スポンサーリンク

乾燥する季節に気を付けたいのは、お肌だけではありません。目も乾きます。つまりドライアイにも注意したいですね。スマホやパソコンそしてゲームなど、目を酷使する人は予備軍です。既に罹っているかもしれませんよ。

主な症状は目が乾くことです

ドライアイの主な症状は、名前が示す通り目が乾くことです。10秒以上瞬きせずに我慢できない人は、要注意です。

1.目が乾く

目が乾くように感じたら、それはドライアイかもしれません。厳密な診断をする際には、眼科医において涙の量を測定します。とはいえ瞬きすると引っかかる気がする、瞬きの我慢が10秒以上できない、そうしたところからも確認できます。

他にも目がゴロゴロしょぼしょぼ空気に触れるとしみる違和感や不快感がある場合もドライアイの可能性があります。もちろん痛みかゆみもドライアイの症状として現れます。

2.目がかすむ

中高年でドライアイになると、視力の低下を感じることもあるようです。もちろん老眼や白内障の可能性もあるでしょうが、目がかすんできた場合は注意すべきです。

単なる疲れ目かもしれませんが、明るいところに出るとまぶしく感じる人、最近そのようになった人もドライアイみたいです。目の焦点が合わせづらくなったなら無理をしてはいけません。

3.充血する

外見上からわかる点として、充血してきます。また目ヤニが増えることもあります。今までとは違う症状が現れたり、それを繰り返すなら、明らかに何らかのサインです。

ドライアイの原因は目の酷使です

ドライアイになる原因は何でしょうか。もちろん目を酷使することです。現代社会では仕方のないことかもしれませんが、今一度生活を見直してみたいですね。

1.目の酷使

ドライアイの原因は、目を酷使することです。パソコンを仕事や趣味で、スマホやゲームを電車内などで使っていませんか。人間は集中すると瞬きをしなくなります。特に揺れる車内でディスプレイを見続けると、明らかに有害です。

なお瞬きには目を守る重要な働きがあります。ホコリなどから目を物理的にブロックし、かつ涙で目の表面全体を濡らしてくれるからです。それが滞れば、目が傷つきやすくなります。すると余計に目の乾燥を促すようです。

2.老化で涙が減った

悲しいことですが、年齢を経ると老化によって涙の量が減ってしまいます。これもドライアイの隠れた原因です。目を酷使していなくても、涙が減れば同じことです。瞬きが逆に目を傷つけているかもしれません。

また老眼など他の眼病と勘違いしている可能性もあります。老眼を我慢して適切な矯正器具を使わないと、疲れ目、瞬きが減ってドライアイを悪化させることがあるようです。

3.コンタクトレンズの着用

コンタクトレンズの機能は日々進化しています。とはいえ目に密着させています。原理的に考えると、目に良いとは言えません。最近はおしゃれ用のカラコンもありますが、医師の診断を受けてから使わないと目を傷つけることになります。

4.目薬の使い過ぎ

ドライアイを防ぐために市販の目薬を使うこともあるでしょう。とはいえ目薬を使いすぎると、逆に涙の量が減ってしまうこともあるようです。身体が安心してしまうのでしょう。そのため使用上の注意に従って適量使いましょう。

医師の処方薬ではないなら、多くても1時間に1回、1回当たり1滴か2滴、1日6回以内に止めたいですね。

5.部屋が乾燥している

冬になるとありがちですが、室内が乾燥していないでしょうか。もちろん夏であっても、エアコンの風は目にとっては有害です。直接当たらないようにしましょう。外出時も、空気が乾燥している日は気を付けたいですね。

スポンサーリンク

治療法は目薬を使うことです

何となくドライアイとわかるものですが、一度は医師の診察を受けましょう。素人判断で誤った方法を続けると、他の眼病になる可能性も否めません。

1.医師の診断を受ける

疲れ目、老眼、目のかすみ、いずれの場合も違和感を覚えたら、一度眼科医で相談してみましょう。言い換えれば40歳を過ぎたなら、目の定期健康診断をすべきです。若くても白内障緑内障の可能性があります。

