スポンサーリンク

阪神・淡路震災記念日の特別企画、冬の夜空のお話の後編は、希望の光を照らす冬の星たち(前編)でご紹介した冬の大三角(冬の大三角形)の見つけ方です。

さらに、上手に線を引ければ、冬のダイヤモンドまで作れちゃいますよ。

冬の大三角を作ろう!

冬の夜空は、午後9時を回った頃から賑わいだします。

注目すべきは、南東の空です。

冬の大三角を作る星の見つけ方

まずは南東の空を見上げ、最初にオリオン座ベテルギウスを見付けましょう。

何しろ、このベテルギウスは命の星です。全てはここから始まります。

そして、オリオン座の左上の赤い光がベテルギウスです。

なお、オリオン座は四角い形の星座なので、新米天文学者でもすぐに分かります。

そのベテルギウスから左下へと目線を下げて行くと、すぐにシリウスにぶつかります。

こちらは、この世で一番明るい星座な訳ですから、恐らく見付け出すのは容易でしょう。

更にそのシリウスに焦点を当て、そのまま左へと目を移すと、白っぽくプロキオンが光っているはずです。

これで冬の大三角の3大スターは全て発見出来た事になります。

あとは瞳の中で上手に線を引き、3つの星を結べれば、自分だけのウィンター・トライアングルの出来上がりです。

冬のダイヤモンドを作ろう!!

でも、これからの季節の南東の空は、これだけでは終わりません。まだまだ明るい星がたくさんあって、さらに大きく光り輝きます。

日本の冬には欠かせないのがふたご座!

オリオン座にはシリウスに続く明るさを誇る青白の1等星・リゲルという星があります。

また、ふたご座のオレンジ色の星・ポルックスぎょしゃ座の黄色い星・カペラおうし座のオレンジ色の星・アルデバランといった1等星も輝いています。

さらに、ふたご座のポルックスと並んで輝くのが、同じくふたご座のカストル

そう、ポルックスとカルトス、2つの星が並んでいるからふたご座なのです。

カルトスは等級上は2等星ですが、実際には2.0等と2.9等の緑掛った白色の2つの星から構成される1.6等星です。

そのため、その明るさは、ポルックスと比較しても、決して劣る事はありません。

このふたご座は、日本の冬の夜空にはなくてはならない星です。

冬のダイヤモンドの出来上がり!

という事で、冬の南東の空には、冬の大三角をなす3つの星・カルトスを除く上記の4つの星。これら7つもの1等星級の明るい星が光り輝いています。

しかも、面白い事に、

シリウス→プロキオン→カストル→カペラ→アルデバラン→リゲル

と、順々に時計回りで結んでいくと、な・なんと、巨大な六角形になるではありませんか!!

そう、この6角形こそが冬のダイヤモンドです。

命の星であるベテルギウスがその内側に位置しています。

ただ、空はとっても大きなキャンパスです。冬のダイヤモンドも、それなりにとても大きな六角形になってしまいます。

実際のところ、ロマンティックな輝きというには、いささかダイナミックすぎるかも知れません。

そのため、その内側で描かれている冬の大三角形の方が、どうしても注目と人気を集めてしまうという訳です。

スポンサーリンク

中心は命の星

冬のダイヤモンドの中でも、やっぱり中心を担うのはベテルギウス、命の星です。

即ち、生きてるだけで丸儲け!とはよく言ったもので、人の生命ほど大切なものはないのです。

どんなに大きな災害が来ても、命さえ守れれば、必ず立ち直れます。

そういう意味では、やはり食料の備蓄など、最低限の備えは重要だと言えるでしょう。

そして、それプラス、人と人との繋がりが、その命の灯火を眩しい希望の光に変えます。

誰もが希望の光

もう一つ、冬の夜空で忘れてならないのが、おうし座の散開星団プレアデスです。

私たちの住む地球から約400光年彼方で輝く星ですが、肉眼でも5つから7つくらいは見る事が出来るでしょう。

実はこの星の集団は、

♪目を閉じて何も見えず、悲しくて目を開ければ、荒野に続く道より他に見えるものはなし・・・♪

という谷村新司さんの歌でおなじみ、スバル)の事です。

♪あ~あ、さんざめく名もなき星たちよ・・・♪

という歌詞の通り、双眼鏡で見ると、何十個もの青白い小さな星が正にさざめいています。

そう、何があっても人は強いのです。本当に沢山の場所で、沢山の人が生き延びています。

そして、その命こそが重要な灯火。寄り集まれば、一段と明るい希望の光となります。

人々は、その光を頼りに明日に向かって歩き出せます。

その歩みは決して楽ではありませんが、止めない限り未来へと続きます。

そうして、今の神戸の街が出来上がったという事を思うと、やっぱり人間の力と絆ってすごい!!

その事を痛感せずにはいられません。

いざという時に、この事を実感するためにも今、是非美しい冬の夜空を見上げ、眩しい星たちに癒やされていただければと思います。

大切な誰かと一緒に・・・。

https://youtu.be/7NBMeB393E0
スポンサーリンク