喧嘩別れしないために恋人同士ができる事。訪れる危機を避ける方法
スポンサーリンク

【喧嘩別れ】なんてしたくない!

あれだけ仲が良かったのに、些細な喧嘩から大きな喧嘩に発展し、別れてしまうカップルが多くいます。

  • 別れるつもりなんてなく、本当はすぐにでも謝りたいと思っている。
  • 喧嘩の原因は別としても、仲直りしたいと思っている。

お互いにこうは思っていても、変なプライドが邪魔して意地を張ってしまい、自分からは謝れず、連絡も取れずにそのまま自然消滅・・・

などという、喧嘩別れにならないように、お互いにほんの少し気を付ける事が、恋愛には不可欠です。

別れることは絶対避けたい

喧嘩したまま別れるにまで発展してしまう理由は、自我を押し付けてしまうことが原因です。

  • どれだけ話合ってももう無駄。
  • 何を言っても反論しかしない相手にうんざり。
  • わかってもらおうとも思わなくなる。

つまり、お互いが付き合い始めた頃は、「相手をもっと知りたい」と思い、「少しでも相手が気に入ってくれるようにしたい」と思う気持ちの方が勝っています。それなのに、付き合いが長くなるにつれ「自分が思うようにしてくれなければ嫌!」という欲求の方が大きくなるのです。

全てを押し付けてしまうのですね。

喧嘩したまま別れてしまう事を回避するには、基本的に「我」を抑える事を意識をしなければなりません。

スポンサーリンク

恋人同士ができる事

喧嘩別れの原因には、根本的に解決できない事が発端ということも多々あります。なので、一概に「こうすれば必ず回避できる」という方法はありません。男女関係なく、お互いを思いやる事が必要です。

思いやりが無くなってできてしまった綻びは、そこから少しずつ広がって、一度ぽっかり穴が空いてしまうと、修復さえできなくなってしまいます。

  • 些細な喧嘩のうちは「相手のその部分だけが嫌い」ですが
  • 喧嘩が膨れ上がってしまうと「全て嫌い!」=【喧嘩別れ】になってしまいます。

ですが、喧嘩をする前にちょっとした意識をすれば、喧嘩をする確率がグンと下げることができるのです。

では、少しでも別れに至ってしまうような喧嘩を避けるために、どんな方法があるでしょうか。

喧嘩別れを回避する方法その1・・・お互いに一歩譲る

例えば、食事を何にしようか相談していたとします。

和食とイタリアンに意見が分かれてしまっても、「今日はあなたの言うイタリアンでいいけど、次は和食ね。」と、一歩譲りましょう。

食事程度で喧嘩をするカップルは、そう多くはないと思いますが、喧嘩はいつどんな時に勃発してしまうか、全く予想もつきません。

それに、どっちにするか?と言う簡単なものではない事の方が多いですが、どんな時でもまず相手の意見を尊重する思いやりは、お互いに必要です。

喧嘩別れを回避する方法その2・・・途中で打ち切らない

自分の思い通りにならないと、人は「もういい!」と相手の言葉を完全にシャットアウトしてしまう場合があります。

蛇口から勢いよく出ている水を出てこないように手で押さえても、止める事なんてできないように、全て漏れ出してしまいます。

怒りが大きくなっている相手の言い分を途中で打ち切るのは、口を手で塞いでいるのと同じ事なのです。

そのまま相手の気持ちが溢れだし、別れに発展してしまう可能性が高まってしまいます。

喧嘩別れを回避する方法その3・・・必ず一時休戦をする

帰宅時間の間際に喧嘩が発生してしまっても、帰る前には必ず一時休戦するようにしましょう。
そのまま離れてしまうと、次に逢うのが気まずくなって、連絡を途絶えさせてしまう原因になります。

帰宅する際には、どれだけ腹が立っていても、そのまま無言で帰宅するのはやめましょう。

喧嘩が起こる前までのデートの時間は、とても楽しかったはずです。

「もう帰る時間だけど、今日はありがとう!いったん中断しよう。」と笑って一時休戦を申し出ましょう。

次に逢った時には、お互いに原因さえ忘れてしまっているかも知れませんし、「何であんなちょっとの事で喧嘩してしまったんだろう?」と、どうでも良くなっているかも知れません。

喧嘩別れをしないためには、絶対そのまま離れてはいけません。

喧嘩したまま飛び出し別れに発展

同棲が決まったカップルがいました。

同棲の報告を聞いた時、わたしは「もしも、夜 喧嘩をして腹が立っても、仲直りするまでは外に出ないように。」というアドバイスの言葉を添え、引っ越し祝いを手渡しました。

ある夜、些細なことで言い合いになり「もういい!」と、彼女が家を飛び出してしまったのです。

啖呵を切ってを出てしまった手前、彼女は家へ戻るのが気まずくなっていました。結局、友達の家に何泊もしているうちに、お互いの気持ちが離れ、そのまま別れを迎えてしまいました。

相手の言いたい事を途中で阻止し、喧嘩の途中でその場を離れてしまったがために、喧嘩は一次休戦されませんでした。そして意地を張り続けた結果、別れにまで発展してしまったのです。

その時に、「今日はもう寝よう。」と言っていれば、状況は変わっていたかも知れません。

別れではなく愛を深める話し合いをしよう

喧嘩別れしないために恋人同士ができる事。訪れる危機を避ける方法

喧嘩は、大きく分けると2つのことにつながります。

  • お互いの関係に溝を空けてしまう
  • お互いを理解し愛を深める

感情的になって、言い合いをするのではなく、話し合いを行いましょう。

そのためには、どうすれば良いでしょうか。
(続き ⇒ 喧嘩するたび開いていく溝?深くなる愛情?【好きな人との言い争い】

スポンサーリンク