男女間に真の友情は存在する?性別による考え方の違い
スポンサーリンク

男と女の友情

男女間に、「友達として好き。」という感情はないと申していますように、男女間に【友情】というものは、存在しません。

(関連:恋人して?人として?男女間に【友達としての好き】は存在するのか?

ただし、理性で抑えた上での友達としての関係性が【友情】と呼べるのなら、あり得るでしょうが、それは果たして【真の友情】と言えるものなのでしょうか?

男女間に友情は存在しない?

男女間には友情というものは絶対存在しないのか?と言えば、そうではありません。

例えば、お互いに信頼し合っている友達関係が続き、男性側は女性としての魅力を感じているが、相手に恋人もいるし、友達として公言されているから、本能の部分に理性で蓋をすることができているというケースがそうですね。

逆に、女性の方が一方的に男友達を、異性として好きだと感じてはいるけれど、気持ちを隠して友達付き合いをしている。この場合も表面上で友情を成り立たせる事はできています。

どちらかが理性で気持ちを抑える事ができれば、男女間の友情を確立する事は可能です。

スポンサーリンク

魅力を感じるから好きになる

人が誰かに好意を抱くのは、何らかの魅力を感じるからです。考え方であったり生き様であったり、そういった魅力に惹かれて好きだなと感じたりもします。

ですが、異性の場合は純粋に内面だけの魅力に、惹かれるという事はまず有り得ません。

人は、まず見た目で判断してしまう生き物だからです。

同性の場合であっても、「どうしても無理!」と思う相手と仲良くするなんて事はできないはずです。

「人はみかけによらぬもの」とは言いますし、ただ第一印象だけで判断するばかりではないでしょうが、やはり外見の好き・嫌いは、大きく影響しているでしょう。

そして、男性は女性の事を、友達として見ているのではなく、紛れもなく「女」として見ているのです。

男女間に【真の友情】は成り立つのか?

絶対的に見た目が苦手な人とは、話したいとは感じませんし、「関わるのも嫌。」だと誰もが感じます。

男性が女性に、何かしらの魅力を感じた場合は、必ず「性の対象」として見ていると言えます。

その時点で、男女間に【真の友情】は成り立つことはありません。

男女間の考え方の大きな違い

何かのきっかけで知り合った男女が、仲良くなり友達付き合いが始まったとします。

基本的に、女性の場合はどういった形であっても、好きになると、「話したい。」と感じる事が殆どでしょう。会話することによって、相手の事を「もっと知りたい。」と思います。

でも、男性は「話したい。」とは思わず「性的な関係を持ちたい。」と、考えます。それが雄に課せられた本能というものなのです。

具体的にそういった思考にはならずとも、頭の何処かでそういった想像などを必ずしてしまうものです。そして、常に「あわよくば・・・」と考えているとも言えます。

  • 男性の生物本来の本能は、より多くの自身の子孫を残す事
  • 一方女性は、より優秀な子孫を残す事なのです。

相手との間に子どもを作った時、どれだけ優秀かを見極めるために、女性は「相手を知りたい。」と感じるのです。常に女性の方が選択権を握っているということなのです。

どんなに女性が、ただの友達だと思っていても、男性は決してそうではありません。「多くの子孫を残したい。」という決定的な本能の違いなのです。

友情の不成立は男の下心のせい?

このように【真の友情】を信じているのは、女性だけだと言えます。

では、男女の友情が成立しないのは、男の下心だけのせいなのか?基本的な面から考えると、その通りだと言えます。

異性を見ると、友達であっても誰であっても「女」として見るのが、男です。こればかりは、動かす事のできない事実です。

でも、本当に男の下心だけのせいなのでしょうか?

【女の勘違い】が引き起こす【男の勘違い】

男女間に真の友情は存在する?性別による考え方の違い

男性は、性的な事を考えている自覚はあります。女性が、「私たち友達よね!」と、友情だと思っているものは、女の【理想論】であり、大きな勘違いです。

その女性の勘違いが、男を勘違いさせてしまう原因にもなってしまいます。

  • 友達として大好きだから、気軽にボディタッチをする。
  • 信頼しているからと、弱い面を見せ甘えるような態度を取る。
  • 固い友情で繋がっているからと、二人きりで部屋で飲んだり、ごろ寝をする。

男性は、女性のこういった態度で「異性として俺のこと好きなのかも?」と考えたり「自分の事を受け入れた。」サインとみなします。

例えば、恋人と別れた悲しみを聞いてもらっているうちに、間違いが起きてしまう、というのが良くあるパターンです。

その場合は、女性も相手の男友達のことを友情だけでは見ていなかったという事ですが、大切な友達に悩みを相談したいという純粋な気持ちだった場合だってあるでしょう。

そんな時、間違いが起こってしまう可能性があるような二人きりの場所で、相手を男だという意識もせず、女としての弱い面を見せるのは、男にOKサインを送っている事になります。

「友情だ。」という女の勘違いが男の勘違いを引き起こしてしまうのです。

男友達との友情を守りたい場合は、常に女としての自覚を持ち、言動に気をつけなければいけません。

スポンサーリンク