スポンサーリンク

学生のアルバイトなどに最適なのは家庭教師です。
塾まで遠い家庭などであれば重宝されています。
もちろんマンツーマンなので細かい指導ができます。
多くは会社組織になっていますが、
個人的に家庭教師を始めることはできるのでしょうか。

家庭教師とは

そもそも家庭教師とは何でしょうか。
明確な定義はありませんが、小学生から高校生まで、
その子供の家庭で個別指導をする仕事です。

学習塾の講師と同様に、特別な資格もありません。
勝手に名乗ることもできます。
基本は時間単位で契約しますが、
内容を含めて、臨機応変な体制が求められます。
ほとんどは学校の授業に対する補習ではありますが、
進学塾の補習?とりあえず成績を伸ばしてくれ!
そんな要請も少なくないようです。

求められる資質とは

家庭教師に資格は不要ですが、
やはり塾の先生とは違うタイプが求められそうです。
具体的に家庭教師に求められる資質とは何でしょうか。

1.「知っている」と「教えられる」は違う

多くの人が勘違いをしていることですが、
「知っている」と「教えられる」はまったく違います。
子供の「わからない」や「やりたくない」を理解できるか?
そこが家庭教師として成功するポイントです。
高学歴で知的な人にありがちですが、
なんでこんなことがわからないの?
そうした態度はご法度です。子供からの信頼を失います。
すなわち家庭教師に高度な知識を求めていません。
子供と一緒に勉強を含めた問題を解決することが大切です。

丁寧な指導ほど、喜ばれます。

2.信用第一です

相手の家庭に上がって指導するので、信用第一です。
盗みなどは論外ですが、子供に手を出してもいけません。
変な誘惑に負けてもいけません。
子供と一緒に遊んでは仕事になりません。
もちろん信頼を得るために世間話は必要でしょう。
情報を引き出すべきですが、深入りすると面倒です。
あくまでも仕事として割り切りましょう。
難しいですが、近すぎず遠すぎず!
上下の別は不可欠ですが、友達感覚も大切です。

一度信頼関係を築けば、子供の成績は伸びますよ。

3.親の心を掴むコミュニケーション力

家庭教師は子供に勉強を教えます。
しかし大切なのは親とのコミュニケーションです。
子供が勉強を嫌がるのは当たり前です。
しかし親の心を掴んでしまえば、
簡単に首を切られることもありません。

教育に特効薬はありません。
徐々に成績を上げていくしかないのです。
そうした教育理論で親を洗脳できるか?
親を味方につければ、口コミも広がります。

4.引きこもり対策もある

昨今家庭教師に求められるのは、引きこもり対策です。
小中学校へは通えないけど、高校や大学へは行きたい!
切実なニーズがあります。
もちろん最初は、部屋にも入れないかもしれません。
それでも地道に、根気強く対応できるのか。
子供の興味や関心を引き出す能力が不可欠です。
塾の有名講師ほどの派手さはありませんが、
これからは大切な仕事のひとつになるでしょう。
地味ではありますが社会にとって重要です。

5.宣伝をどうするか

初めは大変です。どうやって宣伝するのか?
今ならウェブサイトを立ち上げることもできるでしょう。
チラシのポスティングも案外有効です。
数件の問い合わせが来るかもしれません。
そこでどうにかして顧客をゲットしましょう。
上手くいけば、あとは口コミで広がります。
口コミで友達の友達を探していけば、
近所なので1日で数件回れます。
兄弟姉妹、近所の親戚など
効率的に仕事ができますよ。

スポンサーリンク

有名大学卒なら有利ですが

特別な資格は不要ですが、やはり有名大学卒なら有利です。
また著名進学塾の講師経験があればよいですね。
もちろん高卒であっても、問題はありません。
オリジナルの学習方法があれば、
それを売りにすることも可能でしょう。
半分の子供が塾に通う時代です。
言い換えると、市場が倍になる可能性もあります。
そういうポジティブシンキングができる人こそが、
家庭教師に向いている人です。

スポンサーリンク