スポンサーリンク

元女優の逮捕によって一躍注目されるようになったのが医療用大麻です。知識人がテレビで言っていたように、日本では、大麻に医療用と言った区別はありません。これはまず確実に押さえておきたい点です。

もちろん日本では、大麻の使用を法律で禁じています。しかし特別の許可を得れば大麻の栽培は可能です。その辺がちょっと曖昧な点ではあります。これを機会に客観的な議論をしてみましょう。主要メディアでは絶対にできない?したくない話でしょうから。

大麻とは

f1c650cb4beb9e18184d09d35554f8e9_s
そもそも大麻(たいま)とは何か?植物学的に言えばバラ目アサ科の植物です。中央アジア原産の一年草ですが、日本でも一部野生化しています。勝手に生えている分には、合法です。ただし抜いてもいけない?面倒に巻き込まれそうです。

(あさ)は誰でもご存知のはずです。繊維として重要です。大麻も繊維を利用してきました。そして種子から油も採れます。これは燃料もしくは食用として利用されていました。第二次世界大戦前なら、ほとんど問題にならず、逆に日本の主要な農産物でした。

古くから大麻の果実は生薬として利用されてきました。また花や葉からは問題となるテトラヒドロカンナビノールと呼ばれる成分が抽出できます。これがいわゆる違法薬物に該当します。皆さんが好きな「天然の植物由来成分」なんですけどね。

ちなみに北海道札幌市の東隣に江別市があります。同市内には大麻という地名があります。とはいえ読み方は「おおあさ」です。かつて麻が栽培されていた?真偽はわかりません。マニアックな大学があることでも有名な場所です。

法律で禁じられています

ng
大原則は、日本において大麻の栽培および使用が法律で禁じられていることです。その名もずばり大麻取締法です。とはいえ都道府県知事からの免許を受ければ、栽培および利用することが一部可能です。つまり繊維などを使った製品が特産品になるからです。この辺がちょっと曖昧です。

かつて哲学者ソクラテスは「悪法も法なり」潔く毒盃を飲みほした?しかし議論もしてはいけないのか。だから国会でも憲法、安保など炎上しています。否定派は、ダメなものはダメ!これも誰かの名言のようです。

法律を変えるにはどうするか?国会議員になることです。故に元女優も2016年夏の参議院選挙に立候補しました。結果は落選です。善悪は別として、自分の信念を貫いて行動に移すことは勇気のあることですし、日本では合法です。

ちなみに違法薬物には様々な種類があります。一部混乱があるようですが、その違いについては、「違法薬物について基本的なことを知っておきましょう」を参照してください。

スポンサーリンク

海外では使われている

3f1cf3a1b68da59c1441cd5c5d2f71c1_s
ちょっと面倒な話になってしまうのは、海外では一部大麻が合法化されているからです。アメリカでは州によってタバコとほぼ同様な感じで利用できます。オランダでも合法であり、中南米でも制限付きで合法のケースが少なくありません。

一説によれば、合法化したことにより、裏社会がなくなって街が平和になったとか?タバコやアルコールも同じです。かつてアメリカではアルコール禁止令がありました。でも結局は合法化されました。銃の取り締まりもどうなのか?個人の権利をどこまで認めるべきなのか。答えのない議論です。

だからといって日本でも合法にすべきか?話の論点は違いますね。日本は日本です。都合の良い時だけ国際化を名目にしてはいけません。何を禁止するかは、国や地域、文化の違いです。最終的には国民が判断することです。そのためにも公平で客観的な情報を示す必要はあるでしょう。隠蔽体質こそ危険です。

日本では議論すらできない

549724596-people-400818_1920-3llp-640x426-mm-100
日本では医療用大麻に関する議論すらできません。憲法論議と同じかもしれません。腫れ物に触ってはいけない?パンドラの箱を開ける!寝た子を起こすな!

例えば2016年10月25日夜、某局のニュース番組では、元麻薬取締官へインタビューしていました。そうした立場の人は、もちろん肯定的な発言はしませんね。類似の効果を持つ薬は既にある!ごもっともです。

一方で医療用大麻の使用を肯定する意見は、ちょっと過激な発言をしている集会の隠し撮りみたいなものを流していました。このような報道を受ければ視聴者は、医療用大麻はいけないもの?イメージ戦略は成功したようです。公平な報道なのか?

なお東京のローカル放送局は、かつて医療用大麻について客観的な報道をしていました。そこでは医療用大麻の合法化を裁判で訴えていた人を取材していました。不幸にもその方は裁判中にがんで亡くなられました。そういう末期の人に対する薬として医療用大麻の議論、研究をすべきなのでしょう。

ちなみに日本では、許可がなければ研究もできません。というか研究するだけで、学会から否定的なレッテルを貼られてしまうし研究費ももらえないでしょう。これが民主主義国家の現場です。

どんな効果があるのか

thin01k
そもそもこれほど議論になる(なってない?)大麻には、どんな医療的効果があるのでしょうか。こちらも一説によれば、アルツハイマー病、うつ病などの精神性疾患、気管支喘息、多発性硬化症、筋委縮性側索硬化症など200種類以上の病気に効果がある?

とはいえ医学的に完全な証明ができたわけではありません。もちろん現在医療現場で用いられている合法的な医薬品であっても本当に明確な医学的根拠やメカニズムが明らかになっているのか?疑問です。つまり後々薬害が少なからず発生するからです。

現在海外で医療用大麻が使われている理由、そして日本でも使用を許すべき!そう主張される根拠は、終末期医療における鎮痛剤としての利用です。上述の裁判も、そこが論点になっていました。

現在でも痛み止めとしてモルヒネを使っています。モルヒネも禁止薬物です。ただし医師の処方があれば使用できます。医療用大麻もその選択肢にすべし!患者さんが待っているなら検討すべきでしょう。巨大製薬会社が製造する高額な薬ばかり優先するのはおかしな話です。

習慣性は少ない

6c40b94004d00cce7687490cba1a6c49_s
大麻を強力に禁止できない理由として、習慣性が少ない点も挙げられます。つまり再び一説によれば、タバコの方が習慣性は強いからです。これを根拠に大麻の禁止を訴えると、タバコはどうなのか?藪蛇になってしまうからです。

日本においてタバコの位置づけは面倒です。近年喫煙率は低下傾向にありますが、JTをつぶすのか?もっと根本にはタバコ栽培農家の補償問題があります。一方で財務省はたばこ税がほしい?タバコを禁止できない理由は多々あります。

もちろん大麻には幻覚作用があります。これが精神疾患の症状を和らげる?逆に悪化させてしまう!違法薬物で起きたように、他人への危害が心配されます。ならばタバコの受動喫煙はどうなのか?年間15,000人も死亡しているようですけど。
参考「受動喫煙で年間1.5万人が死亡している?データを読み解く

クスリはリスクです。使用上の注意に従って服用すべきです。とはいえこちらも困ったことですが、精神疾患の治療現場では薬物が乱用されている?そもそも薬で治せる病なのか?根本的な議論が不十分なのは医療用大麻だけではありません。

まずは議論すべきでしょう

mtg
法律で禁止されているから止めましょう!もっともな話です。とはいえ臭いものに蓋をすれば、すべては解決できるのでしょうか。自分や家族が病魔に侵されて耐え難い苦しみでもがいている状況の中、それでも禁止と言えるのか。安楽死はどうする?まずは議論を解禁すべきでしょう。

少なくとも私は、ソクラテスみたいに強くありません。

スポンサーリンク