スポンサーリンク

11振りの刀剣男士が一同に集う!

2016年12月21日に行われた、真剣乱舞祭が現在DMMにて配信されています。

この真剣乱舞は、ミュージカル刀剣乱舞から広がったライブイベントです。

阿津賀志山異聞と幕末天狼傳の刀剣男士が全員揃うのは、in厳島神社ぶり!

ということで、東京・両国国技館で行われたイベントをご紹介します。

キャストは刀剣男士だけじゃない!

ライブイベントはどうなるのかなと思ったら、キャストは刀剣男士だけではありませんでした。

  • 加州清光(佐藤流司)

  • 三日月宗近(黒羽麻璃央)
  • 小狐丸(北園涼)
  • 石切丸(崎山つばさ)
  • 岩融(佐伯大地)
  • 今剣(大平峻也)

  • 大和守安定(鳥越裕貴)
  • 和泉守兼定(有澤樟太郎)
  • 堀川国広(小越勇輝)
  • 長曽祢虎徹(伊万里有)
  • 蜂須賀虎徹(高橋健介)

  • 武蔵坊弁慶(田中しげ美)
  • 源義経(荒木健太朗)
  • 源頼朝(奥野正明)
  • 藤原泰衡(加古臨王)

  • 近藤勇(郷本直也)
  • 土方歳三(高木トモユキ)
  • 沖田総司(栩原 楽人)

そしてアンサンブルのメンバーですね。これ、フルメンバーですね!まるでミュージカルそのものです。
刀ミュではライブパートで和太鼓の演出があるので、このイベントでも観られるのだろうとワクワクしていました。

スポンサーリンク

狙うは加州清光?三条派と新撰組派が加州を取り合う!

両国国技館といえば、相撲のイメージ。会場も東西正向と別れており、ステージを中心に全方面が客席。
どんな演出になるのかと思っていたら、加州清光が現れて、ふらふらと真ん中に面をつけた三条が取り囲んでいます。

囚われの身、加州清光

中心は何かの術で、加州は囚われの身。

物なりや、人なりや

その掛け声と共に連れ去られそうになると、そこに現れるのは新撰組の刀と蜂須賀です。

加州清光を連れ去らんとする彼らに、和泉守兼定は一体何者だ!と声を荒げていました。
堀川国広が

ええっ、兼さん、そんなのどう見たって…!

と観客の気持ちを代弁していました。

会場が明るくなり、加州を取り囲む人物が照らされると、今度は蜂須賀が

あなた方は……!

と驚きの声をあげます。
そうです、気づいてたのは堀川国広だけですね。

ええー…気づいてたの僕だけ…?!なるほど……あなた方は、三条の皆さん!

と乗ってました。
ライブだけではなく、こういうコント的なこともするんだなと、期待度が上がりますよね。

三条の出した条件とは?

三条の5振り曰く、阿津賀志山で我らを率いた加州が新撰組&蜂須賀と一緒にいるのが面白くないとのこと。それは主命によるものですから文句など言われても困るわけですが、それはそれ、これはこれと相手にされません。同じ本丸の仲間が、加州清光を奪おうとすることにもちろん了承など出来ません。
そして、三条から出された条件はこちら。

五つの鐘が鳴る前に、五つの丘を越えよ

つまり、三条の五振りが用意した試練に挑めということですね。加州清光と共に、三条に挑む。

加州清光を取り合う構図が今回のイベントになります。

オープニングの曲は『刀剣乱舞』です。三条と刃を交える演出もあって歌・踊りだけじゃなく格好いいオープニングでした。
また、阿津賀志山異聞と幕末天狼傳での刀剣乱舞は歌詞も異なりますから、二種類続けて聴けるのはいいですね。

次回は五つの試練について書いていきたいと思います。

新作のチケット、いよいよ一般発売!

2017/2/12 午前10時からローチケで販売開始です。
筆者は先行に漏れてしまったので、この一般発売に参戦します。

ライブビューイングも公式ファンサイトのプレミアム会員先行は、同じく2/12の12時からです。
実際の観劇するまでもないかな?と思う方は、お手軽にライビュを楽しまれてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク