スポンサーリンク

三菱自動車燃費不正問題はまだまだ収束の気配を見せません。
今年発覚した三菱自動車の不正は、軽自動車の燃費性能がカタログ値と最大で15%以上かい離していた、というものでした。この問題のおかげで、購入者に対して賠償金も用意することになり、更に三菱自動車は日産の傘下に入る事になってしまいました。
そんな中、国土交通省30日、軽自動車以外の8車種でも燃費性能がカタログ値を下回っていたと公表しました。国による測定で発覚したもので、かい離幅は最大で8%とのこと。
結果、三菱自動車は今後、国土交通省が測定したデータをもとにカタログ値の修正をするとの事。その間、該当車両は販売を一時中止するというのだからまさに「大打撃」ですが…。

8%くらい?という問題ではありません

カタログ値と実燃費が8%離れているとの事ですが、「不正を繰り返している三菱自動車」というフィルター抜きに考えた時、こちらに関しては少々かわいそうだなと感じる人もいるのではないでしょうか。
なぜなら、例えば燃費がカタログ値だと40.0km/Lのトヨタ プリウスは、SNSによる実燃費計測データだと、22~23km/Lだと言われています。この話だけ見ると、8%どころかどれだけかい離しているんだ、とお感じになるかもしれません。かい離率という点で言えば、昨今のハイブリッドカーや軽自動車はカタログ燃費とは8%では済まないレベルで離れてしまっています。
ですが今回問題視されたのは「検査時の数字のかい離率」です。決して一般ユーザーが測定したの実燃費ではなく、「国土交通省の検査による燃費が、三菱から公表されている数値と違う」という点にあります。
端的に言えば、例に出したプリウスは利用者の計測・感想の話どまりですが、三菱自動車は、燃費試験法の趣旨に背いて、測定データの良いとこ取りをする不正な取り扱いをしていたことが問題なのです。

三菱自動車にとってのこの問題は…

ほとぼりが冷めつつあった所でのこの問題は三菱自動車にとっては痛手なのではないかと思う人もいるかもしれませんが、実際にはそうでもありません。
もちろんまったくダメージがないという意味ではなく、生まれ変わろうとしている三菱自動車です。今のうちに問題を洗い出し、解決させておいた方が良いのです。「膿」は今のうちにすべて出しきる。今問題を放置し続けて、後々「不正が発覚した」という事態を招くより、断然ダメージは少ないはずです。
今後の三菱自動車が健全な運営をする上で、今が正念場といえるでしょう。

スポンサーリンク