スポンサーリンク

スマホに最近変なことはないですか。誰かに監視されている?盗撮や盗聴されている?パスワードが盗まれている!被害妄想になってもいけませんが、何か違和感があるならば、チェックしてみましょう。ウイルスに感染していませんか。

スマホもコンピュータのひとつです。簡単にウイルスが入ってきます。知らなかったでは済まされない事態も起きるようです。被害者、もちろん加害者にならないためにも、正しい知識を身に付けましょう。

アプリは合法的なウイルスかも

ガラケー感覚でスマホを使っていないでしょうか。自由にアプリをダウンロードできる?言い換えると外部からソフトが侵入して、勝手にOSを書き換えている証拠です。それをあなたは許可しているのです。

もちろん信頼できるサイトから信頼できるアプリをインストールすれば安心なのでしょう。しかしそれでも、個人情報保護法の範囲内で?データを利用されている可能性は否めません。そう認識しているだけでも、被害は防げますよ。

ウイルスが感染したらどうなる

実際にウイルスが感染したらどうなるのでしょうか。とはいえまったく何の症状も示さず、勝手に悪さをされている場合もあります。それでも多少の違和感を覚えるはずです。例えば次のようなことはないでしょうか。

1.迷惑メールが増えた

最近迷惑メールが増えていませんか。あなたのアドレスが流出している証拠です。かつて紙のDMでもありましたが、アドレスを集める業者がいます。その名簿がネット上で売り買いされています。

もちろんあなたのスマホから盗まれたのではなく、知人のスマホに登録してあるアドレスがごっそり持っていかれた可能性もあります。とはいえ明日は我が身です。自分のアドレス帳のセキュリティ管理をしっかりしましょう。

2.スマホの動きが遅くなった

いわゆるコンピュータウイルスは電気で動いています。大きな作業をしていれば、それだけ電気が必要です。例えば最近電池の持ちが悪くなった?充電間隔が短くなっていませんか。あるアプリをダウンロードした後ですか。

またスマホの動きが遅くなることもありがちです。ウイルスがCPUを使っています。だから他の操作がしづらくなるのです。ウイルスに限りませんが、不要なアプリはオフにしておきましょう。それだけでも節電につながります。

3.変なメッセージが出る

変なメッセージが表示されたりしませんか。次のアドレスをクリックしろ!そんな命令は出ませんか。とはいえ絶対に従ってはいけません。特定のアドレスへ誘導され、さらにウイルスが侵入する?もしくはデータを抜かれます。最悪の事態は画面がロックされます。

メッセージは、一見すると親切そうです。迷惑メールでもありがちですが、親切そうな時ほど疑いましょう。今どき無料で何かをしてくれる?そんなことはありません。無料アプリ、無料ゲーム、無料の裏には、当然ですが代償があります

4.勝手に何かが動く

勝手に何かが動くようなことはありませんか。突然シャッター音が鳴る!マイクが入る?メールが自動的に送られている!もちろんオカルトではありません。外部から操作されている可能性が大です。

少しでもおかしいと感じたら、信頼できる詳しい知人、もしくは修理店へ持ち込みましょう。まさに盗撮や盗聴が行われているかもしれません。実際にそのような事件は多数発生しています。自分は大丈夫?そう思っている人ほど危険です。

5.データが消えている

画像などのデータが消えている?撮影したはずの写真や動画が見当たらない!しかし多くの人は、どこかへしまい込んだ?間違って削除してしまった!誤解しているようです。逆に変な画像が増えている?

なお知人から苦情は来ていませんか?プライベート写真がネットに流出している!浮気がばれる?もちろん身内の犯行という線も否定できませんが、今どき指紋認証も簡単に破られます。完璧なセキュリティなどありません。

スポンサーリンク

ウイルスからスマホを守る方法は

ウイルスからスマホを守る方法はあるのでしょうか。もちろん絶対的な方法はありませんが、次のようなことを試しておくだけでも、被害は減るようです。

1.ウイルス対策ソフトをインストールする

一番おすすめの方法は、ウイルス対策ソフトをインストールすることです。これはパソコンと同じです。もちろんお金はかかりますが、損害保険と考えるべきでしょう。

とはいえ100%安全か?そう問われたら、保証できません。つまりウイルスは日々進化しているためです。インフルエンザの予防接種と同じです。被害を最小限に止めるための方法です。

なおAndroidには独自のセキュリティ対策が施されている、だから別途ソフトを使う必要がない!そうした話もあるようです。しかしそれで被害に遭ったらどうなる?損失を補償してはくれないですよ。あくまでも自己責任です。

2.安易にアプリをダウンロードしない

わかっちゃいるけどやめられない?つまり無料アプリなどを安易にダウンロードしないことです。少なくとも信頼できるサイトを選びましょう。とはいえアップルストアからダウンロードしたアプリにウイルスがあった?中国の事例です。

なおダウンロードする前に利用規約を読んでいますか?もちろんそれを拒否すれば、ダウンロードできません。ジレンマです。しかし小さな文字で書いてありますよ。あなたのデータを利用することがあります!後から文句を言っても終わりです。

3.他人にスマホを貸さない、放置しない

コーヒーショップなどでパソコン操作している人も多いですが、見ていてヒヤヒヤします。機器をテーブルに置いたままトイレや注文カウンターへ行くことです。もちろん日本は安全なのでしょうが、本当ですかね。

屋外で使うから携帯電話なのですが、無料Wi-Fiでは悪意のあるアクセスポイントもあります。そこでデータを盗まれる、ウイルスを忍び込ませる!稀な事例ではありません。基本的に無線データは盗まれる!覗かれる!覚悟しましょう。
参考「屋外でWi-Fiを使う際、情報を盗まれないための注意点は7つ

なお他人へ安易にスマホを貸してはいけません。知人なら大丈夫?友達になろうとして近づいてくる人もいます。大学や就職などで上京した人たちは、狙われていますよ。

4.定期的にアプリを整理する

家のお掃除と同じです。スマホも定期的に整理整頓しましょう。数カ月使っていないアプリやLINEのグループがあれば削除しましょう。そういった放置されたところに悪がはびこる危険があります。昨今増えている空き家問題と同じです。

不要なアプリを削除するだけで、スマホがサクサク動き出すこともあります。無駄な電力やメモリを消費している場合が少なくありません。いろいろな意味で、節目節目に整理することをおすすめします。

5.ガラケーに戻る

スマホの利用とは逆行しますが、ガラケーに戻るのも一つの方法です。基本的にガラケーへは、ウイルスが侵入できません。つまり新たにソフトをダウンロードできない仕組みになっているからです。

スマホが当たり前になった今でも、ガラケーを使い続けている人が少なくありません。そこには理由があります。単に貧乏なだけではないのです。ガラケーもけっこう楽しいですよ。

諦めも必要かも

スマホがウイルスに感染すると、個人情報が抜かれたり、自分の所在地がばれる、犯罪の踏み台にされる、様々なリスクが指摘されています。直接的な被害がなくても、密かに利用されている可能性はあります。

もちろんネットに接続していたりSNSを使っているだけでも地雷原を歩いているようなものです。用心はすべきですが、ある意味で諦めも必要かもしれません。少なくとも大事なデータはロックをかける、バックアップしておきましょう。

スポンサーリンク