大きな勘違い!?「優しい人が好き」の意味をはき違える男
スポンサーリンク

女性が好きなタイプ「優しい男性」

女性に「好きなタイプは?」と尋ねると、様々な返答が返ってきます。

  • 男らしく誠実な人
  • 清潔感があり常識のある人
  • 心が広くて頼りがいのある人

などなど、人によっては「イケメンで背が高く、高収入な男性」なんて、答える方もいると思います。

いきなり聞かれてしまい迷った時や、自分の好みの相手から聞かれてしまうと、ある程度誰にでも当てはまる差し障りのない回答として、「優しい人が好き。」と言う人が多いでしょう。

人は、他者承認欲求があり「誰にでも良く思われたい」といった気持ちがあります。その上、自分の好きな相手には尚の事。自分を好きになってもらえるよう相手に必ず優しくあろうと、誰もが努力をするものですね。

ですが、一部の男性においては、その「優しい人が好き。」という、女性の想いを勘違いしている場合もあるのです。

ここでは、男性へ向けて話を進めてまいりますが、女性の場合も違いはないので、是非ご覧いただきたいと思います。

いつもは優しいはずの彼の言動に幻滅

あるカップルがいました。

彼女は、とても丁寧に接してくれて、友人も大切にする、彼氏のそんな優しいところが大好きだったと言います。

あるデートの日、居酒屋で夕食をとりました。注文を取りにきたバイトの女の子はまだ入ったばかりの新人で、緊張している様子が手に取るように伝わってきました。

懸命にそのドキドキした感情を隠し、慣れない様子で「かしこまりました!」とオーダーを通しに行ったまでは良かったのですが、いつまでたっても運ばれてこない飲み物や、簡単メニュー。

そこで二人とも少しイライラし始めました。更に先手を打って「ここって料理が出てくるのが遅いみたいだから、他のも頼んでおこっか?」という事で、注文を追加。

その後、料理は全て運ばれてきたかと思いきや、一番初めに注文した彼氏の大好物が、忘れられているようでした。

二人はバイトの女の子を呼びました。結果、その子のミスでオーダーが通っていない事が分かりました。そんな時、彼が発した言葉は「あほか!ほんまドン臭いな!」というキツいものでした。

彼女は、相手の気持ちを考えもせず、全く思いやりのない彼の言葉に唖然となり、幻滅してしまいました。

「すみません!すみません!」と頭を下げ謝っているそのバイトの子の心中は、とてつもなく焦っていたはずです。

『その時の店員の態度が横暴なものなら、私も決して黙っちゃいないよ・・・「店主呼んできて!」にまで発展していたかも知れない程、私は気が強い性格。』彼女は言います。

でも、低姿勢で謝り続ける子を、これでもかという程の言葉で責め立てる彼氏。彼氏が優しかったのは、自身の彼女や友人・家族など自分と関わりのある相手だけだったのです。

彼女は、もうその場にいるのも嫌になり、結局それが原因で別れることにしました。

私にだけ優しい彼

人は、人が困っている光景を見ても、

  • 「自分がせずとも、誰かがしてくれるだろう。」
  • 「いい人ぶっているように、見られるのは恥ずかしいから。」

と、目を背けてしまいますね。

ある日私が見た光景をお話しましょう。

手押し車と大きな荷物を抱えたお婆さんが、駅のホームへ向かう階段を一つ一つ慎重に降りていました。

その横を通りかかったカップル。彼女の方がお婆さんに目を留めました。彼女はお婆さんが気になり、何度も振り返りながら階段を降りていました。そんな様子をよそに、彼氏や周囲の人は、お婆さんに視線を奪われる様子もなく先を行きます。

なぜなら、ホームでは既に電車が入ってきたアナウンスと線路の音が聞こえていました。そんな状況で誰もが急ぐのは当然のこと。そのお婆さんも慌てていました。

彼女もちょうど来た電車に乗りたい気持ちはあったでしょう。しかし彼女はピタリと足を止め、階段を駆け上がりました。そして「大丈夫ですか?お持ちしましょうか?」と、お婆さんの荷物全てを片手に持ち、ゆっくりと手を引きながら階段を降りていったのです。

一方で先に階段を降り、ホームで待っていた彼氏は、「電車もう行ってしまったよ。重くなかった?大丈夫?」と笑顔を向けながら、彼女を気遣っていました。

その後、次の電車が到着すると、彼氏は空いた席を探し、すぐさま彼女を座らせていました。

私が見ていた限りでは、その彼氏は彼女に終始笑顔で接していました。ですが、お婆さんには何も手助けしませんでした。きっと彼にもお婆さんは目に入っていたでしょう。少なくとも、彼女がお婆さんの手を引きながら階段を降りてきたところは見ていますから。

これは、彼氏が自分の好きな彼女にだけ優しい男と写っていれば、「優しい彼氏」になると考えている証拠ですね。

ですが、自分にはとても優しく大好きな彼が、お婆さんには何もしなかったことに対して、彼女はどんな気持ちになっていたのでしょうか・・・。

大変良い光景を見たと共に、大変残念な光景を目にした瞬間でした。

「優しい人が好き」の優しいとは?

上述したパターンは、かなり大袈裟でわかりやすい例えですが、あなたはそういった行動をしていないでしょうか?

  • 自分たちさえ良ければいいと身勝手な行動を取る。
  • 自分が好きな特定の人だけに「優しい人」であればいいと思う言動をする。

女性が「優しい人が好き。」と言っているのは、彼女である自分にだけ優しくしてくれることを、望んでいるわけではないのです。

(関連:勘違いしていない?【好かれるための言動】それほんとに大丈夫?

スポンサーリンク

人を選んだ「優しさ」は真の「優しさ」ではない

大きな勘違い!?「優しい人が好き」の意味をはき違える男

男女関わらずありがちな出来事ですが、恋人や好きな相手にだけ良く思われればいいと考えるのは、以下のページでお話している女性のドン引き行動と同じです。

(参考:いくら好きでもドン引きされる女の行動。こんな事してませんか?

  • 目の前に好きな人がいるから、褒められるような事をする。
  • 誰かが見ているから、いい行動をしようとする。
  • 好きな人にだけしか、優しくする必要はない。

こんな風に考えている時点で、決して「優しい人」ではありません。

そして、自分自身や自分の好きな相手の事だけを考えた身勝手な行動は、外見にも必ず表れてくるものです。

(関連:男の一目惚れは容姿だけで決まる?綺麗な見た目だけで好きになる?

反対に、あなたの好きな相手が、「自分にだけ優しくしてくれればいい!」と、上辺だけの優しさに誤魔化されるような人間となれば「類は友を呼ぶ」で、あなたも同類の人間だと見られかねません。状況や人を選ぶような「優しさ」は決して真の「優しさ」ではなく、必ず相手を幻滅させてしまう結果になるでしょう。

「性格のいい子が好き。」という男性が言うタイプでも全く同様です。

自分に対してだけ、性格が良いとしても、美しい心の持ち主というわけではありません。

誰が見ていても・いなくても、誰に対しても態度を変えず思いやりある行動こそが、人が本当に求めている優しさなのです。

(こちらも合わせてご覧下さい。「可愛い顔」が選ぶ基準?男がタイプじゃなくても好きになる心理

スポンサーリンク