スポンサーリンク

前回、お彼岸と言えば、おはぎorぼた餅?という事で、おはぎとぼた餅の違いについて調査しました。その結果、春に食べるのが牡丹の花に見立てたのがぼた餅、秋に食べるのが萩の花に見立てたおはぎである、という事が判明した訳です。
けれど、おはぎにしてもぼた餅にしても、必ずしも春と秋だけに食べる食べ物とは限っていませんよねぇ!?お盆におはぎをお供えするというご家庭も少なくないのではないでしょうか?

どうなる、夏のおはぎやぼた餅!?

ではでは、春はぼた餅、秋はおはぎとなるこの食べ物、夏は一体全体どちらの呼称で呼べばいいのでしょうか?これは困ったぞ!
と思って調べてみると、な・なんと、じつはおはぎにしてもぼた餅にしても、夏は夏で、冬は冬でちゃんと呼び名を持っているというではありませんか!!

おはぎもぼた餅もつき知らず

そもそもぼた餅というのは、餅と言っても、杵でペッタンペッタンついて作る物ではありません。五平餅と同様に、炊いたお米をすりこぎで潰して餅状に仕上げて行きます。勿論、おはぎだって一緒です。そのため、いくら昔の風通しのいい家の中で作っていても、その音が隣の人に聞こえる事はなかったものと思われます。
つまり、
お隣さんがいつおはぎを作ったのかが分からない!
お隣さんがぼた餅をついた日が分からない!
という事で、おはぎにしてもぼた餅にしても、つき知らず搗き知らず)の食べ物だとされていました。

夏の着き知らずに冬の月知らず

そこで、このつき知らずという表現から、夏のつき知らず夏の着き知らずという言葉が誕生しました。何が着き知らずなのかと言えば、です。要するに、夜は暗くて、船が到着しても分からないから着き知らず状態になるという訳です。結果、夏のおはぎやぼた餅は夜船(よふね)と呼ばれる運びとなったのだとか・・・!!
加えて、冬のつき知らず冬の月知らずという言葉も用意されました。この月とは、正しく夜空に浮かぶ月の事!でも、どんなに大きくて明るい満月でも、北側の窓辺では月知らず状態です。そこで、冬のおはぎやぼた餅を北窓(きたまど)と呼ぶ事にしたのだとか・・・!!

いろいろな呼称を持つスイーツ

夜船や北窓というのは、元を正せば、今で言う連想ゲームのような、言葉遊びから生まれた呼称だと言われています。そのため、今では死語と化していると言っても過言ではないでしょう。でも、見慣れたおはぎやぼた餅も、和菓子屋さんで、夜船や北窓と書かれて売られていたら、ちょっと素敵だと思いませんか?

おはぎとぼた餅とあんころ餅と

ところで、稀に、おはぎやぼた餅は、あんころ餅の一種ではないかと言われる事がありますが、これは明らかな誤解
確かに、おはぎにせよ、ぼた餅にせよ、あんで包み込んでいるところから、同類のような気もしないでもありません。実際、あんころ餅は元々、あんを衣にしてお餅を包み込むという事で、餡衣餅(あんころももち)と言われていました。
ですが、あんころ餅には、それこそ、ペッタンペッタンとしっかりと米の粒が無くなるまで完全についた餅生地を使います。それに対し、おはぎやぼた餅は先述の通り、米粒が残るようについた餅生地を伸ばして使うため、見た目は似ていても、全く異なるスイーツなのです。
そこで、昔から、おはぎやぼた餅は、米を半分潰すので半殺し、あんころ餅は米を完全に潰すので、全殺し皆殺しと呼ばれてきました。

さて、なんて呼ぶ?

このように、驚くほど沢山の呼称を持つのがおはぎ!いえいえ、ぼた餅と言いますか、夜船と言いますか、北窓といいますか、半殺しと言いますか・・・。
とは言え、今は一年を通しておはぎorぼた餅、どちらか一方の名前で取り扱っている店舗が大半です。中には、春はおはぎ、秋はぼた餅と表記しているお店も見かけます。こちらの方がまだ、季節ごとに呼称を変えているだけ優秀だと言えるかも知れません。そんな状態ですから、夏になれば夜船、冬になれば北窓と呼び名を変える敏感な和菓子屋さんを都会で探す事など至難の業に近いだろうと思われます。勿論、半殺しだの、皆殺しだのと物騒な言葉を口にすれば、たちまち110番されそうです。
それを考えると、
年中おはぎを売っているお店では「おはぎ下さい」!
年中ぼた餅を売っているお店では「ぼた餅下さい」!
というのが賢明!つまり、店頭の表記に準じて、私たち消費者側が判断するのが利口なのではないかという事です。

スポンサーリンク