スポンサーリンク

新年早々ざわついている話題です。ピース写真から指紋が盗まれる?その対策を国立情報学研究所が行っているとか。2017年1月9日の産経新聞が報じました。

報道によると、同研究所が対策グッズを二年後までに実用化するとしているようです。とはいえそれまでの間に被害が増えるかもしれません。インスタグラムを含めたSNSの写真に変化が起きるでしょうか。

指紋は究極の個人情報です

fae190d589746acd0da00b2165925ccf_s

ネットへ簡単に写真をアップできるようになりました。インスタグラムなど専用の媒体も登場しています。笑顔の横にピースサインを添えた微笑ましい写真が多いですね。とはいえ考えてみれば危険なことです。顔と指紋が並んでいるからです。

銀行のATMやスマホなどで生体認証システムが普及しています。そこで使われるのは指紋が一般的です。指紋は究極の個人情報であり個人を特定するには便利です。つまり世界人口は億単位ですが、2つとして同じ指紋はないからです。双子でも違います。

刑事ドラマを見ていても、犯人の特定に指紋を利用しています。大きな決め手、動かぬ証拠です。警察内に膨大な指紋データベースもありますが、今後は警察がネットから指紋を入手する?そんなことが起きるかもしれません。

デジタル技術の向上が理由です

今回のような報道がなされた背景には、デジタル技術の向上があります。小さな写真であっても、解像度を高めることができます。そのためピース写真から、人差し指の指紋を取り出すことができるのです。

街中にも多くの防犯カメラがありますが、現時点における性能として、100メートル先の人物を特定することができるとか。スマホのカメラ機能も侮れません。鮮明で綺麗な写真ということは、本人を特定するにはもってこいのグッズということです。

なお写真に写っている自分の目、その目に写っている像を解析する技術も登場しています。つまり誰がその写真を撮影しているのか?秘密文書を読んでいるのではないか?スパイ映画の世界が現実になっているのです。

スポンサーリンク

指紋を盗むのは犯罪にならないのか

とはいえ指紋を勝手に盗むことは犯罪にならないのでしょうか。しかし現時点において、ネットに掲載されている写真を個人的に利用する限りは、特に問題ないようです。実際にそういう趣味の人は少なくないですね。

ただしそれを自分のサイトに掲載して公にすると、これは盗用になり著作権もしくは肖像権の侵害に当たるでしょう。いわゆるキュレーションサイトで問題視されている部分です。使用するのであれば、許諾を得るべきです。

一方、勝手に街中で写真を撮っていると、他人の肖像権を侵害している可能性があります。特に有名人の写真を撮り、本人の許可を得ずにネットへアップすれば、それこそ犯罪です。

一般人であっても、お忍びで行動している人が動かぬ証拠を撮られてしまうことがあるでしょう。訴えられるリスクもあります。人混みの中での写真撮影は控えましょう。自分が加害者になる可能性も否めません。

指紋を悪用すれば違法です

ネット上にある写真をコピーして自身のパソコンへ保存するだけなら罪に問われることはないでしょう。それを「研究目的」で分析に供しても、倫理的にどうかは別として違法性はありません。

ただし実際にそれを使って指紋認証を行えば、アウトでしょう。そもそも無断で他人の口座からお金を引き出す、他人を偽って立入禁止区域へ入る行為などは、確実に犯罪です。身内であってもやってはいけません。

言い換えるとパートナーが寝ている隙に、相手の指を使ってスマホのロックを解除する行為は、厳密に考えると違法です。そうして入手したデータは、裁判で使えない可能性があります。少なくとも信頼関係は崩れますので注意しましょう。

虹彩も使われます

33bf2c2305f398cea88c90cc64227de7_s

国際空港では、パスポートと一緒に黒目部分である虹彩も個人認証に使われています。つまり目の真ん中に小さく瞳孔がありますが、その周り、ちょっとぼやけた部分です。カラコンなどで色付けされる場所です。

当然ですが顔写真から虹彩も盗まれる可能性があります。こちらも究極の個人情報です。会社によってはセキュリティシステムで虹彩を利用するケースが増えています。とはいえ鮮明な写真でお面を作れば?ドアが開く可能性も否めません。

ならばカラコンなどは一種の防衛措置になりそうです。上述の国立情報学研究所では、機械が人間の目と認知できないような眼鏡を開発中だとか?そこまでしてどうするという話もありますが。

指紋を盗まれないための対策はないのか

この報道を受け、2017年以降、日本からピース写真がなくなるのでしょうか。とはいえ対策もありそうです。

1.画素数が低い写真にする

解像度が高いから利用されてしまいます。ならば画素数の低いカメラを使うのはひとつの対策になるでしょう。一昔前のデジカメならば、指紋や顔がぼやけるかもしれません。とはいえやりすぎるとモザイク画像になってしまうかも。

しかしそれで写真をアップする楽しみが半減したら意味がありませんね。インスタグラムなどは綺麗な写真こそ命だからです。一方で携帯やカメラのメーカーは、指紋をぼやけさせる技術を開発するかもしれません。少なくともアプリは登場しそうです。

2.裏ピース写真にするのは危険かも

指紋を見せるピース写真にするから盗まれるリスクが高まるのです。逆に爪を見せる裏ピース写真にすれば、心配ないかもしれません。ただし意味が違ってくるので注意しましょう。

つまり海外では手の甲を相手に見せる裏ピースは、相手をばかにする、中指を立てるポーズと同じであるとか。若い女性がやってしまうと、危ない目に遭うリスクもあります。ネットの写真は全世界に流れますので気を付けましょう。

3.指紋を隠す

原始的ではありますが、確実な方法です。つまり写真撮影に際して指紋を隠すことです。もっとも簡単なのは手袋をすることです。冬ならば問題なさそうです。とはいえ面倒ですね。

一方で角度を工夫する、指先が見えなければ、解読しようもありません。さらにテープなどを使ってマスキングする。こちらも国立情報学研究所が開発中との噂があります。

4.指紋認証システムを使わない

指紋を盗まれて困る理由は何か?警察に捕まる!ではなく指紋認証システムを利用しているからです。ならばそれ自体を止めてしまえばよいのでしょう。銀行やスマホも別の方法にすれば問題ありません。

とはいえ職場で使われていればどうするのか。しかしそれほどセキュリティが厳しい会社はどの程度あるのでしょうか。そもそもそんな重要ポストにいる人が、ネットへ安易に写真をアップすること自体が問われるべきでしょう。

5.そもそも写真をアップしない

そもそも論ですが、ネットに写真をアップすること自体を考えるべきなのでしょう。わざわざ個人情報をばらまいているのと同じです。最近ではリベンジポルノも心配です。

多くの人は気づいていないですが、写真には位置情報が付けられています。その写真がいつ、どこで撮られたか、すべてわかってしまいます。どこどこにいます!などとして写真をアップすると、空き巣に入られる可能性もあります。注意しましょう。

なお自覚しない間に写真を撮られてしまうこともあるでしょう。探偵が狙っているかもしれません。言い換えると日本は安全な国!そういう油断こそが問題です。海外旅行で被害に遭わないように、日本にいる時からセキュリティ観念を持ちましょう。

優先順位の問題です

技術が進めば便利になる一方でリスクも高まります。だからといって何もしないのは面白くないですね。どんなに対策を施しても、いたちごっこは変わりません。ある程度は妥協しましょう。優先順位の問題です。

スポンサーリンク