルを受け、我が国でも「ポケモンGO」への注意喚起すべく、駅等で警察官が「歩きスマホを控えるように」とのビラを配っていたものの、各地でトラブルが起きています。
古都・京都では京都御所の進入禁止の塀に近付いたため、侵入防止用の警報音が鳴り響きました。さらには先ごろ被災した熊本では、立ち入り禁止の熊本城のエリアに侵入しようと警備員と「交渉」した人も出てきたとか。
さらにはポケモンGOの偽アプリまで登場するなど、各地でトラブルが起きています。

スポンサーリンク

いつまで続くの?ポケモンGOフィーバー

大変な事になっているという思いもあれば、そうそう長くは続かないだろうとの声もあります。
それもそのはず、基本的には「ポケモン」であって、話題になっているので何となくダウンロードしてみたという人が多いのです。
特に我が国は流行に弱いため、「世界でヒットしたものが日本に上陸」となると否が応にも注目度が高まりますが、次第にどのようなゲームなんか分かれば「ポケモンだから」になるでしょう。
とはいえ、当分は「ポケモンGOフィーバー」は続きそうです…。

スポンサーリンク