スポンサーリンク

高齢者でもパソコンやスマホ、そしてインターネットを使う時代になりました。ブログを開設したりSNSやネットゲームを楽しんだり人も増えています。とはいえ万が一、その人が亡くなったらそれらのデータはどうなるのでしょうか。

こうしたデジタル遺品が社会問題になっています。ネット接続代金はどうなるか?個人情報は漏れないのか?現実的な課題に関して、生前から考えておくことが大切です。遺族になった場合も相応の対策が求められますよ。

デジタル遺品とは

そもそもデジタル遺品とは何でしょうか。例えばパソコン内に保存されているデジタル情報です。文書や画像に映像などがあります。また別に保管されているCDやDVDなどもあるでしょう。さらにスマホでも大量のデータがありそうです。

一方で故人が利用していたインターネット上に残された情報もあります。個人的に契約していたプロバイダ、ブログ、有料サイト、ネットバンキング、金融取引、SNSなどです。パスワードやIDが保存されていないでしょうか。

すべてを漏れなく探し出すのは大変ですが、もし隠し口座があれば、相続税の対象です。逆に有料サイトで長期の支払いが滞ってしまえば、後々巨額の請求をされる可能性もあります。いずれにしても残された家族へ迷惑がかかります。

生前から準備しましょう

デジタル遺品は、残さないことが原則です。とはいえネットが当たり前の時代であれば、死の直前まで使わないわけにもいかないでしょう。ならば生前から準備しておくことが大切です。少しずつ整理していきましょう。

1.遺書にパスワードを加えておく

人間はいつどうなるかわかりません。若者であっても油断してはいけません。誕生日などを機会として、デジタル遺品に関する情報をまとめておきましょう。案外自分でも正確なことがわかっていないかもしれません。

遺族が一番困るのは、パスワードがわからないことです。すると本人確認ができないので、有料サイトやメルマガ、金融口座の解約も難しくなります。そのためパスワード一覧を作成しておきましょう。自分の備忘録としても使えます。

もちろん生前に他人へ見せる必要はありません。とはいえ存在だけは近親者に知らせておくべきです。近親者ほど知られたくない?ならば遺書に加えておく、弁護士に預けておく、貸金庫で保管するのもありです。

2.SNSや有料サイトから少しずつ引退する

突然の事故などは回避できないでしょうが、死期が迫っている?引退宣言をするのも一法です。人間は引き際が肝心だからです。とはいえ自殺とも受け止められかねないメッセージは?大騒動になるので止めたいですね。

若い人でも同じことですが、SNSやLINEも、ある程度絞っていきましょう。手を広げすぎると、自分でも管理できなくなるからです。数カ月アクセスしていない物があれば、完全に解除しておくことをおすすめします。

なお長期間SNSやブログを更新せずに放置していると、他者に乗っ取られて犯罪の踏み台にされる可能性もあります。ウイルスが侵入してくることもありがちです。言い換えると、知人のサイトが更新されていなければ、注意してあげたいですね。

3.恥ずかしいものは残さない

デジタルの世界には個人的な趣味の空間が広がっています。ネットの普及によって目覚めた人も多いでしょう。中には知られると恥ずかしいようなこともありそうです。突然亡くなった場合、それらはどうなるのでしょうか。

もちろん本人はいないので問題ないでしょうが、遺族がショックを受ける?迷惑を蒙ることも少なくありません。堂々と公表できない情報は、事前に消去しておきましょう。今なら一定期間アクセスがないと自動的に削除してくれるソフトもあります。

昨今ありがちなのが、遺品整理をしたら浮気不倫の写真が出てくるケースです。こちらも揉め事になるので注意しましょう。そもそも怪しい関係をスマホなどに残すのは賢いやり方ではありません。証拠は積極的に隠滅しましょう。未練は危険です。

スポンサーリンク

遺族はどうすべきか

突然家族が亡くなった場合、遺族はどうすればよいのでしょうか。意外にもパソコンやネットの情報には気づきにくいようです。また思い出が詰まったパソコンやスマホを処分できない!そんな人たちも少なくないようです。

1.隠し口座などをチェックする

最近はネットバンキングなども増えています。ネット専用の口座などを探してチェックしましょう。オークションサイトに出品していないでしょうか。相続税の対象になれば面倒です。後から見つかると厄介なことが起きるかもしれません。

とはいえ本人確認ができないと金融機関は対応してくれません。パスワードや口座の存在を教えてくれることもありません。個人情報ですから当然です。黙っていれば金融機関は没収できる?あえてリスクを負うことはしません。

結果的に弁護士などへ依頼することになるようです。もちろん知らなければ問題もないでしょう。変に財産を見つけない方が、遺族は平穏かもしれません。パソコンやスマホを、有無を言わず潔く一斉に廃棄するのも一法です。

2.有料サイトなどを解約する

無料サイトやSNSであれば、放置しても当面は問題ないでしょう。しかし有料サイトやプロバイダの場合には解約手続きが必要です。そうしないとどんどん料金が加算されていきます。まとまった金額になると、こちらも大変です。

故人のメールや閲覧履歴をチェックしましょう。どんなサイトにアクセスしていたでしょうか。パスワードがパソコンに保存されていれば、そのまま解約手続きを進めましょう。もちろんまとめて弁護士に相談するのが結果的に早いし安く済むかもしれません。

優良なサイトであれば、死去を伝えれば相応の手続きをしてくれることもあります。とはいえ悪質なサイトであれば、弱みに付け込んで法外な金額を請求してくることもないとは言えません。ただし安易に支払ってはいけません。

3.個人情報は適切に廃棄する

パソコンやCDなどは、最悪廃棄処分すればよいでしょう。とはいえ住所録など個人情報があれば、適切に処理しましょう。いい加減にすると、故人の友人らに迷惑がかかります。また恥ずかしい情報が漏洩するリスクもあります。

パソコンの買取や廃棄、パスワード解読業者などもありますが、信頼できる会社を選ばないと、情報を盗まれることもあります。目の前でハードディスクを物理的に破壊してくれるサービスを選ぶのが賢明かもしれません。

もちろん故人以外が写っている画像なども適切に廃棄しましょう。第三者に渡ったりネット上に流れたりしたら、取り戻すことはほぼ不可能です。プライバシーや肖像権の侵害などで新たな訴訟が生まれる可能性も否めません。

友人に頼んではいけない

故人の葬儀があれば、知人などが親切心から?デジタル遺品の整理を申し出てくるかもしれません。パソコンに疎い遺族なら嬉しいですね。渡りに船と言いたいところですが、どこまで信頼して良いのでしょうか。

家族も知っている友達で信頼のおける人であれば任せてもよいでしょう。その人に裏切られたら仕方ない!そう思えるならば積極的にお願いしましょう。とはいえ家族が知らない人?初対面であれば、ちょっと注意が必要です。

ゲームのアカウントや個人情報を売買する業者がいます。最悪は犯罪者の濡れ衣を着せられる可能性もあります。親切な申し出であっても、家族で処分します!毅然と答えましょう。

生前に相談しておきましょう

デジタル情報であっても遺品は遺品です。適切な処分ができるよう生前から家族で話し合っておきましょう。もちろん家族に言えないことは、信頼できる友人に伝えておきましょう。密かな楽しみがあっても上手く処分できる方法を考えておくべきです。

スポンサーリンク