スポンサーリンク

高齢者が一概に悪いわけではありませんが、注意力が衰えることは否めない事実です。特に車を運転する際には、瞬時の判断が求められます。自分は大丈夫?若い人であっても過信してはいけないのでしょう。

そんな状況を鑑み、平成29年(2017年)3月12日から改正道路交通法が施行されます。今回は高齢運転者(70歳以上)に対するお知らせです。自分や家族の安全、被害者を生まないためにも是非一読し、不安がある人は最寄りの警察署で相談しましょう。

高齢者の事故が増えています

年齢で差別をしてはいけませんが、近年高齢者の事故が増えているのは事実です。もちろん被害者になるケースが多いですね。死亡事故件数全体は減少傾向にありますが、高齢者が死亡する件数は横ばいであり、結果として高齢者が死亡する割合は増加しています。

一方で高齢ドライバーが加害者になる事例も少なくありません。特に高齢者で目立つのはブレーキとアクセルを踏み間違える運転操作ミスです。ニュースでも頻繁に取り上げられます。さらに認知症が疑われるパターンも稀ではありません。

スピード違反などの無謀運転であれば容易に区別できます。しかし老化に起因する事故は本人にも自覚がないので発見が遅れます。とはいえ予防措置さえしっかりしていれば未然に防ぐことができるはずです。そのための免許制度改正です。

高齢者講習制度が変わります

法律は時代によって変わります。実態に合わない法律だと意味がないからです。道路交通法はその最たるものかもしれません。もちろん基本的なことは一貫していますが、高齢化に合わせた改正が適宜不可欠です。

今回改正が行われるのは、高齢者講習制度に関してです。中でも75歳以上の人が免許を更新する時、そして不幸にも交通違反や事故を起こした際に特別講習もしくは認知機能検査を行う運びになります。

スポンサーリンク

75歳未満の人は講習が緩和されます

70歳から74歳の運転免許所有者は、免許の更新時、講習時間が短縮されます。つまりこれまでは3時間受講していましたが、平成29年3月以降は2時間になります。その分講習内容が充実し、双方向講義が行われます。

とはいえ安全運転に努めることは変わりません。また70歳未満であっても自信がなくなったり健康などに不安がある場合には、家族や最寄りの警察署などと相談し、免許の自主返納などを検討しましょう。

75歳以上の人は対策が強化されます

今回の改正で対象になるのは、75歳以上のいわゆる後期高齢者です。健康に関するリスクが急増したり、自分では気づきにくい、認めがたい老化による運動神経の衰えも深刻になるからです。

1.更新時に認知機能検査が行われます

免許の更新時に75歳以上であれば、認知機能検査が行われます。具体的な検査内容は、検査当日の年月日、曜日、時刻などを尋ねます。もちろん落ち着いて考えれば簡単に答えられるでしょう。

また見せられた絵を覚え、一定時間経過後に何が描いてあったか、思い出して答えます。これも通常の健康状態であれば、難しくないはずです。言い換えると認知機能が衰えていれば、今やったことを忘れてしまうからです。

さらに指示された時刻の時計の絵を描いてもらいます。当たり前すぎますか?しかしこれができないならば、日常生活にも支障が出ているはずです。普段から実践し、家族と話し合ってみましょう。

高齢者だから悪いわけではありません。とはいえ認知症が原因と指摘される事故が多発するようになっているのは事実です。そのリスクを減らすための処置です。前向きに検討しましょう。

2.問題がなければ合理化講習が行われます

認知機能検査によって認知機能が低下していないと判断された場合には、2時間の高齢者講習を受けます。これを合理化講習と呼びます。具体的な内容は運転適性検査30分、双方向型講義30分、そして実車指導1時間です。

同講習を受ければ免許証が交付されます。次の更新は3年後です。とはいえ途中で事故、違反、何らかの問題があった際には、後述する臨時認知機能検査、臨時高齢者講習などを受けることになります。

3.認知機能の低下があれば高度化講習が行われます

上記の認知機能検査によって認知機能が低下している恐れがあると判断された場合は、3時間の高齢者講習を受けることになります。これを高度化講習と呼びます。

具体的な内容は、運転適性検査30分、双方向型講義30分、実車指導1時間、そして個別指導1時間です。個別指導ではドライブレコーダーなどを利用した実践的な方法を取り入れています。

問題なく講習を受ければ免許証が交付されます。とはいえ認知機能の衰えが危惧されるので安全運転に努めましょう。不要不急の運転も避けましょう。

4.異常があれば診断書の提出が義務付けられます

上記の検査で認知機能に異常が認められた際は、医師の診断書を提出する義務が課せられます。これまで違反や事故がなく自覚症状がないとしても社会のためです、協力しましょう。結果を認めないことこそ、認知症の証明です。

もちろん医師による本格的な検査によって認知症と診断されれば、運転免許証が取り消されるケースもあります。だからといって誤魔化すと、最悪の事態を招きかねません。社会人としてのプライドを持ちましょう。

5.一定の違反をした場合も同様の検査をします

不幸にも一定の交通違反をした場合、更新時ではなくても上記の認知機能検査が実施されます。これを臨時認知機能検査と呼びます。検査方法や結果に伴う流れは上記と同様です。

なお一定の違反とは、信号無視、通行禁止違反、通行区分違反、横断等禁止違反、進路変更禁止違反、しゃ断踏切立入り等、交差点右左折等方法違反、指定通行区分違反、環状交差点左折等違反、優先道路通行車妨害等、交差点優先車妨害、環状交差点通行車妨害等、横断歩道等における横断歩行者等妨害、横断歩道のない交差点における横断歩行者妨害、徐行場所違反、指定場所一時不停止等、合図不履行、安全運転義務違反、以上18項目です。

これらの違反行為は、若い人でもうっかりやってしまいがちです。とはいえそれこそが認知機能の衰えでもあります。ある意味で年齢は関係ないのかもしれませんが。

臨時検査や講習は通知後1カ月以内に受けます

違反や事故を起こしたら、その場で警察の指示に従います。そして当該検査もしくは講習の必要があると判断されれば、後日手紙が届きます。

原則は、地域の公安委員会から通知を受けた後、1カ月以内に、臨時高齢者講習は居住する都道府県内にある自動車教習所などにおいて受講します。

なお臨時認知機能検査も通知を受けた後、1カ月以内に実施すべきですが、具体的な実施場所は2016年10月現在検討中とされています。

検査や講習を受けないとどうなるか

臨時の認知機能検査や高齢者講習を受けるということは、何らかの違反をしたということです。ならば素直に警察公安委員会の指示に従うべきでしょう。

なお特別な理由がなく検査や講習を受けない場合はどうなるか?何らかの再通知があるでしょうが、それでも無視し続けると、運転免許証が取り消される、もしくは停止処分を受けることになります。その状態で運転を続けると、無免許運転になります。注意しましょう。

すべては安全のためです

高齢者に限りませんが、免許証の更新は面倒なものです。若い人でも眼鏡の度が合っていない?ドキッとすることが少なくありません。とはいえ真剣に検査や講習を受けましょう。すべては安全のためです。

70歳以下の優良者なら5年に1度、高齢者でも3年に1度の更新ですが、それを機会に自分の健康をチェックしましょう。定期健康診断で生活習慣病が指摘されていれば、突然死の可能性もあります。過信せずに注意しましょう。
参考:高齢運転者に関する交通安全対策の規定の整備について(平成29年3月12日施行)

運転免許制度改正の関連記事

運転免許制度が平成29年3月に変更!(1)準中型免許ができます

スポンサーリンク