スポンサーリンク

日本銀行(以下日銀)がマイナス金利政策を始めたのは2016年2月16日です。
既に半年が経過し、日本社会の様々なところへ影響が表れています。
とはいえ狙った本当の効果は見られたのでしょうか。
そもそもマイナス金利とは何か、一般国民にとっては不安もあります。
そこで予想されるメリットとデメリットについて考えてみましょう。

マイナス金利とは何か

本来お金を借りた際、利息を付けて返済するのが一般的です。
これが普通の金利であり、プラス金利です。
ではマイナス金利とはどういうことでしょうか。貸した方が金利を払う?
すなわち借りた側が金利分を差し引いて返済することです。

例えば金利1%で100万円を借りた事例で考えると、
プラス金利の場合、元金と合わせて返済期日に101万円を返します。
一方でマイナス金利なら、99万円の返済でよいのです。
借りた側が得する?だから国内経済が活性化すると期待されます。

マイナス金利になるお金は限定される

マイナス金利政策が始まっても、直接私たちの生活に変化はありません。
その理由は、マイナス金利がつくお金は限定されるからです。
通常金融機関は、日銀と取引するために当座預金口座を持っています。
そしてまさかの事態に備えるための一定金額を預けておかなければなりません。
これを法定準備金と呼びます。
この準備金以上に預金している部分には日銀が年+0.1%の金利を付けています。
マイナス金利政策が開始される時点において約200兆円ありました。
とはいえそれすべての金利が突然マイナスになるわけではありません。
そこから2015年の平均残高を除いた部分、
簡単に言うならば、2016年以降に増えた分だけ、約20兆円弱ありますが、
これに対して年率マイナス0.1%の金利がかかるようになります。

20兆円と聞けば、庶民レベルではびっくりしますが、
日本経済の大きさで考えれば、それほど大きな金額ではないのです。

スポンサーリンク

何故マイナス金利にするのか

本来であれば、金融機関は、必要最低限だけを日銀に預けます。
つまり金融機関の仕事は、企業や個人に貸して金利を稼ぐことだからです。
とはいえ不況?が続く現状において、貸し出す先がありません。
一方で、貸した先が倒産などして返済が滞ってしまえば、大損害です。
そのため金融機関は、余分なお金を日銀へ預けるようにしました。
つまり僅かではありますが、日銀に預けると金利が付くからです。

日銀が倒産することは、ありえなくないですが非現実的です。
億単位のお金なので、+0.1%であっても儲けは大きくなります。
しかしこの状態を許してしまうと、お金が街中に回らなくなります。
お金が回らないことこそが不況、デフレの原因だからです。
そこで日銀は、金融機関が自分たちに預けたら損するような政策を考えました。
それがマイナス金利政策なのです。

マイナス金利のメリットは

日銀という金融の専門家が考えた政策です。メリットがあるはずです。
実際に諸外国、デンマーク、スウェーデン、スイスなどでも行われています。
結果の評価は分かれるところですが、期待するメリットな何でしょうか。

1.借金がしやすくなる

日銀が最も期待する点ですが、個人や会社が借金しやすくなります。
つまり金融機関は日銀に預けると損をするので、誰かに貸すはずです。
お金を借りたい人は、たくさんいます。それも今は低金利です。
実際に住宅ローンの金利は1%を割り込んでいます。
家を建てるなら、今がチャンス!盛んに宣伝されています。
一方で企業も、設備投資をしたいはずです。古い設備が多いからです。
バブル時代は年利10%も珍しくありませんでした。
それを考えると、ただで借りられるような環境です。
とはいえ借金はあまり増えていないようです。
金利が低くても、結局は借金です。不況が続けば返す当てがない?
鶏と卵の問題ではありますが、景気と投資、どちらを先にすべきか。

2.デフレから脱却できる、はず?

日銀が頑張っている理由は、長く続くデフレを解消したいからです。
デフレとは、物価が上がらない、というか下がる現象です。
物価が上がるインフレとは逆の状態です。
庶民にとって、物価は下がった方が嬉しいはずです。
しかし経済的には、物価は緩やかに上昇すべきなのです。
なぜか?それは物価が下がると、企業の収益が減ります。
すると皆さんの給料も上がらなくなるからです。

反対に物価が上がれば、会社が儲かり、給料も増える!
もちろん後述するハイパーインフレは困りますが、
物価は徐々に上がった方が、理論的に考えるとメリットなのです。
なお日銀の誤算は?500兆円とも言われる内部留保
すなわち企業が利益を抱えているのに給与として分配しないことです。

3.国債の金利負担が減る

副産物的ではありますが、国の借金である国債の金利にも影響が現れます。
実際に指標とされている10年物の利率も直ぐにマイナスとなりました。
既に借りている分は関係ありませんが、今後国債を発行する際、
金利が安くなるでしょう。そのため予算編成がしやすくなります。

今でも1000兆円以上借りているのに、まだ借りる?
本当に返せるか、多くの人は疑問を持っていますが、
個人と同様に国も借金しやすくなるので、経済的には良いことです。

デメリットはないのか

とはいえ良いことばかりではありません。見方を変えればデメリットもあるはずです。
もちろん長期的に考えるべきですが、そもそもマイナス金利政策は成功しているのか?
そうした点から、デメリットも考えてみましょう。

1.国民が損をしている

一番のデメリットは、国民が損をしていることです。
借金したい人にとってはメリットですが、借金しない人は?
逆に預金金利が下がってしまいます。
定期預金だって0.1%ありますか?
国債を当てにしている金融商品などは、受付を中止しています。
一部の保険商品も、扱いを止める会社が増えています。
一方でATM手数料がばかになりません。金融機関はそこで稼いでいます。
企業が持つ口座に関しては、マイナス金利を導入しています。
つまり大企業には、応分の負担をしてもらっています。
現状では否定されていますが、将来的に一般国民の預金にも?
口座管理料の名目で、事実上のマイナス金利が付されるかもしれません。

まさしく、お金は使わないと損をする時代が来ます。

2.既に借金している人は困る

これから借金する人は得をするのでしょうが、
既に借金している人は?金利が下がるわけではありません。
バブル時代に借りた住宅ローンを払い続けている人も多いでしょう。
もちろん今なら借り換えという方法もあります。
とはいえそのためには、新たに審査を受ける必要があります。
デフレの影響で給料が減っていたり、ボーナスがない人は?
インフレになって給料が増えないと、生活が苦しくなるだけです。
そもそも金融機関は、庶民になかなか貸してくれません。
国民にとってマイナス金利は、デメリットだけのようです。

3.ハイパーインフレになる可能性あり

日銀がマイナス金利を導入した目的としてインフレ誘導があります。
現状では難しいようですが、場合によっては、行き過ぎる?
いわゆるハイパーインフレの可能性もあります。
つまり高度経済成長期のような、狂乱物価のリスクもあります。
それを政治と日銀が上手く誘導するとの話ですが、
今でも上手く誘導できていないのに、信用できるのか。

期待した効果はいつ現れるのか

日銀や政府の説明では、経済政策は上手くいっている!
本当でしょうか、いつまで待てば、私たちの生活はよくなるのでしょうか。
失業率が下がった!GDPが増えた!とは言いますが、
実感が湧かない以上、さらなるマイナス金利は怖いですね。

スポンサーリンク