スポンサーリンク

雑草が蔓延る自宅の庭を眺めて、夏をどう乗り切るか?
考えている時に、お庭の手入れに関するポスティングがありました。
ガーデニングとは違う?庭をきれいにしてくれる人たちがいます。
それが庭師です。実際にどんな仕事なのでしょうか。

庭師とは

庭師とは、依頼人の庭をきれいにしてくれる人たちです。
きれいとは言っても、単に除草や掃除をするだけではありません。
日本庭園のように、アート的な要素も加える仕事です。

もちろん持ち主の要望を最大限に取り入れます。
その中で、日当たりや広さ、周辺環境を鑑みて、
最適な提案をし、作り替えていくのが仕事です。
ちなみに植木職人は、樹木に特化した職業です。
庭師は、庭全体を、場合によっては門や塀、芝生の手入れ、
車庫などのエクステリア全般を請け負うこともあります。

資格は必要なのか

庭師になるための資格には何かあるのでしょうか。
例えば造園技能士造園施工管理技士などがあります。
これらはいずれも国家資格です。
とはいえ必須の資格ではありません。
造園会社に就職して、経験を積めば問題ありません。
最近では造園系の大学や専門学校もあります。
農業高校でも造園科があり、大学よりも実践的かもしれません。
もちろん職人系なので、中卒でも心配ありません。
資格があるにこしたことはありませんが、
どちらかといえば、腕次第で活躍できる仕事です。

スポンサーリンク

大変な仕事ではあります

自然を相手にする仕事なので、大変です。
夏の炎天下、冬の厳寒期、季節を問いません。
また力仕事ですし、怪我をすることもあります。
もちろん依頼人が納得することを第一に考えます。
二つと同じ庭はありませんし、失敗は許されません。
一方で土いじりを汚いと感じるか?
虫が出てくることもありますよ。
スズメバチの巣に出遭うかも!
とはいえそれこそが庭師の面白さでもあります。

将来性のある仕事です

日本に庭がある限り、なくならない仕事です。
日本庭園を基本としますが、洋風のガーデニングもありです。
もちろん個人宅に限りません。
最近は公園やビルの屋上緑化を整備する依頼もあります。
街路樹の剪定をしたり除草剤や殺虫剤の散布!
ゴルフ場もお得様のひとつになっています。
地域の緑化はヒートアイランド現象の緩和に役立ちます。
農家や放置された山林を除けば?すべてが作業場です。
そういう意味でも、今後さらに重視される仕事です。

収入は人並かも

庭師は肉体労働ですが、収入面はどうでしょうか。
一般的なサラリーマンを下るくらいでしょうか。
とはいえ親方制で年功序列的な部分は残されています。
最初は小遣い程度?住み込みで働くこともあります。
しかし将来的に庭師で頑張ろうと思うなら、
技を磨く体制が整っています。
技こそ財産です。定年もありませんよ。
一方で将来的に独立することも可能でしょう。
お得意様をどれだけ確保できるか?
信頼と実績が新しいお客様を呼び込みます。
年商1000万円を超えることも夢ではありません。

どんな人が向いているのか

庭師に向いている人とは、どんなタイプなのでしょうか。
外仕事ですから、体力があり身体を動かすことが好きな人。
多少の傷や虫刺されに動じない人。
何よりも、極めたい!職人気質の性格でしょう。

庭師に限りませんが、小さなことを疎かにしていると?
まさしく塵も積もれば大きなトラブルに発展します。
植物は正直です。妥協が許されない仕事でもあります。
なお自然相手ですが、クライアントとの人間関係も重要です。
動植物を問わずコミュニケーションできることも必須です。
将来的な独立を考えている人も、大成しやすいですね。

都会でも自然を享受できます

世の中に簡単な仕事はありません。
遊んではいけませんが、仕事は楽しむことも大切です。
お客様の喜びが、自分の満足度も高めます。
熟練すれば、樹木と会話ができるかも?
都会であっても自然を享受できる仕事です。

スポンサーリンク