薬を処方されたなら、指示通り適切に使いましょう。いい加減な使い方をすると、症状を悪化させるリスクがあります。また治療を途中で止めてもいけません。

なお基本的な目薬の使い方は、1回片目当たり1滴もしくは2滴を落とします。それ以上は入らないので無駄になります。目に入れたなら、1分程度静かに目を閉じましょう。瞬きすると目薬が流れ出てしまいます。

その後ゆっくりと目を開けて、溢れた分をティッシュなどで拭き取りましょう。とはいえこの際に目を擦ってはいけません。軽く抑える程度に止めましょう。

2.市販の目薬を使う

ドライアイの治療法は、不足する涙を補うために目薬を使うことです。とはいえ上述したように、使い過ぎもよくありません。市販薬を買う場合は、ドライアイ専用を選びましょう。ただし初めての時は、薬剤師に自覚症状を説明しましょう。

なお目薬はきれいに使いましょう。口先が汚れていませんか。それが目の病気を助長することもあります。また消費期限内に使い切るべきですが、開封後はなるべく早めに使いましょう。

3.十分な睡眠をとる

間接的な話ですが、睡眠を十分にとりましょう。基本的に瞼を閉じるので、目を休ませることになります。そうすると涙も自然に流れます。自己修復作用が働き、目の疲れを回復してくれます。

個人差はあるでしょうが、7時間程度の睡眠、目を連続して閉じている期間が望ましいようです。それが難しいなら、ランチタイムや午後の休憩時間など、5~15分程度、目を閉じる時間を持ちたいですね。

予防法は適度に目を休めることです

まだドライアイになっていない、もしくは軽症で止まっている人は、予防に努めましょう。簡単なことですが、続けることが大切です。

1.適度な休憩をとる

ドライアイの原因は目の酷使です。ならば適度な休憩をとることが一番の予防法です。仕事であっても、1時間に1回、10分程度、目を休ませましょう。その際は、なるべく遠くをボーっと眺めましょう。

遠くを見ることができないなら、目を閉じる、もしくは緑色のものを見る。緑は波長的に考えても優しい光だとされています。またリラックス効果もあるので目や心を休めることになるそうです。

2.意識して瞬きする

無理をすると、それがストレスになってしまうでしょうが、意識して瞬きをしてみましょう。もちろんゴロゴロと違和感があれば、目薬をさしながら行いましょう。パチパチ速くではなく、ゆっくりとやりましょう。

3.目のストレッチ

目のストレッチとして、眼球を動かすことも有用です。こちらもゆっくりと、上下左右、右回りと左回り、これを休憩時間などにやってみましょう。

目の周りを優しくもみほぐすこともよさそうです。目や頭、肩の痛みやコリも解消されます。こめかみから眉毛、眉間、鼻の付け根、頬の上などを順番に優しくマッサージしてみましょう。触って痛みを感じれば、血行が滞っている証拠です。

ただし眼球を外から押さえてはいけません。角膜に傷がつき、ドライアイを悪化させる可能性もあります。

4.コンタクトを外す

仕事上またはファッションとして、コンタクトレンズは必須のアイテムかもしれません。しかし帰宅後もしくは週末などは外しましょう。少なからずコンタクトは目によくはありません。もちろん清潔な物を使いましょう。

5.部屋の湿度は60%を保つ

乾燥がドライアイの大敵です。そのため部屋の湿度管理を行いましょう。冬でも湿度60%が理想です。インフルエンザや風邪の予防にもなります。なお冬の外出時は花粉症用のゴーグルが有用です。

加湿器を使うのもよいでしょうが、水タンクや途中の管が汚れていませんか。そこから雑菌を放出し、目に悪影響を与える可能性もあります。

部屋に洗濯物を干すと、一石二鳥です。とはいえ生乾きの臭いが気になるなら、新しいタオルを濡らし、軽く絞って針金ハンガーなどで吊るしておきましょう。室内の湿度アップに貢献します。好きなアロマを振りかけておくと、リラックスできますよ。

放置すると危険です

ドライアイで失明することはほとんどありませんが、そこから眼精疲労、頭痛、肩こり、自律神経に異常を来すことも稀ではないようです。放置すると様々な意味で危険です。早めに予防措置をとり、かつ心配ならば眼科医の診断を受けましょう。

スポンサーリンク