スポンサーリンク

2016年7月31日に投開票が行われた東京都知事選挙について、NHKは20時の開票特別番組の冒頭で小池百合子氏が「当選確実」と報道しました。
今回の選挙、小池百合子氏は自民党に所属していたものの、自民党の推薦候補の対立候補として立候補を表明。その為、党から推薦を得られないという、逆風の状況で出馬する事になりました。
ですが、このが多くの女性の心を動かしたとも言われています。
自民党が推薦した増田氏、野党連合が所属した鳥越氏を抑えての都知事当確は、東京都のみならず、今後の政局にも大きな影響を与えそうです。

なぜ「政局」に関わるのか

なぜ東京の都知事の座と政局が関わりがあるのか。今回、いわば小池氏は自民党の後ろ盾を利用しませんでした。
通常、自民党から推薦を得たら自民党に弓を引く事は出来ません。ですが今回は小池氏はいわば「自力」にて当選を果たしました。
都議会の多数派である自民党都議連に気を使う必要はありません。

もしかしたらもっと泥沼になるかもしれない

今後、東京都知事として自民党に大ナタを振るう可能性もあります。小池百合子氏としては自民党への配慮など必要ありません。
都知事というポジションを全うできます。一方、自民党としては面目を潰された格好になります。今後どうなるのかは、まだまだ状況は不明瞭な部分が多々ありますが、小池百合子氏としては自分に対して「協力するな」と圧力をかけていた自民党に配慮する理由など何一つありません。
今後は誰に気を使うでもなく、「都知事」というポジションで様々な事が行えるでしょう。

スポンサーリンク

どうなる、東京都政

二期連続で都知事が途中で変わるという「大失態」を犯しているだけに、都民としても「これまでにはない都知事を」との思いが強かったのでしょう。
もちろんまだまだこれからどうなるのか分かりませんが、自民党は小池百合子氏には「NO」を突き付けていたのです。
ましてや野党から推薦をもらっていた訳でもありません。日本の首都の首長が与党でも野党でもないスタンスで活動できるのです。
それまで誰もが出来なかった事を成し遂げてもらいたいとの思いがあるからこそ選ばれた小池新東京都知事。
今後、東京を含めて政局がどのような形に展開していくのか。これからに注目ですね。

スポンサーリンク